TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、高橋由伸監督が巨人にドラフト1位指名された日に会っていた「我々にサインを最初に書いた」

爆笑問題・太田、高橋由伸監督が巨人にドラフト1位指名された日に会っていた「我々にサインを最初に書いた」

2015.10.28 (Wed)
2015年10月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、巨人・高橋由伸監督が大学生時代、ドラフト1位指名された日に会っており、巨人のプロ野球選手として初めてサインを書いてもらったと明かしていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet(SB)(D) 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る


田中裕二:高橋由伸さんが、今、どういう状況かがね。

太田光:そうだね。

田中裕二:これは、10月27日でしょ、今。

太田光:2週間前のことですから。

田中裕二:いやいや、1週間前(爆笑問題が海外ロケのため、1週間前に収録)ですね。

太田光:1週間前か。1週間前なんだよね。今、予言すれば良いの?

田中裕二:大予言(笑)

太田光:大予言。…でも、巨人の監督が年下って凄いことだよね。

田中裕二:そうですね。

太田光:凄くない?

田中裕二:初。もちろん初めて。

太田光:川上でしょ?巨人の監督のイメージとしたら。

田中裕二:いやいや(笑)それは古いけど。それは、俺らが子供の頃は川上だよ。

太田光:川上さん、ああいう人じゃん。

田中裕二:ええ。

太田光:監督というイメージ、パッと浮かぶのは。

田中裕二:俺はもう、原監督だけどね。今や。

太田光:いや、でも…

田中裕二:分かるよ、川上さんて。

太田光:『巨人の星』からずっと見てきて、やっぱり川上みたいなおじいさん。

田中裕二:そうですね。

太田光:銅像みたいな感じの人。

田中裕二:いわゆる、校長先生もそうだったからね。イメージが。

太田光:校長先生も、ハナ肇さんじゃん。

田中裕二:それは違う(笑)

太田光:我々のイメージで言うと。

田中裕二:それは、かくし芸大会でしょ?

太田光:そうでしょ。

田中裕二:ええ。

太田光:あの銅像。

田中裕二:うん、おじいさんのイメージがあるね。白髪のおじいさんみたいな感覚ね。

太田光:それが、由伸っていったら入団の時から知っているわけだよ。

高橋洋二:10個下。

田中裕二:そうですよね。俺らの10個下だから。

太田光:10個か。

田中裕二:75年か。

太田光:10歳か、じゃあ。

田中裕二:ふふ(笑)俺ら20歳の時は、10歳なんだけど。ただ太田さん、高橋由伸って言っていますけど、監督になったかどうか、今の時点では僕は知らないですからね。

太田光:知らないけど、まあ、なりそうじゃない?

田中裕二:ええ、なりそうですね。

太田光:どうなの?

田中裕二:いや、だって…

太田光:年下だよ。

田中裕二:学生服着ていて、由伸。

太田光:ショックだよね。

田中裕二:会ってるもんね、慶応の、まだ現役の大学生の由伸ですよ。

太田光:まさか巨人の監督。

田中裕二:ドラフトの日、我々会ってますからね。

太田光:うん、会ってる。会って、引っ叩いたんだから。

田中裕二:引っ叩かないよ(笑)

太田光:ははは(笑)

田中裕二:そんなわけないじゃない。

太田光:凄いよね。

田中裕二:本当に、ドラフトで巨人に1位指名された、その日の。

太田光:巨人の高橋由伸として、我々にサインを最初に書いた。

田中裕二:そうそう。

太田光:「巨人」と書いてもらって。

田中裕二:それでその日の夜、我々がテレビ東京のスポーツニュースで。

太田光:テレビ東京の。

田中裕二:競馬コーナーみたいなのをやってたんですよ。

太田光:あれ、何だったんだろうな?あの番組。

田中裕二:何かやっていたんだよね、週1のレギュラーくらいでね。

太田光:生放送をやってた。

田中裕二:そうそう。それでその日に由伸さんが。

太田光:来てね。

田中裕二:学生服来ていました。

太田光:入団が決まった時だよね。

田中裕二:はい。それがだよ、巨人の監督だよ。ついこの間だもんね。

太田光:凄いよ。

田中裕二:ついこの間。

太田光:坊やだったもんね。

田中裕二:まさに、本当に。

太田光:全然可愛らしい。

田中裕二:うん。

太田光:それが川上の立場になって。

田中裕二:まあ、そうだよね。

太田光:凄いよね。

田中裕二:うん。

太田光:おじいさんだよ、急に。

田中裕二:いやいや、だから…

太田光:ははは(笑)

田中裕二:たとえば、長嶋さんだって最初、監督を始めた時って同じようなもんだからね、年齢的に。

太田光:いや、でも全然おじさんだった。

田中裕二:うん、俺らからしたらそうなんだけど。

太田光:もう、全然上のイメージがあるよ。

田中裕二:それは実際、俺らが子供だったからなんだけどね。年齢でいったら。

太田光:全然、上の人のイメージですよ。

田中裕二:同じくらいなんですよ、本当に。

太田光:うん。だから、そう考えるとショックだよね。

田中裕二:当時の50歳くらいの大人達が、今の80歳くらいの人達が「長嶋監督」ってと。

太田光:思ったかな?

田中裕二:やっぱり思うでしょ、だって。

太田光:そうかな。今と違うと思うよ。

田中裕二:まあ、今とは違うかもしれないけど。

太田光:いやぁ、今とは全然違うと思うよ。

田中裕二:そうかね。

太田光:だって、川上から長嶋さん。川上さんから長嶋さんへのギャップは結構あったけどね、当時も。

田中裕二:そうね。

太田光:現役からすぐ、というのも凄いんだよね、まず。

田中裕二:そうそう。現役からすぐだからね。

太田光:それで、最下位だからね。

田中裕二:そう。

太田光:驚いたね、あの時も。

【関連記事】
ピエール瀧、高橋由伸が監督就任で長嶋茂雄命名の全く定着しなかったアダ名を連呼「ウルフね、ウルフ」

おぎやはぎ矢作、ドラフトで3球団から1位指名を受けた高橋淳平に見る日本人の変化に言及「甲子園より将来のことを考えてる」

伊集院光、ドラフト会議での真中監督の確認ミスを受けてクジの改善をすべきと主張「人生が懸かったクジですから」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,高橋由伸,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、長嶋茂雄が監督に就任1年目で最下位だった衝撃の田中との温度差に驚く「V9からいきなり最下位」

前の記事:伊集院光、プロ野球ドラフト会議で選手本人がクジを引くことを提案「どうせ決まるなら、自分が引く方が良い」

本日の注目記事