TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「ラジオのネット配信 radikoを語る」

伊集院光「ラジオのネット配信 radikoを語る」

2010.03.16 (Tue)
2010年03月15日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、関東・関西地区のAM/FM/短波ラジオ放送を、インターネットでサイマル配信するIPサイマルラジオradiko.jpが開始されたことについて、伊集院光が語っていた。

「パソコンでサイマル配信をするradikoが開始されましたけどね。パソコンを使ってラジオが聴けるという…マイナスは何も無いと思うんですよ。俺の中では、ラジオにはもっと解決しなくてはならない問題は色々あると思っている、そういうひねくれた考えはあるんですけどね」

「今まで、電波情報が悪くて、俺(伊集院光)と、どこかの国の将軍様とのコラボみたいになっちゃってるみたいな所もあったと思うんですよ。それが、(聴取環境が)良くなったなら、それはそれで良いとおもうんですよ。でも、あまりに朝から『パソコンで聴けるからスゴイ、パソコンで聴けるから良い』って言うもんだから、それでも(ネット環境などで)聴きづらいって、イヤじゃない?」

「僕にとって、ラジオにはノスタルジックな思い出もありましてね…僕がラジオと出会ったのは、祖父が死にまして、兄貴が『僕のラジオが出来た!』ってガッツポーズをしていたときだったんですよ。『やっとだぜ!』って言ってましたよ。でも、兄貴はスゴイ常識がある人なんで、初七日終わったあとに『やった!』って言ってましたけどもね」

「幼稚園の時に、兄貴と部屋が一緒だったんですね。それで、兄貴が夜中に起きて何かを聴きながら、クスクス笑っているんですよ。これは面白い淫夢を見ているはずだって思って、『何を聴いているの?』って訊いたら、耳から何かが出ているんですよ。ニョロって。もちろん、イヤホンなんですけど、それでラジオを聴いてたんですよ」

さらに、伊集院は以下のように語っていた。

「ニッポン放送を聴いてて、俺が初めて番組名を意識して聴いた番組が、『高嶋秀武の大入りダイヤルまだ宵の口』で、高嶋秀武アナウンサーがやってた番組だったんですけど、電波の入りが悪くて、近所に家が建つたびに、音が悪くなっていったんですよ。それで、どこにラジオを置けば電波の入りがよくなるとか、俺がアンテナの先を右手で持って、左手で窓の鍵を7割開けると聞こえが良くなる、みたいに思ってたんですよ」

「だから、兄貴がチューニングして、俺が窓の鍵を開ける、みたいな共同作業で、息がピッタリ合わないと、クリアに聞こえない、みたいに思ってたんですよ。それに、下町はどんどん家が建て変わっていったから、数週間後には、もうその位置とかチューニングはダメになっているの」

「最終的には、ウズラの卵の水煮の業務用缶詰の空き缶に、4割水を入れて俺の頭の上に載せて、左足だけを素足にして、兄貴が野球盤のバットを持っていると音がクリアに聞こえる、とか思ってたんですよ」

伊集院光のでぃーぶいでぃー 〜箱庭カウンセリングの巻 [DVD]「そんなことをやっていて、兄貴と共同しながらラジオを聴いていたんですよ。そんな感じですよね。radikoでは、そんなこと無いんだろうね。それでもノイズがすごければテレビを観よう、とかってことになるんだろうね」

「ネット局のことを考えると、そこのことを考えると全国に一気にTBSを流すとか難しいんでしょうね。ラジオのネット圏内でしか、パソコンでは聴けないし、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西(大阪、京都、兵庫、奈良)とかしか聴けないんですよね」

「…パソコンにしたら良いことばかりってわけでもないですよね。ラジオを聴きながら、パソコンで仕事をする、なんて人にとっては良いサービスだと思うんですけどね。でも、僕は工ロ動画をダウンロードしながらラジオを聴くと思うんですよ。城田優くんのラジオを聴きながら、ダウンロードしますよ」

「そういう人にとっては、俺とかのパーソナリティが話すことが、これからダウンロードして始まる工口スに勝てるわけがないんですよ。『あと何分かで、オッパイが降りてきて、楽しいことが始まる!』って思えば、そんなエロとの闘いをラジオ放送が強いられるワケですよね」

「僕は自分の番組のDVDの仮編集をパソコンでやっているんですけど、その仕事をするのに、それ専用の結構良いパソコンを買ったんですけど、その仕事のご褒美に工口もダウンロードしているんですよ。でも、編集作業ってCPUのパワーをスゴイ食うので、なかなかダウンロードができないんですよ」

「そんなの、編集を後回しにしてダウンロードしますよ。radikoがどれくらい軽いアプリケーションになっているか分かりませんけど、自分の中の心持ちでは、『これ(radiko)を切れば、もっと工口が早く落ちてくれるんじゃないか?』って思いますもんね」

「こういうサービスができるってことは、ラジオを聴いている人が、パソコンをみんな持っているって判断なんだろうけど、番組ではまだFAXとかハガキ、封書とかって言っているからね。それは変な話とは思うけどね」と話していた。

【関連記事】
伊集院光が語る 「ラジオとブログの類似点」

伊集院光 「大沢あかねの芸人イジリに違和感」

伊集院光が、CMを断られる理由


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事