TOP有吉弘行のSunday Night Dreamer ≫ 有吉弘行、新宿カウボーイかねきよが後輩芸人に暴行したと暴露「どちらが飲み会を盛り上げていたかで口論に」

有吉弘行、新宿カウボーイかねきよが後輩芸人に暴行したと暴露「どちらが飲み会を盛り上げていたかで口論に」

2015.11.09 (Mon)
2015年11月8日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人の有吉弘行が、新宿カウボーイ・かねきよ勝則が後輩芸人であるヴィンテージ・しゅんの側頭部を、口論の末に平手打ちしたという事件について、密告情報をもとに暴露していた。

プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)有吉 弘行

双葉社 2012-04-12

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る


有吉弘行:リスナーの皆さんにも馴染みの深い、いわゆるアシスタント陣。それが、本当に大きい暴行事件を起こしてしまいまして。

タイムマシーン3号・関太:何だろう…

有吉弘行:今日、ちょっと捜査のメスを入れて行きます。密告屋にも、電話を繋ごうと(笑)

デンジャラス・ノッチ:いらっしゃるんですね。

関太:出てくれるんですね、そういう仕事の人が。

有吉弘行:ちょっと、お名前を伏せてね。

関太:はい。

有吉弘行:ははは(笑)

ノッチ:いらっしゃるんですね。

関太:そうですね。秘密裏に動いている人でしょうから、内々で事を済ませましょう。

有吉弘行:せっかく、お2人に(アシスタント総)選挙期間中で、アピールで来ていただいてんですけど。そういう事件が起きてしまって(笑)

関太:タイミングが悪かったと思います、はい。

有吉弘行:ははは(笑)

有吉弘行:…密告屋は、通称「ヘビ」と呼ばれていますけど。

関太:ヘビ?何てしつこそうな(笑)

有吉弘行:ははは(笑)

有吉弘行:ヘビに電話がつながっておりますからね。ちょっと事情を聞きたいと思います。もしもし?

ヘビ(マシンガンズ・西堀亮):もしもし。

有吉弘行:すみません、お忙しいところを(笑)

ヘビ:いえいえ、いつもお世話になっています。

有吉弘行:何か、とある芸人さんが暴行事件を起こしたという噂を聞きまして。

ヘビ:いやぁ、僕もまだちょっと信じられないような大きい事件で。

有吉弘行:これはどういった状況で起こった事件なんでしょうか?ちょっと説明をしていただけると…

ヘビ:はい、状況的には、飲んでいる時期から始まっているんですよ。そこで思いがヒートアップして、その事件に至る事件なんですが。

有吉弘行:はい。お笑いの仕事で悩んだりしていたわけですね、そしてぶつかり合ったんですね?

ヘビ:そうですね。お互いちょっと仕事がうまく行っていない同士の揉め事なので。

有吉弘行:はい(笑)

ヘビ:お互いにストレスが沸点まできていたわけですよね。

有吉弘行:はい、はい(笑)

ヘビ:そこで、やっぱり一気に…あとちょっとの段階だったんですけど、爆発したわけですよね。

有吉弘行:それで、タクシーの車内で揉め事があったんですか?

ヘビ:そうですね。タクシー、場所的には大宮から新宿の間まで、ずっとタクシーの車内で激しい口論が行われましたね。

ノッチ:ははは(笑)長いね(笑)

有吉弘行:それで、その現場にヘビもいたわけですよね?

ヘビ:見えないように、ヘビも隠れていたんですよ。

関太:ははは(笑)

ヘビ:やっぱり、誰が一番の被害者って、運転手さんですよね。

有吉弘行:そうですよね。

ヘビ:はい、大変でしたね。

有吉弘行:結構、大きな声で怒鳴り合っていたんでしょ?

ヘビ:叫び声に近いくらいのテンションでしたね。

有吉弘行:タクシーの車内で?

ヘビ:タクシーの車内で。

有吉弘行:それで結局、そのタクシーの車内で暴行事件が発生したんですか?

ヘビ:いえ、その後もあるんですよね。タクシーを降りて、そのまま2人とも収まりがつかないので、あるチェーン店の居酒屋に入ったわけですよ。そこで暴行事件が起きたんですよね。

ノッチ:ええっ!?

有吉弘行:それは、どちらかが被害者ということですか?

ヘビ:どちらも最初は、加害者的だったんですけども、1人の大男が、もう1人をバチンと殴ったというか、引っ叩いたというか。

有吉弘行:暴行ですね。

ヘビ:完全な暴行ですね。

関太:うわぁ(笑)

有吉弘行:なるほど、なるほど。

ヘビ:はいはい。

有吉弘行:それで結局、警察のお世話とかになっているわけじゃないですね?闇の仕置き人が動いているということですから。

ヘビ:そうですね。その場で、なんとか示談という形になっていましたね。

有吉弘行:はい、はい。本当に暴行したわけですね?しっかり。

ヘビ:はい、ヘビが目の前で見ました。

関太:ははは(笑)

有吉弘行:なるほど。ちょっとやっぱり恐怖感はありましたか?

ヘビ:いやぁ、凄かったですね。お笑い同士で殴り合っているのを、初めて見たので(笑)

関太:ははは(笑)

ヘビ:やっぱりビビリますね。

有吉弘行:最終的には、殴り合いなんですか?

ヘビ:いや、大きいほうが殴った後に、殴られたほうは睨み返していましたね。

有吉弘行:そこは先輩関係、上下関係はどうなっているんですか?

ヘビ:大きいほうが先輩で、殴られたほうが後輩なんですよ。

有吉弘行:じゃあもう完全に、かわいがりみたいなところもありますね。

ヘビ:かわいがり(笑)そうですね、かわいがりです。

有吉弘行:でも暴行ですね、これは。愛のムチというよりは、暴行と言っても良いですね。

ヘビ:完全なこれは事件ですね。

有吉弘行:ははは(笑)それ、もう聞かせてもらって良いですか?闇の仕置き人達が、動かないといけないので。

ヘビ:これ、名前を出して良いんですか?

有吉弘行:ここにもね、関弁護士さんがメモとっていらっしゃってますし(笑)

ヘビ:ビッグネームなので、あまり公表は…このラジオの中だけという約束で良いですか?

有吉弘行:ヒントは、大男というのが出ていましたけど。その暴行事件の加害者、お名前良いですか?

ヘビ:はい、新宿カウボーイ・かねきよ(勝則)です。

有吉弘行:ははは(笑)

ノッチ:大男だ、たしかに(笑)

有吉弘行:はっはっはっ(笑)本当ですか?それ。

ヘビ:これは完全に裏が取れているというか、目の前にいたので(笑)

有吉弘行:はっはっはっ(笑)仕事が上手くいかないから、かねきよさんが「ああじゃないか、こうじゃないか」って話だろ?

ヘビ:そうなんです。凄かったんですよ。

有吉弘行:もう1人誰?

ヘビ:もう一人は、ヴィンテージのしゅんです。

有吉弘行:ヴィンテージのしゅんという…ちょっとあまり僕、存じ上げないですけど。

ヘビ:なかなかです…これ、発端から話して良いんですか?

有吉弘行:ええ、もちろん。

ヘビ:まず大宮で飲んでいたんですよね。大宮で、土田さんとかと飲んでいたんですよ。

有吉弘行:はい。

ヘビ:そこで楽しくやっていて、居酒屋2軒くらい行って。ちょっとカラオケなんかできる店で最後に行ったんですよ。そしたら、その店の会計の時点で、まず怒号が聞えたんですよ。

ノッチ:もう?

有吉弘行:どういう感じの?(笑)

関太:楽しく飲んでたのに(笑)

有吉弘行:なるべく、再現してもらって良いですか?

ヘビ:ええっと…ちょっと待って下さい。手元に資料があるので。

ノッチ:資料(笑)仕事ができる人だ(笑)

ヘビ:メモったんですよね。

有吉弘行:メモったんですね(笑)

ヘビ:その時、メモってたんですよ。まず、しゅんがですね、会計の時点でちょっとふざけたテンションで、かねきよに「反省会でもしましょうか?」って言ったんですよ。

有吉弘行:はい。

ヘビ:そしたら、かよきよがこう答えたんですよ「何を反省することがあるんだぁっ!」って。

有吉弘行:はっはっはっ(笑)

ヘビ:もう、この時点で凄い怒号ですよね。

有吉弘行:あのかねきよさんが(笑)

ノッチ:珍しい。

ヘビ:そしたらですね、その被害者のしゅんのほうも気が荒いので。カラオケができる店のエレベーター前で、睨み返したわけですよ。

有吉弘行:ああ、先輩をね。

ヘビ:たまたまそれを、土田さんが目撃していなくて。土田さんが先に帰ったわけですよ。それで、しばらく睨み合いが続いて、タクシーを呼んでくれたので、タクシーに乗ってから、その会話が始まったんですよ。

有吉弘行:ああ、なるほど。やっぱりまだ、土田社長がいる間は、ちょっとみんなもマズイぞということで。

ヘビ:そうです。タニマチが帰った後で。

有吉弘行:ははは(笑)土田社長が帰った後に(笑)

ヘビ:それで、車内でも「お前、何で俺に反省会なんかしろって言うんだ?俺、何も反省することねぇぞ」と。要は、「土田さんが飲んでいる時も、一番はしゃいで盛り上げたのは俺だぞ」と。それでしゅんは、「いいや、俺だ」と。

有吉弘行:「土田さんの太鼓を持っていたのは、俺だ、俺だ」っていう(笑)

ヘビ:そうですね(笑)はい、太鼓の取り合いです。

有吉弘行:はっはっはっ(笑)

関太:そういうこと?

有吉弘行:惨めだな(笑)

ノッチ:見えてきたぞ。

ヘビ:ヘビ情報ですけど、2人とも、太鼓を叩くのが下手なんですよ。

有吉弘行:はっはっはっ(笑)

ヘビ:2人ともに怒りたかったですけど、僕はそこは、黙っていたんですね。

有吉弘行:ヘビは、影の存在ですから。

ヘビ:それで、居酒屋に入ったじゃないですか。新宿に来て。

有吉弘行:うん。

ヘビ:そしたら、今度始まったのが、しゅんがあまりにもかねきよに言われ過ぎるんで、「もういい加減、良いですよ。こんな言われるの、おかしいですよ。お笑いとしておかしいですよ。お笑い、辞めたら良いじゃないですか」ってかねきよに言ったわけですよ。

有吉弘行:うん。

ヘビ:そしたら、かねきよが「辞めるやと?いい加減にせぇよ、コラ」と。ちょっと関西弁になりまして。

有吉弘行:えっ!?北海道の方ですよね?

関太:ははは(笑)

ヘビ:はい、北海道は旭川出身です。

ノッチ:はっはっはっ(笑)

関太:(ろくでなしBLUES)前田太尊ですよ(笑)怒ったら関西弁(笑)

ヘビ:そこで、「ワシは、お笑い今までやってきた中で…」と。

有吉弘行:ワシは!?(笑)

関太:情報が、入ってこないです(笑)

有吉弘行:はっはっはっ(笑)ちょっと面白くて、話が入ってこない(笑)

ヘビ:「ワシは、お笑いこんだけ長ぉやってるけども…」と。

有吉弘行:「長ぉ」(笑)

ヘビ:聞いていますか?

有吉弘行:はい(笑)

ヘビ:「ワシは、こんだけ長ぉやってるけども、『辞めろ』だけは言ったことはあらへんねん。『辞めろ』だけはワシ、避けてきたんや。それをなんでお前が『辞めろ』言うねん!」って、バシーンとここで暴行ですよね。

有吉弘行:ここで暴行?

ヘビ:ここで暴行なんですよ。

有吉弘行:どこを?

ヘビ:側頭部ですね。

有吉弘行:はっはっはっ(笑)

ヘビ:でも、手がデカイので、なかなかの衝撃でしたよ。

有吉弘行:そうですよね。それで、また殴られた方が、睨み返すと。

ヘビ:また睨み返して。でも、ちょっとビックリしてましたね、叩かれて。

有吉弘行:それは凄い衝撃でしょうからね。

ヘビ:はい。そこで僕は「やめろ」と。「お前ら2人、誰もカネ出してねぇのに、なんでお前らケンカすることあるんだ」と。

有吉弘行:なるほど。じゃあ、暴行は確実ですね。ちょっと、お時間がアレなので…すみません、お忙しいところ。

ヘビ:また新しい情報が入ったら、密告させていただきます。

有吉弘行:いやぁ、衝撃的でしたね。

関太:いやぁ…

有吉弘行:北海道旭川出身のかねきよが、関西弁になるってところだね。本当にろくでなしBLUESの前田太尊のような(笑)

関太:ホントそうですね(笑)カッコイイなぁ(笑)

有吉弘行:こういうことがあったんですよ。相当イラついて。原因が寂しいじゃない(笑)太鼓…「俺の方が飲み会盛り上げていた」「いや、俺だ」って(笑)ヒドイ(笑)

関太:バチの取り合い(笑)

有吉弘行:どっちが面白いんだって(笑)あの仕事がどうだとか、漫才がこうだじゃなくて(笑)

関太:もっと熱い感じのものかと(笑)

【関連記事】
オードリー若林、女性2人のガチなケンカを放送した番組『未来ロケット』に驚き「30分番組で20分ケンカ」

ウーマン村本、松本人志が村本の品川祐への謝罪をやめさせた優しい言葉に感動「それは、謝る方のエゴ」

加藤浩次、相方・山本圭壱と楽屋でケンカになった理由「チャンネル争い」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 有吉弘行,新宿カウボーイ,かねきよ勝則,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

本日の注目記事