カテゴリ:伊集院光とらじおと の記事一覧

≪ 新しい記事へ | | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

是枝裕和、『万引き家族』は安藤サクラや樹木希林らの凄まじい演技力により生み出されたと語る「バケモノたちのアンサンブル」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画『万引き家族』は、安藤サクラや樹木希林らの凄まじい演技力により生み出されたと語っていた。



伊集院光:安藤(サクラ)さんが出す雰囲気みたいなことが…

是枝裕和:素晴らしかったですね。

伊集院光:なんすか?あのバケモノは。

是枝裕和:そうですね、リリーさんも「バケモノだ」って言ってましたね。

伊集院光:あ、言ってましたか?

是枝裕和:お芝居一緒にしながら。

伊集院光:それがもう、『ゴジラ vs キングコング』だから、そこに樹木希林が、バケモノが来ることで、いつももう、ただでさえバケモンなのに、より凄くなっちゃうみたいな。

是枝裕和:そうですね、もう見てて楽しかったですけどね。

伊集院光:僕も見てて楽しかったです(笑)そこに、もっと言えばリリーさんも、覚醒していく感じが見てとれて。あれって、1人バケモノだと、映画としては入れないじゃないですか。

是枝裕和:アンサンブルですね、今回は本当に。バケモノたちのアンサンブルになりましたね。

伊集院光:ふふ(笑)

是枝裕和:僕が言うのも変ですね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

是枝裕和、『万引き家族』のツカミとなる冒頭の食事シーンの意図を解説「下品で楽しいのを狙いました」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画『万引き家族』のツカミとなる冒頭の食事シーンで、どのような意図を持って撮ったのかについて語っていた。



伊集院光:「演出ってなんだ?」って話になってきますね。

是枝裕和:演出は、本当は見えない方が。演出は演出ですから、前面に出ない方が。「とにかく役者が凄かった」っていうのだけ残るのが、一番良い演出だと思うんですけど。

伊集院光:うわぁ、絶対俺、そうならないわ。「俺を褒めて欲しい」って。自分が監督だったら。

是枝裕和:ふふ(笑)

伊集院光:それで凄い聞きたいのは、「どこまで台本に書いてるの?」ってことで。安藤サクラさん、演技、上手いって知ってたけど、「こんな上手いの?」ってなったんですけど。

是枝裕和:はい。

伊集院光:みんなでご飯を食べるところの、楽しそうさと品のなさ。これが僕の中ですべてだったんです。

是枝裕和:ふふ(笑)

伊集院光:この映画に、ガンッと入ってくときの。この家族でご飯食ってる時に、品がない。だけど楽しそうって時に、わかりやすいので言うと、持ってる箸で「ちょっと、そっち」って、箸で指すなよってあるじゃないですか。

是枝裕和:はい。

伊集院光:そのシーンを見たときに、そのリズム感とか、楽しそうなざっくばらんな感じとかが、下品で楽しい。

是枝裕和:はい、そうですね。

伊集院光:合ってる?俺。

是枝裕和:合ってます、合ってます。下品で楽しいのを狙いました。

伊集院光:あそこに、僕、ガンッて入ったんです。

是枝裕和:よかったです、あそこつかみのところなので。

伊集院光:あれは、ト書きに…

是枝裕和:どこまでやってるか…

伊集院光:それか、安藤さんが役作りの中でこうだって思ってるのか。

是枝裕和:あれは要するに、家族団らんだったら、同じテーブルをみんなで囲むんですけど。

伊集院光:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

是枝裕和、『万引き家族』の中で子役・城桧吏が樹木希林とも見事な掛け合いをしたことに驚く「キャリア何年なんだ?」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画『万引き家族』の中で、子役・城桧吏が樹木希林とも見事な掛け合いをしたことに驚いたと語っていた。



是枝裕和:今回の城桧吏君とかは、撮り始めて、もうどんどん、どんどん、その関係の中でお芝居をしていくってことが面白くなっちゃったから。

伊集院光:はい。

是枝裕和:相手のお芝居を受けて、投げ返すっていうことを、(樹木)希林さんに対してもできるようになりますし。

伊集院光:すげぇ。

是枝裕和:リリーさんとの掛け合いでもできちゃうし。

伊集院光:希林さんに対して、トークですらできないわ(笑)

是枝裕和:はっはっはっ(笑)でも、ちゃんと掛け合いができるようになってくんですよね。そうすると、本当に耳を使って現場にいますから、「自分のセリフを言わなくちゃ」じゃなくて、おばあちゃんのセリフ、おばあちゃんの言葉を聞いて、自分の言葉を言うっていうことがお芝居だなって分かってくると、もう後半は「キャリア何年なんだ?」っていうくらい。

伊集院光:作品中にも、もう如実な成長があるんですかね。

是枝裕和:一番成長しましたね。

伊集院光:そういうもんなんだ。

是枝裕和:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

是枝裕和、『万引き家族』などの撮影で行った「子役にナチュラルな演技をさせる」演出方法「台本ではなく、口立てでセリフを伝える」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画『万引き家族』などの撮影で行った、「子役にナチュラルな演技をさせる」演出方法を明かしていた。



伊集院光:この映画見て思ったのは、この時間帯聴いてる人ってね、子育てしてるお母さんとか多いじゃないですか。

是枝裕和:はい。

伊集院光:僕、思うのは、あの子役たち。子役たちをあんなにのびのびと、正確に…だって、台本のあるもんだから、正確じゃないと困るじゃないですか。なのに、締め付けずにやらせるっていうことって、おそらく子育てのお母ちゃんたちが、一番悩んでることだと思う。

是枝裕和:ああ。

伊集院光:しつけなきゃいけないが、萎縮してほしくないじゃないですか。

是枝裕和:はい、はい、そうですね。

伊集院光:で、いろいろやり方はあるって聞くんですよ。どうやってるんですか?あの子たちの演出。

是枝裕和:あの子たちの演出…まぁ、泳がせるっていう。

伊集院光:あれ、台本を渡さない?

是枝裕和:台本は渡してません。

伊集院光:これがまず凄いんだよ。台本渡さないんだ。

是枝裕和:なので、ストーリーは知らないです。朝来たら、「今日、こんなシーン撮るよ」っていうのをまず伝えて、「オジさんこう言うから、祥太、こう言ってね」っていう。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、糸井重里の「お通夜の賑やかな人を目指している」発言に感心「人間の理想だと思う」

2018.06.05 (Tue)
2018年6月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、糸井重里の「お通夜の賑やかな人を目指している」発言に感心していた。



伊集院光:僕は、糸井さんの「面白そうだな」っていうことからの行動が早かったりとか。

糸井重里:ああ。

伊集院光:あと、「俺が面白い」と思ってることで、「人も面白いと思ってくんないかな」みたいな感じとかが、やっぱちょっと好きなんですよ(笑)

糸井重里:伊集院さん、同じことやってるじゃないですか(笑)

伊集院光:でもなんかね、そのスピリットをたまに忘れることもあるから。

糸井重里:ああ、そうですか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、公共の場で親が子供を叱らない理由に納得「子供ってビシッと叱ると、もっと泣く」

2018.06.05 (Tue)
2018年6月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、リスナーから送られてきたメールで、公共の場で「親が子供を叱らない理由」に納得していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:メッセージテーマ、「立場が変わるとよくわかる」ですけども。ラジオネーム、コロッケそばさん。アラサーの女性です。

お店や街角で子どもが泣いてるのを、その子のお母さんが何もせずに見ているだけなのを見かけると、『ビシッと叱ればいいのに。私なら見てるだけなんてこと、絶対しない』と思っていましたが、実際、子育てして分かったのは、子供ってビシッと叱ると、もっと泣く。

竹内香苗:分かる、本当そう(笑)

伊集院光:ああ、そうなの?(笑)俺ら、いない派は自分が怒られた思い出とかあるから。

竹内香苗:思うでしょ。

伊集院光:「なんでこんな騒いでるのに、怒らないの?」ってなっちゃうけど。

竹内香苗:思うでしょ、そう(笑)

伊集院光:「迷惑かけてんじゃん」になるけど、お母さんからすると、「これビシッといくと、もっとご迷惑かかりますけど」に。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、「パンダのいない動物園」にもパンダのぬいぐるみがあることに疑問「子供の『いないんだ』という気持ちを倍増」

2018.06.05 (Tue)
2018年6月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「パンダのいない動物園」にもパンダのぬいぐるみがあることに疑問を感じると語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:上野動物園のパンダ、シャンシャンの観覧が普通になるっていうの?いわゆる、並んだ順。最初は抽選だったじゃん、生まれたばっかりの頃は。

竹内香苗:はい、そうでしたね。

伊集院光:その後は、開園と同時に整理券を配って、みたいのだったじゃないですか。

竹内香苗:はい。

伊集院光:今日からはもう普通に、並んだ順っていって、並んだ順に見ていきましょう、みたいなことなんですけど。

竹内香苗:はい。

伊集院光:僕、地方とか行って、時間があると動物園に行くんですけど。

竹内香苗:はい。

伊集院光:あれ、どうなんですかね?

竹内香苗:へ?

伊集院光:パンダのいない動物園の売店にも、必ずパンダのぬいぐるみがあるんです。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、新井麻希アナとの「男性に胸を見られてるのはすぐ分かる」という話題で視線をそらす「今も絶対見ちゃうじゃん」

2018.06.05 (Tue)
2018年6月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、元TBSアナウンサー・新井麻希との「男性に胸を見られてるのはすぐ分かる」という話題で視線をそらしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:(リスナーの女装体験で)話している最中に、相手が胸とか脚をチラチラ見る、それが目の動きで、こんなに分かるもんなんだって。

新井麻希:ああ。

伊集院光:男からしたら、チラッと胸元目がいって、顔すぐ戻したら分からないと思ってるけど。

新井麻希:はい。

伊集院光:女装をして、見られる側になったら、まぁ分かる、と。

新井麻希:はい。

伊集院光:男側としては、バレてないつもりだった…これは分かるんですか?

新井麻希:めっちゃ分かりますよ(笑)

伊集院光:ああ、やっぱり新井さんほど巨乳になりますと(笑)

新井麻希:そうなんですよ(笑)

伊集院光:「また見てる」って(笑)

新井麻希:あ、今見ましたね(笑)

伊集院光:いや、もう(笑)

新井麻希:はっはっはっ(笑)でもこれなんか女子同士でも、谷間が出てる子って…Vネックの服を着て。

伊集院光:はい。

新井麻希:見ちゃうんですよ。

伊集院光:あのさぁ、これ男性リスナーの人はみんな共感してもらうと思うんだけど。

新井麻希:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、フリーアナの「元TBSアナ」という肩書のブランド力に驚く「それで仕事が決まったり」

2018.06.05 (Tue)
2018年6月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、元TBSアナウンサー・新井麻希の「元TBSアナウンサーという肩書のブランド力が凄い」という話に驚いていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

新井麻希:私は、2010年にTBSを辞めてフリーになって。

伊集院光:はい。

新井麻希:感じるのは、「TBSブランドって凄かったんだな」って(笑)

伊集院光:え?どういうこと?

新井麻希:ふふ(笑)未だに、会社辞めて8年経つんですけど、未だにやっぱり何か、たとえば誰かが私を紹介してくれる時に、「元TBSアナウンサーの新井麻希です」って。

伊集院光:TBSの中にいると分かんないよね。

新井麻希:そう、そう。

伊集院光:「面倒くせぇな」としか思わないよね。

新井麻希:いえいえ(笑)ちょっとその誘導、やめてもらっていいですか?(笑)

伊集院光:だけど、そうだよね。他の人に言って、テロップ出る時は、「元TBSアナウンサーの」になるもんね。

新井麻希:そうなんですよ。なんかもう、私としては薄れて…年数、経てば経つほど薄れてってる気持ちなんですけど。

伊集院光:凄い分かる。ほら僕、三遊亭の名前返上してるから。

新井麻希:はい、はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、日大アメフト部悪質タックル問題を冷静に検証しようと提案するだけで「日大の味方するのか!」と過剰反応されることを危惧

2018.05.31 (Thu)
2018年5月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題を冷静に検証しようと提案するだけで、「日大の味方をするのか!」と過剰反応されることを危惧していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:僕は、フットボールの専門ではないところから思ったことなんですけど、世の中、いろんなニュースにそうなりがちなんだけど。今回ね、この処分、わりと自分の思ってた、自分が「その程度やってくださいね」って、第三者、部外者ながら思ってたことに近いから、ここに文句あるわけじゃないのね。

柴田理恵:うん。

伊集院光:ないんだけども、途中で立ち止まって、たとえば、内田監督の言い分がもし正しかった場合に、「こういうロジックなのか。でも、そこに矛盾がある」みたいな、ちょっと落ち着いて…こういうたとえを出しただけでも、「お前は内田監督の味方なのか?」みたいになっちゃうのは、どうなんだろうって思うの。

柴田理恵:ああ。

伊集院光:いろんな意見を出さなきゃいけない、いろんな角度で、これ別にこの問題だけじゃないの。色んな角度の問題出さなきゃいけないのに、ちょっと「たとえばね…」って、「こういう見方、一旦、してみない?」って言っただけでも、ウワーッて。

柴田理恵:うん。

伊集院光:「アイツは日大の味方だぞ!」みたいになっちゃうのは…

柴田理恵:それはそうですね。

伊集院光:なんかこういうことから、俺らは学ばないといけないかなっていうのは、ちょっと思ったかな。

柴田理恵:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと