本日の注目記事

山里亮太、赤江珠緒との『たまむすび』最後の放送で間違ったプレゼントを渡される「最後まで赤江珠緒」

2017.03.30 (Thu)
2017年3月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、赤江珠緒との『たまむすび』最後の放送で、間違ったプレゼントを渡されてしまった、と明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:赤江さんが、プレゼントをくれるわけ。「山ちゃんの服には、彩りがない」と。「いつも単色で、同じやつ着てるから。せめて、毎日着けてても、彩りが加わったらいいなぁって思って」って、高い高級なベルトをくれて。

「これ、じゃあ良かったら」って言われて渡されて。「ああ、ありがとう。派手な色のベルトだな」って。「これ、大事な舞台でも着けますわ」って言って。で、「じゃあ」って。飛び出しだったから、次の現場に行くんで。

タクシーに乗って。で、その時に言えなかったことを、ツイッターでつぶやいてる途中に、その「楽しかった」って単語をつぶやくだけで、もう涙がポロポロと。タクシーの中で泣きながらつぶやいてて。

で、運転手さんが「あれ?」ってなって。「さっきのラジオの流れで」って言ったら、「ごめんなさい、私、文化放送聴いてて」って言われちゃった(笑)「あ、それは色々ありますからね」って(笑)「あ、でもいつもTBS聴いてるんですけど」みたいな。変な空気で、スッと涙が止まったけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、赤江珠緒の『たまむすび』卒業でラジオ生放送中に号泣「本当に楽しかったからさぁ、赤江さんとやってて」

2017.03.30 (Thu)
2017年3月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、同局の番組『たまむすび』からフリーキャスターの赤江珠緒が卒業することについて語り、生放送中に泣き出してしまっていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:「(『たまむすび』の)エンディングは2分くらいあるかな」って。2分だったら、明日の紹介して、俺の打席来て、40秒くらい喋れるかな、と。

40秒だったら伝えられる、と思って。で、最後の時を待つわけ。「赤江さんにお礼を言おう」と思って。

前のコーナー終わって、CM入りました。そこで俺、「持ってる」って言っていいか分からないんですけども。そこでですね、驚きなんですけど、臨時ニュースが入りまして(笑)

ラジオって、臨時ニュース命だからね。大事だもんね。生放送でやってることの一番重要なのは、急なニュースに対応できるってことがデカイじゃない?臨時ニュースは動かしようがないから、入ったわけですよ。

結構、大きめなニュースが入って。「ニュースデスクの○○さん」って渡すわけ。で、ニュースデスクは、臨時ニュースを淡々と読む、と。で、俺は右手の方にね、時計が置いてありますから。

赤江さんも、「山ちゃんって感じだね(笑)」みたいなことを言って。で、戻ってきた時には、10秒くらい。しかもまだ、挨拶もしなきゃいけないから、自分の。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

山里亮太、『たまむすび』開始で「皆が聴きたい、赤江さんの声を聴く」を心がけるようプロデューサーから指示されていた

2017.03.30 (Thu)
2017年3月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、同番組開始にあたって、前任の池田卓生プロデューサーから「皆が聴きたい、赤江さんの声を聴く」を心がけ、出しゃばらないようにしていた、と明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:「赤江さんって人と、番組(『たまむすび』)をやるんだ」って。

赤江珠緒:そうですね。

山里亮太:「しっかりした、真面目な方なんだろうな」みたいな。「どんな放送になるんだろう。大丈夫かな?」みたいなのがあってね。

赤江珠緒:うん、うん。そうですよね。結果、こうなってね、それほど大丈夫じゃなかったっていう(笑)

山里亮太:はっはっはっ(笑)

赤江珠緒:そんな作品になりましたけども(笑)

山里亮太:いやいや…

赤江珠緒:でもね、ここまで続けさせていただいて。

山里亮太:そうよ。真面目な、お昼の帯の放送だし。俺は、あの頃まで、赤江さんのことを真面目な女性アナウンサーだと思ってましたから。

赤江珠緒:今でもそうなんだけども(笑)

山里亮太:今は、ほらポンコツ工場長っていう称号をね、得て。やってて。

赤江珠緒:いつの間にかね、やってますけどもね。

山里亮太:だから、どんな感じになるんだろうって。その時は、一応、僕はTBSラジオで先に始めさせてもらってたから。水曜深夜でね。

赤江珠緒:はい。

山里亮太:「ラジオの先輩」みたいなツラは、ちょっとしながら。前のプロデューサーである池田(卓生)さんからは、「赤江さんは、こうこうこうだから」って、別日で呼び出されて、俺、池田Pから授業を受けてんのよ。

赤江珠緒:あ、そうだったの?そんなレクチャーとかがあったのね。

山里亮太:うん、そう、レクチャーあったの。前のプロデューサー、「赤江さんと一緒にやりたい」って言ったチームは、みんな、「赤江さんっていうのは、本当に素晴らしい方だから」って。

赤江珠緒:へぇ。

山里亮太:「絶対に、山ちゃんにやらないで欲しいことがあるんだけど」って、池田Pからその時に言われたのが、「山ちゃんは、ラジオの先輩ヅラして、多分、赤江さんをエピソードトークの合いの手役にしようとすると思うんだけど…」から始まって。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒、『たまむすび』卒業にあたって山里亮太に答辞「私のやらかしに対して、1つも外さないツッコミで応じて頂いて」

2017.03.30 (Thu)
2017年3月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太に対し、同番組を卒業するにあたって、「私のやらかしに対して、1つも外さないツッコミで応じて頂いて」などと答辞を述べていた。

この差って何ですか?


赤江珠緒:昨日ね、(カンニング)竹山さんに答辞ということで送りましてね。

山里亮太:そう、そう。

赤江珠緒:山ちゃんのことも、一応書いたわよ、私。

山里亮太:あら悪いね、赤江さん。・・・ちょっと待って、赤江さん。確認だけど、それみんなに統一で、そういうふうな書き方をしているんだよね?

赤江珠緒:えっ?

山里亮太:これ、何かの紙の裏じゃん。

赤江珠緒:『この差って何ですか』の。

山里亮太:台本?

赤江珠緒:台本の。

山里亮太:裏だよね?

赤江珠緒:そう、そう。でも、これほらメモ用紙として使っているのよ。

山里亮太:地球に優しいタイプだ。

赤江珠緒:そう、そう。

山里亮太:台本、結構、紙多いから。

赤江珠緒:切って、ちゃんと机の上に置いてくれているのよ。そこに書いたんです。

山里亮太:便箋で良いんじゃない?

赤江珠緒:ちょっと良いですか?読ませていただいて。

山里亮太:ちょっと、気を付けてよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

カンニング竹山、学生時代に憧れだったとんねるずと一緒に酒を飲んでいる現在に感動「身震いするじゃない?」

2017.03.29 (Wed)
2017年3月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、学生時代に憧れだった、とんねるずと一緒に酒を飲んでいる現在に感動している、と語っていた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

カンニング竹山:この間、考えたんですけど。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:小学校高学年、中学校にかけて、やっぱりとんねるずが好きだったわけですよね。

赤江珠緒:おお。

カンニング竹山:僕らの世代。

赤江珠緒:はい、そうですね。

カンニング竹山:それで、ノリタケさんとかも好きだったわけですよ、タカアキさんも好きだった。ふと考えると今、一緒に飲んだりしているという、普通に。

赤江珠緒:本当ですね。

カンニング竹山:お互いの家族のこととかも知っているわけじゃないですか。

赤江珠緒:うん、うん。

カンニング竹山:それも、ふと考えたら不思議だよね。

赤江珠緒:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒、小林悠『たまむすび』降板で動揺している際にカンニング竹山に支えられたと明かす「私がヨロヨロして…」

2017.03.29 (Wed)
2017年3月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、同番組の金曜日の枠を、小林悠アナが降板することになった際、ショックを受けていたのを、月曜日パートナーのカンニング竹山に支えられたと明かしていた。

この差って何ですか?


カンニング竹山:やっぱり、時が経つとやっぱり色んなことがありますから、色んなことが変わってきますから。

赤江珠緒:いや、本当よ。

カンニング竹山:ねぇ。それはそれでね、人生色々ね。

赤江珠緒:そうです。

カンニング竹山:楽しいところですよ。

赤江珠緒:『たまむすび』では、金曜日担当して下さっていた、小林悠アナウンサーね。

カンニング竹山:はい。

赤江珠緒:ナタリー(小林悠)が離れる、ということがありましたけど。その時に、色々話をした放送も、月曜日だったんですよ。

カンニング竹山:ああ、そうだったね。

赤江珠緒:だから、竹山さんと放送させてもらえたので。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:ヨロヨロと私がね、ヨロヨロしているのをね、叱咤激励していただきながら。

カンニング竹山:ああ、それもありましたね。そういう時もね。

赤江珠緒:ご一緒させていただきましたね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒、キレキャラでブレイク前のカンニング竹山にインタビューを受けていたと明かす「こうしてご一緒するとは」

2017.03.29 (Wed)
2017年3月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、ABCのアナウンサー時代、お笑い芸人・カンニング竹山のブレイク前にインタビューしていたと明かしていた。

この差って何ですか?


カンニング竹山:俺、カンニングの時に赤江さん、ABCのアナウンサーで。その時に、インタビューをしていたんだっていう話ね。

赤江珠緒:そうですよ。

カンニング竹山:俺、『笑金』(『笑いの金メダル』)か何かでしょ?

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:『笑金』か何かに出た時。

赤江珠緒:そんなに、このキレキャラというのが、世の中に浸透する直前の頃ですよね。

カンニング竹山:ああ、じゃあまだ、俺が大スターになる前だ(笑)

赤江珠緒:うん、そう、そう(笑)

カンニング竹山:夜明け前の時だ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:カンニング竹山、夜明け前の時。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒、『たまむすび』を卒業するに当たってカンニング竹山に答辞「ご一緒できて本当に嬉しかったです」

2017.03.29 (Wed)
2017年3月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、同番組を卒業するに当たって、お笑い芸人・カンニング竹山に答辞を読んでいた。

この差って何ですか?


赤江珠緒:朝、ちょっと早めに起きまして。それで朝、思いついたことをつらつら書いてみたいんです。

カンニング竹山:あら、真面目。何を書いたの?

赤江珠緒:『たまむすび』は続いていくわけですよ、私が離れたとしても。月曜日の竹山さんと、吉田さんにやっていただく。

カンニング竹山:はい、はい。

赤江珠緒:竹山さんにお願いするということになりますので、リスナーさんにもぜひ、「竹山さんはこういう人だ」というのを、知ってもらったほうが良いかと思って、改めて、私から言おうと思いまして。

カンニング竹山:はい、はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒、高校野球の実況で解説者の声が聞こえないにも関わらず「へぇ」と話を合わせてしまったことを告白

2017.03.28 (Tue)
2017年3月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、高校野球の実況で、解説者の声が聞こえないにも関わらず、「へぇ」と話を合わせてしまった、と告白していた。

この差って何ですか?


ピエール瀧:ウソ、つくでしょ?赤江さんも。

赤江珠緒:「ウソも方便」って言葉も、あるくらいだしね。

ピエール瀧:ほぼ、赤江さんだってウソだけで乗り越えてきた。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)人聞きの悪いこと、言わないでよ(笑)

ピエール瀧:知りもしない話題も、「へぇ」って。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

ピエール瀧:最近は、大吉君に「へぇ」で、若干バレましたけど(笑)

赤江珠緒:確かに、若干バレましたけどね(笑)

ピエール瀧:はい。

赤江珠緒:いやそうだわ、そうだわ。しょうがないもんね、そういう時ね。

ピエール瀧:うん。

赤江珠緒:それこそ今ね、高校野球でセンバツをやってますけども。

ピエール瀧:うん。

赤江珠緒:夏の高校野球、実況を私やった時とか、実況席って、凄く良い場所にあるじゃないですか?見やすい場所に。

ピエール瀧:見渡せるところにいますよね、はい。

赤江珠緒:凄いそれは良い場所なんですけど、一塁側と三塁側のアルプススタンドの声援とかが、ブワッと混ざる場所でもあるんですよ、音が。

ピエール瀧:反響してね、はい、はい。

赤江珠緒:うん。本当に盛り上がってる時なんて、隣の解説して下さる先生の声すら、一瞬、聞こえない時とかあるんですね。

ピエール瀧:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

ピエール瀧、偽証罪の法定刑が「1年から10年」と大きな幅あることに疑問「どんだけウソついたら、10年になるわけ?」

2017.03.27 (Mon)
2017年3月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、電気グルーヴ・ピエール瀧が、偽証罪の法定刑が「1年から10年」と大きな幅あることに疑問を呈していた。

DENKI GROOVE THE MOVIE 石野卓球とピエール瀧
DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc)

ピエール瀧:百条委員会みたいなヤツもさ、そこの(偽証の)ライン厳しいじゃない?

赤江珠緒:はい。

ピエール瀧:なんでかって言うと、ウソついちゃいけないっていう。偽証罪っていうヤツがあるっていう。

赤江珠緒:うん。

ピエール瀧:偽証罪って、どんくらい悪いこと?

赤江珠緒:ちょっと調べたら、国会でやると、1年以上、10年未満。

ピエール瀧:3ヶ月?1年以上?

赤江珠緒:いや、国会でやると、1年以上。

ピエール瀧:国会だと、1年以上、10年未満…どうして、1年から10年まで?

赤江珠緒:そうなんだよね(笑)そこ、ごめん。私も分からないんですよ(笑)

ピエール瀧:そのさ…

赤江珠緒:あまりにも幅があって。

ピエール瀧:どのジャンルのウソをついたら1年で、どこまでいくと満願成就っていうか(笑)10年。どんだけウソついたら、10年になるわけ?

赤江珠緒:ちょっと、刑期に差がありますもんね。

ピエール瀧:「俺は、女です!」っていうのは、何年?

赤江珠緒:ふふ(笑)そのウソだと、どうなんだろうね?

ピエール瀧:国会、そこで。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび