カテゴリ:伊集院光とらじおと の記事一覧

≪ 新しい記事へ | | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

伊集院光、子供が不登校であることに悩む両親に「元・不登校児」の立場からアドバイス「親御さんにできることは…」

2017.09.05 (Tue)
2017年9月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、子供が不登校であることに悩む両親に、「元・不登校児」の立場からアドバイスしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:「若者が自ら死を選ぶ」っていうね。よく、最近言われてるのは、夏休みの明けた日、例年だと9月1日に若者が自殺をするっていうケースが、凄く増えてます、と。

龍崎孝:はい。

伊集院光:数的にも跳ね上がります、と。で、今年の場合は9月1日が金曜日だったので、もしかしたらその金曜日、土日を挟んでる分、明けてっていうこともあるのかなって思うんですけど。

上田まりえ:はい。

伊集院光:この時間帯だとね、お聴きいただいてる方は、年頃のお子さんを持つ親御さんが多いのかなって思うんだけど。まぁ、心配だと思うんだよね。

上田まりえ:そうですね。

伊集院光:どう声をかけてあげたら、いいんだろうとか。我が子は今、何を考えてるんだろうかとか、本当に心配だと思うんですけどね。

上田まりえ:はい。

高校時代に不登校だった伊集院光


伊集院光:僕、9月1日の夏休み明けの思い出…行ってないんですよ。学校に全然。本当に学校嫌いで、行ってないんです。

龍崎孝:はい。

伊集院光:で、結果、高校も辞めちゃって。難しいのはね、胸を張って、「それでもいいじゃん」って感じだったかって言うと、ずっとその高校をやめてしまったっていう劣等感を未だに引きずってはいるんです、未だに。

龍崎孝:うん。

伊集院光:これね、自分の経験で言うと、今でこそクイズ番組で、東大・京大と戦う、みたいな時に、ちょっと武器になるんです。こっち側は、負けて当然のところから行くから。何をやったって褒められるみたいなところがあるから。でも、それはコンプレックスと対になってるもので、消えたわけでもない。

上田まりえ:ないんですね。

伊集院光:「大丈夫」とかっていうのを、軽はずみには言いづらいんです。言いづらいんだけど、「多分、こういう方がいる」と思うのは、みんな「学校なんか行かなくても大丈夫だよ。休んでもいいよ」って、みんないっぱいアプローチしてくれてる。アプローチして、頑張ってストレス減らそうと思ってるけど、当の本人は、それを聞く余裕が意外にないんです。

上田まりえ:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、日野皓正の中学生往復ビンタ騒動で「殴られた本人が納得してればOK」という論調に疑問「教わる側は言いづらい」

2017.09.05 (Tue)
2017年9月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ジャズ・トランペッター日野皓正の中学生往復ビンタ騒動について、「殴られた本人が納得してればOK」という論調に疑問を呈していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:週末あたりから話題になってます、トランペットの日野皓正さんが、コンサート中に男子中学生を往復ビンタ、叩いたって話なんですけど。

安田美香:はい。

伊集院光:これもね、難しいなって思う…色んな意見があって当然だと思うし、なにより、テレビの前で、この叩かれたことをお父さんが、自分たちで納得してるっていう。

安田美香:うん。

伊集院光:日野さんのことも信頼してるし、「自分が悪かったと思う」って言ってるってことで、わりと世の中が「本人がよければ、OKなんじゃないの?」って感じになってきてるのに、俺、ちょっとやっぱり疑問を感じるんだよなぁ。

安田美香:はい。

伊集院光:僕は、そういうスパルタ教育みたいなもので、自分がイヤな思いをしてきてるんだと思うんですよね。わりと「愛のムチだからいいんだ」みたいなこととか、あとはなんだろうね、シゴキとか、ああいうものに対して、ちょっと自分でヒステリックなところがあるかなって思うんだけど。

安田美香:はい。

伊集院光:だから、過剰にイヤなのかもしれないけど。ああいうことで、今回は信頼関係が上手くいってたから、結果的によかったけど、本人は信頼関係が築かれてると思い込んでたってケースもいっぱいあるし、「築かれてません」って言えない関係になることが、とても…教わってる側が、「僕はそう思ってません」って言いづらい環境になることが多いから「やめよう」ってなってることだと思うんです、僕は。

安田美香:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

長渕剛、哀川翔の高音ボイスに「ノリ軽いよ、お前。一オクターブ低く喋れ」と言ったと明かす

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、シンガーソングライター・長渕剛が出演し、俳優・哀川翔の高音ボイスに「ノリ軽いよ、お前。一オクターブ低く喋れ」と言ったと明かしていた。

BLACK TRAIN
BLACK TRAIN(通常盤)

伊集院光:ついこの間、哀川翔さんが番組に来て。

長渕剛:うん、うん(笑)

伊集院光:「長渕さん、どんな人ですか?」って、CM中に訊いたんです。

長渕剛:うん。

伊集院光:「あの人、凄いね」って、カブトムシを前にね。

長渕剛:はっはっはっ(笑)

伊集院光:「あの人、凄いね」って話をしてて。「芯は何も変わってないのに、変化する人もいない」って仰ってたんですね。分かります?そう思われてる感じ。

長渕剛:まぁ、変わりようがないかもしれないね。変わろうっていったってね。

伊集院光:うん。

長渕剛:ただ、新しいものとか、そういったものには非常に興味あるんですよ。

伊集院光:そこをね、新しいものを出すたびに、新しいことをやるたびに、「これは、長渕剛じゃない」って、周りが言うじゃないですか。

長渕剛:うん(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、長渕剛本人にFNS歌謡祭での「どうかしてる」パフォーマンスについてインタビュー「怒らないで下さいね…」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、シンガーソングライター・長渕剛本人に、FNS歌謡祭での「どうかしてる」パフォーマンスについて、インタビューを行っていた。

BLACK TRAIN
BLACK TRAIN(通常盤)

伊集院光:僕、怒られるの覚悟で言いますけどね、長渕剛さんの僕の最大の褒め言葉は、「どうかしてる」って思うことで。

長渕剛:はっはっはっ(笑)

伊集院光:怒らないでくださいね。それはね、ファンであるところの後輩の小田とかには、ちょっと怒られるんですけど、FNSで『乾杯』歌ったじゃないですか。

長渕剛:うん、うん。

伊集院光:知ってる奴全員に、「おい、長渕がどうかしてる!」っていう電話をしたんですけど。

長渕剛:はっはっはっ(笑)

伊集院光:でも、どうかしてる人、少ないじゃないですか。

長渕剛:うん、うん。

伊集院光:予定調和の人ばっかりで。僕の中では、最高の褒め言葉なんです。

長渕剛:ふふ(笑)どうかしてる…つまんねぇだろ、同じ歌を歌ってもね。その昔、俺、友達に一緒に音楽やってた奴が、「結婚するときに、お祝いの歌でも書こうや」って、大阪のサンケイホールで作った歌なんだよね。

伊集院光:はい。

長渕剛:あの時代の『乾杯』だから。今の時代、「乾杯」なんか言ってらんないでしょ?だって。

伊集院光:まぁ、そうですね。

長渕剛:だから、ああいう形になったんだけど。大体、ヒット曲なんていうのを、ずっと歌うっていうのが、好きじゃないのよ。

伊集院光:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

長渕剛、前妻・石野真子との離婚を語る「愛し合ったのだというその事実は、宝物のように残っていく」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、シンガーソングライターの長渕剛が、前妻・石野真子との離婚について、「やっぱり、愛した人と添い遂げられなかったいうのは、どんな人でもキツイ」「愛し合ったのだというその事実は、宝物のように残っていく」などと語っていた。

BLACK TRAIN
BLACK TRAIN(通常盤)

伊集院光:30代、少し音楽性が変わりますよね?

長渕剛:うん、うん。

伊集院光:きっかけというか、思いってありますか?

長渕剛:演じたことも大きかったと思うんだよ。それで、一つ目の幸せが壊れた。離婚をしたっていうのも大きかったし。

伊集院光:はい。

長渕剛:やっぱり、愛した人と添い遂げられなかったいうのは、どんな人でもキツイからね。苦しいからね。

伊集院光:うん。

長渕剛:人には分からないよ、理由なんてね。

伊集院光:うん。

長渕剛:記者会見でテロテロ、テロテロやったって、そんなものは上澄みだけであって。その別れた者同士が持ち続けていく、「愛し合ったのだ」というその事実は、キラキラ、キラキラ宝物のように残っていくし。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、小日向文世が役者で食えない時代に妻子がいたのに働かなかったとの告白に思わず「ダメな人ですよね(笑)」

2017.08.19 (Sat)
2017年8月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、俳優・小日向文世をゲストに迎え、小日向が役者で食えない時代に妻子がいたのにも関わらず、働かなかったとの告白に思わず「ダメな人ですよね(笑)」などと発言していた。

サバイバルファミリー Blu-ray
サバイバルファミリー Blu-ray

小日向文世:劇団時代も、解散近い頃は、芝居で食べられたことは食べられたんですよ。

伊集院光:はい。

小日向文世:だけど、映像に映ってから、また食えなくなっちゃったんですね。

伊集院光:はい。

小日向文世:42で解散して、47までの5年間は、借金生活でしたね。

伊集院光:え?2回目の食えない、キツくないですか?

小日向文世:いやぁ…「全然、映像食えないんだ」って思って、ビックリしましたね。

伊集院光:僕らのイメージは、劇団は食えなくても、映画で抜擢されるようになれば、それはある程度、チョイ役だって、お金は入ってくるイメージじゃないですか。

小日向文世:来なかったんですよ。

伊集院光:うわぁ…その時、家族は?

小日向文世:もう、子供は1人いましたね。それで、間もなく2人目が。

伊集院光:うわ。

小日向文世:だけど、バイトする気にもならないんですよ。

伊集院光:一旦、ちょっと食えてますからね。

小日向文世:そうなんですよ。だから、とにかく借金ですね。

伊集院光:へぇ。

小日向文世:前借りですよ、前借り。僕、42の時に劇団解散したときに、貯金はなかったんですけど、借金はなかったんですよ。

伊集院光:はい、はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、長渕剛に曲作りで別の意見を進言する若手アーティストとそれを受け入れる長渕のやりとりに感動「とても美しい」

2017.08.19 (Sat)
2017年8月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、長渕剛をゲストに迎え、ニューアルバム『BRACK TRAIN』について語っていた。

初回特典のDVDに収録されている曲制作の場面で、長渕と別の意見を進言する若手アーティストと、それを受け入れる長渕のやりとりに伊集院は「とても美しい」と感じ、感動したのだと語っていた。

BLACK TRAIN(初回限定盤、DVD付)
BLACK TRAIN(初回限定盤)(DVD付)

伊集院光:『自分のために』って曲があるんですけど。

長渕剛:うん。

伊集院光:僕、これね、あとで特典のDVDを観たんです。初回の方の、DVDが付いてる方でね。

長渕剛:うん。

伊集院光:その中で、凄い感動したことがあったんです。

長渕剛:うん。

伊集院光:『自分のために』の頭のところを、若いアーティストと一緒にレコーディングする風景で。

長渕剛:うん。

伊集院光:「俺、これラップでやりてぇんだよ」って、長渕さんが急に言いだして。ラップをやってみる。

長渕剛:うん(笑)

伊集院光:だけど、若い子は天下の長渕剛に「ラップじゃもったいないです」って言うの。

長渕剛:ふふ(笑)

伊集院光:「歌いましょう」って。彼の勇気、僕、凄いと思うんです。

長渕剛:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光×長渕剛、「劣等感」をずっと抱き続けていることについて語る「劣等感があるから、上を見続けられる」

2017.08.19 (Sat)
2017年8月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ゲストである長渕剛とともに、「劣等感」をずっと抱き続けることについて語っていた。

BLACK TRAIN
BLACK TRAIN(通常盤)

伊集院光:三曲目『Loser』の話にもなってくると思うんですけど。自分の後輩に、鹿児島出身で、長渕さんの高校の後輩で。

長渕剛:南高等学校。

伊集院光:20年下(笑)

長渕剛:はっはっはっ(笑)

伊集院光:大好きだ、と。それで今回、ゲストに長渕さんを呼ぶから、「お前、どう思ってんだ?ずっと好きな人間として。何か、長渕剛に訊きたいことはないのか?」って言うと、まさに『Loser』で、負けてる人間の目線で歌ってくれることが、僕が一番好きになったきっかけなんですけど。

長渕剛:うん。

伊集院光:でも、地位もあるじゃないですか、と。長渕剛。「ポジションもあるじゃないですか。押しも押されもせぬ状態で、それでも負けてる人の立場からも歌えるのは何故ですか?」っていうのを、僕は訊きたいんです、と。

長渕剛:ああ。

伊集院光:(だーりんず)小田君って。暴れてたんですけど(笑)

長渕剛:さっき会った。

伊集院光:ああ、会いましたか。アイツ、そんな偉そうなこと言ってるんですよ。「なんでなんですか!」って。

長渕剛:非常に、慎ましやかに頭を下げてたけど(笑)

伊集院光:そんな人間じゃないです、「長渕」って呼び捨てにしてましたから。

長渕剛:ああ、そうか(笑)

伊集院光:「なんで長渕は!」って言ってましたから。

長渕剛:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、長渕剛『嘆きのコーヒーサイフォン』の歌詞はともすれば「パワハラ」であると長渕本人に発言

2017.08.19 (Sat)
2017年8月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ゲストに長渕剛を迎え、16日発売のニューアルバム『BLACK TRAIN』について語っていた。

同アルバムの『嘆きのコーヒーサイフォン』の歌詞は、ともすればマネージャーに対する「パワハラ」とも受け止められてしまうのではないか、と伊集院は長渕本人に対して踏み込んだ発言を行っていた。

BLACK TRAIN
BLACK TRAIN(通常盤)

伊集院光:(長渕剛のアルバム『BLACK TRAIN』の)2曲目に、『嘆きのコーヒーサイフォン』。僕、これね、(『BLACK TRAIN』の次の)第二の問題作だと思ってるんですけど(笑)

長渕剛:ふふ(笑)

伊集院光:正直、言いますよ(笑)これね、若い連中聴いたらね、「パワハラだ」って言うんです、これを(笑)

長渕剛:そうかねぇ。

伊集院光:恐らく、聴いていただければみんな分かりますけど、ウチのマネージャーなんか、耳塞ぐと思うんです(笑)

長渕剛:ああ、そう(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、ホリエモンがロケット打ち上げ失敗で「次か、次の次には上手くいく」と発言したことに言及「次の失敗の予約を(笑)」

2017.07.31 (Mon)
2017年7月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ホリエモンこと堀江貴文氏の生みの親である、宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」の自社開発した観測ロケットが打ち上げ失敗したことについて語っていた。

堀江氏が、「次か、次の次には上手くいく」と発言したことについて、伊集院は「次の失敗の予約を入れるっていう(笑)」などと語っていた。

多動力
多動力 (NewsPicks Book)

中村尚登:堀江(貴文)さんも、民間ロケット開発を進めようとしているわけですけども。今回は、失敗しちゃった、と。それを元にね。「次か、次の次には上手くいくんじゃないか」っていうね(笑)

伊集院光:そうなんですよね(笑)やっぱりなんかね、「この人、意地っ張りな人だな」って思ったのは、宇宙はホリエモンの夢だから、相当がっかり…まぁ、がっかりしてないことはないんでしょうけども。

中村尚登:はい。

伊集院光:インタビューするじゃない。で、みんなイジりがたるから。「堀江さん、失敗しましたよ、失敗しましたよ」ってインタビューに行くんだけど。

安田美香:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと