カテゴリ:たまむすび の記事一覧

≪ 新しい記事へ | | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

町山智浩、映画『万引き家族』を保守派が「国の恥」と批判したことは『わたしは、ダニエル・ブレイク』のカンヌ受賞時にも英国で起こったと指摘

2018.06.13 (Wed)
2018年6月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、映画『万引き家族』を保守派が「国の恥」と批判したことは、映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』のカンヌ受賞時にも英国で起こったと指摘していた。



町山智浩:僕、この映画を観ていて思ったのは、この前の前の年、2016年に、やっぱりカンヌ映画祭でグランプリをとった映画があるんですけが。

山里亮太:はい。

町山智浩:『わたしは、ダニエル・ブレイク』っていう、イギリス映画があって。そこでも、シングルマザーのお母さんが飢えて、廃棄されたというか、寄付された食料にかぶりつくっていうシーンがあるんですよ。

わたしは、ダニエル・ブレイク


赤江珠緒:うん、うん。

町山智浩:で、この『わたしは、ダニエル・ブレイク』っていう映画は、凄く似てるんですよ、『万引き家族』と。

赤江珠緒:ええ。

町山智浩:これは、凄く似ているんですよ、ポスターとかも似ているんですけども。

山里亮太:はい。

町山智浩:これは、ずっと働いてきたおじさんが60近くになって、怪我をして働けなくなるんですよ、同じでしょ、リリーさんと。

山里亮太:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、映画『万引き家族』の食うに困っての窃盗を批判する人々に反論「600万t以上の食料が廃棄されてる」

2018.06.13 (Wed)
2018年6月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、映画『万引き家族』に登場する、食うに困っての窃盗を批判する人々について、「600万t以上の食料が廃棄されてる」「それをたとえば食べれない人たち、ホームレスの人たちに行き渡ったら、それだけで相当救われるでしょう」などと反論を行っていた。



町山智浩:(『万引き家族』は)どういう映画かっていうと、物凄くこの家族が愛おしくなる映画でしょう。

赤江珠緒:はい、そうなんですよ。

町山智浩:あの子たちが、本当に可愛くてしょうがないでしょう。

赤江珠緒:そう、そう。

山里亮太:だから、何が正解かが分からないんだよね、こうなってくると。

赤江珠緒:ねぇ。何か綺麗なものを見たわけじゃないのに、「凄く美しい映画だったな」って思っちゃう感じがあるんですよね。

町山智浩:まぁ、綺麗なもんを見たんですよね(笑)見た目は汚いけどね。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:だから、いつも言っているように、「写真には写らない美しさがある」んですよ。

山里亮太:おお、『リンダリンダ』(THE BLUE HEARTS)だ。

町山智浩:あと、映画を観ないで攻撃している人とかはね、「そんなもんで暮らしてる奴らはクズだ」みたいなことを言って、酷いことを言っているんですけど。

山里亮太:うん。

町山智浩:あの家族は、働いているんですよ、実際。映画の中で、リリー・フランキー演じるお父さんはね、建設現場で働いているんですよ。

山里亮太:はい。

町山智浩:安藤サクラさん扮するお母さんも、クリーニング屋さんで働いているんですよ、一生懸命。

山里亮太:はい。

町山智浩:働いているのに、それでもご飯を食べるのが大変なんですよ。

赤江珠緒:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、映画『万引き家族』や是枝裕和監督を批判する人々に嘆き「どこまで弱い者イジメの人たちばかりになったんだ、日本は」

2018.06.13 (Wed)
2018年6月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、映画『万引き家族』や是枝裕和監督を批判する人々について、「どこまで弱い者イジメの人たちばかりになったんだ、日本は」と嘆いていた。



町山智浩:『万引き家族』がカンヌ映画祭でグランプリをとったというところから、物凄いバッシングなんですね、日本でね。

山里亮太:そう。「日本の恥をさらすな」みたいなことを言われているって。

町山智浩:そうなんですよ。だから、『万引き家族』なんてタイトルの映画でってことで。

山里亮太:はい。

町山智浩:中身は観ないうちからね、タイトルだけで。「万引き家族」を素晴らしく描いているんじゃないか、みたいなね。

山里亮太:はい。

町山智浩:ことを察したんでしょうけど、タイトルのみで、映画を観ないでね。

山里亮太:はい、はい。

町山智浩:で、さらに福祉に関しての、政府のやり方に対して異議を示したりするような監督の映画であるにも関わらず、この映画を作るのに、助成金をいただいたんだ、ということで。

山里亮太:うん。

町山智浩:「国を批判するなら、助成金なんか貰うな」みたいなことで、また叩かれているんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:「ちょっと待て」って思いますよね、本当にね(笑)

山里亮太:うん。

町山智浩:というのは、この『万引き家族』の是枝裕和監督は、元々、自分の親が死んだことを隠して、その親の年金を受け取り続けてきた家族が、それが発覚した時に、不正受給した家族たちを、普通の人たちとか、テレビのワイドショーを含めてですけど、叩いたんですね。

山里亮太:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

カンニング竹山、「実はオシャレ」などプライベートな一面は一切知られたくないと告白「みんなが嫌いな竹山でいい」

2018.06.12 (Tue)
2018年6月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、「実はオシャレ」などプライベートな一面は一切知られたくないと告白していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

赤江珠緒:はっきり言って、パートナーの中で一番お洒落なの、なんだかんだ言って竹山さんですもんね。

カンニング竹山:それ言われると、また嫌なのよ。俺は俺で、それ言われるの、良しとしてないのよ(笑)

赤江珠緒:良しとしてないの?でも、オシャレ心というか、そういうのを取り入れてくタイプじゃない。心は女子大生で(笑)

カンニング竹山:赤江さん…裏の竹山はあんま知らせたくないのよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:ワーッて言ってる、みんなが嫌いな竹山でいいんですよ。

赤江珠緒:あ、テレビのね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、映画『ズートピア』のテーマはディズニーが一貫して描いてきた人種差別などの「脱ステレオタイプ」の物語だと指摘

2018.06.09 (Sat)
2016年4月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『ズートピア』のテーマはディズニーが一貫して描いてきた人種差別などの「脱ステレオタイプ」の物語だと指摘していた。

ズートピア


町山智浩:これは僕もよくやっちゃうんで、本当に危険なことなんですけど。

赤江珠緒:はい。

町山智浩:大体、「なに人はナントカだ」っていうこと自体が、大体通用しないですよね、本当はね。

赤江珠緒:そうですよね、本来はね。

山里亮太:たしかに。

町山智浩:そんなもんで、なにも決まらないですよ。

赤江珠緒:日本人の中でも、バラバラなのにね。

町山智浩:そうなんですよ。たとえば、アメリカンインディアン、先住民っていうのはいますけど、先住民の身体的特徴っていうのは、もう全くかけ離れているのに、全部ひとくくりにしていたりしますよね。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:で…ただ、この映画はそのことを物凄く突き詰めて考えていて。特に、『ズートピア』っていうのは本来だったら敵同士だったり食ったり食われたりする関係の動物同士が、仲良く暮らしているんですけど。これはまさに、アメリカを言っているんですよね。

赤江珠緒:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、映画『ズートピア』はアメリカで問題となっている人種差別「レイシャルプロファイリング」を見事に描いていると指摘

2018.06.09 (Sat)
2016年4月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『ズートピア』はアメリカで問題となっている人種差別「レイシャルプロファイリング」を見事に描いていると指摘していた。

ズートピア


町山智浩:キツネのニックっていうのが出てくるんですね。

山里亮太:はい。

町山智浩:そうすると、キツネだっていうだけで、「キツネは嘘つきだし、人を騙すから」って言われて、就職ができないんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:色んなところで、弾かれちゃうんですね。キツネと言えば、英語では「キツネのようにずるい」(as sly as a fox、cunning as a fox)っていう言葉があるんですよね。

赤江珠緒:ああ。

町山智浩:「キツネなんか信用できない」って言われるんですよ。

山里亮太:はい。

町山智浩:これは要するに、「ある一定の人種は全部そうなんだ」っていう言い方ですよね。

赤江珠緒:ああ、そうか。

町山智浩:これは、レイシャルプロファイリング(人種による選別)って言われる、その人種による決めつけで、一番問題があることなんですよ。

赤江珠緒:うん、
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、『ズートピア』アイスキャンディー屋のシーンに登場する「サービスをしない権利もある」張り紙に見るアメリカにおける差別

2018.06.09 (Sat)
2016年4月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『ズートピア』の中で、アイスキャンディー屋のシーンに登場する「サービスをしない権利もある」張り紙について解説していた。

ズートピア


町山智浩:ズートピアっていう、いろんな動物が仲良く暮らしている街っていうの自体が、「アメリカ」を象徴しているんですね。

赤江珠緒:うん、うん。

山里亮太:ああ、なるほど。色んな種類の。

町山智浩:だからこれね、アイスクリーム屋さんかなんかに行くんですね、主人公たちが。

山里亮太:うん。

町山智浩:すると、壁に「私たちには、お客さんにサービスをしない権利もあります」っていうプレートが貼ってあるんですよ、お店に。

山里亮太:ああ。

町山智浩:これは、アメリカでは物凄く問題のあるプレートなんですよ。今も現在も、貼ってある店がたまにあるんですけど。

山里亮太:へぇ。

町山智浩:これは態度の悪い客とか、汚い格好をして入ってきた人とか、ホームレスの人とかを入れたくないよ、とか。そういう人たちにお店のものを買わせたくないよっていう意味で貼るわけですね。

山里亮太:うん。

町山智浩:酔っぱらい客とかね。でも、それ自体が法律的にどうなのかっていうことで、いつも裁判になることなんですよ。

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:で、そのプレートは実際に使われていた時期があって、1960年代までアメリカ南部のレストランとかは、白人専用のレストランは黒人が来ても注文も取らないし、料理も出さないっていう状態があったんですよ。

赤江珠緒:ええ、ええ。

町山智浩:メキシコ系の人が来たりすると、南部ではですね。

赤江珠緒:まさに差別。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、映画『ズートピア』でジュディが「可愛い」と言われて不愉快そうにする理由を解説「人種差別的、セクハラ的問題」

2018.06.09 (Sat)
2016年4月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『ズートピア』の中で、主人公でウサギのジュディがチーターのベンジャミン・クロウハウザーに「可愛いね」と言われて不愉快そうにする理由を解説していた。

ズートピア


町山智浩:主人公のウサギが警察署に入った時、警察署の受付の人が…人じゃないや(笑)ヒョウなんですけど。

山里亮太:はい(笑)

町山智浩:「ウサギがこの警察署に入ってくるっていうのは聞いていたけど、本当に可愛いね、思ってたより」って言うんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:それで、言われたウサギの主人公のジュディが、「ウサギが、他のウサギに可愛いねって言うのはいいんですけど、ウサギ以外の人がウサギに対して可愛いねって言うのは…」って言うんですよ。

山里亮太:ほう。

町山智浩:「マズイんですよ」って言うんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:これは、ある特定の言葉が、その人種同士だと言ってもいいけれど、その人種と違う人が言ったらいけないっていう言葉があるんですよ。

赤江珠緒:ああ。

町山智浩:これはたとえば、いわゆる「ニガー」っていう言葉なんですよ。

山里亮太:うん、うん。

町山智浩:で、「ニガー」っていうのは、黒人の、アフリカ人同士が言った場合は、「マイニガー」とか言うんですけど、仲間っていう意味なんですよ。友達、みたいな。

山里亮太:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、『ズートピア』でヒツジのベルウェザー副市長がフワフワの毛を触られそうになると怒るシーンの意味を解説

2018.06.09 (Sat)
2016年4月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『ズートピア』の中で、ヒツジのドーン・ベルウェザー副市長がフワフワの毛を触られそうになると怒るシーンの意味を解説していた。

ズートピア


町山智浩:結構これ、スタッフが自虐的なギャグをやってて。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:主人公が、どうしても事件が解決しないってことで悩んでると、こう言われるんですよ。「これが、他のアニメだったら、女の子が楽しく歌ってりゃ解決すんのにね、レリゴー」って言うんですよ。



山里亮太:おお(笑)

町山智浩:『アナ雪』のことを。笑ってるんですけど。スタッフは同じですけどね(笑)

赤江珠緒:ねぇ、自虐的に。

町山智浩:そうなんですよ(笑)あとね、羊の副市長さんが出てくるんですね。

山里亮太:はい。

町山智浩:その羊の副市長さんの毛は、羊だからフワフワじゃないですか。それを見ているうちに、触りたくなって触ろうとするんだけど、「触っちゃダメ」っていうシーンがあるんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:これ、たぶん日本の人だと全く意味がわからないシーンだと思うんですよ。

赤江珠緒:私もわからない、全然。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、『ズートピア』免許センターのナマケモノ登場シーンがアメリカでは大爆笑な理由「DMVが物凄く遅くて」

2018.06.09 (Sat)
2016年4月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『ズートピア』で免許センターのナマケモノ登場シーンがアメリカでは大爆笑な理由について語っていた。

ズートピア


町山智浩:で、『ズートピア』って「ズー」っていうのは、動物園ですね。で、「ユートピア」っていうのは、理想郷、理想の国、理想の街っていう意味ですけど。

山里亮太:うん。

町山智浩:これはね、人間以外の動物たちが進化して、文明を築いて。全ての動物が協同してですね、幸せに暮らせる、平和に暮らせる「ズートピア」っていう街を作り上げたっていう話になってます。

赤江珠緒:はい。

町山智浩:で、草食動物の、キリンとか、シカとかウサギとか、そういうのと、トラとかライオンとかの肉食動物が仲良く暮らしてる大都会なんですよ、ズートピアは。

赤江珠緒:うん、うん。もうちゃんと現代的な文明社会で暮らしている。

町山智浩:スマホとか出てきますよ、ネットとか(笑)

山里亮太:へぇ。

町山智浩:で、主人公は女の子でウサギなんですよ、野ウサギで。ジュディっていうんですが。その子が警察官としてズートピアに就職するっていうところから始まります。

赤江珠緒:うん、うん。

町山智浩:ところが、そのズートピアではなぜか、肉食動物が次々と行方不明になっている。失踪事件が起こっている。で、それを捜査するという話なんですね。

山里亮太:はい。

町山智浩:で、一応刑事モノなんで、ミステリーになっているんで。あんまり詳しくは言えないんですけども(笑)

山里亮太:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび