TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、40歳を過ぎたら毎年人間ドックを受けるべきと主張「ビビってたら、後で大変な思いをする」

土田晃之、40歳を過ぎたら毎年人間ドックを受けるべきと主張「ビビってたら、後で大変な思いをする」

2015.10.19 (Mon)
2015年10月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、「40歳を過ぎたら、毎年、人間ドックを受けるべき」と主張していた。

納得させる話力

リスナーメール:最近、私が気になり始めたことは、人間ドックです。毎年、採血やレントゲンを撮る程度の健康診断はやっていますが、胃カメラは怖いし、バリウムはマズくて量が多いとの噂話もあり、前日の夜から、飲食や禁煙などの厳しい制限もあるらしいので、気にはなりますが、二の足を踏んでいます。

土田さんは人間ドックの経験はりますか?

土田晃之:僕はやってますよ。やっぱり、40を超えてから、やった方が良いって話で。毎年、行ってますよ。

ぜひ、やった方が良いと思います。健康診断だけでは、見つからないこともありますし。最近、がんで芸能人の方とか色々、話題になってますから。

やっぱり、早期発見をするのが良いですね。これ、本当に2通りあって。僕みたいに、早く見つけたいって人と、上島(竜兵)みたいに、「行くと何か見つかるから、怖くて行かない」みたいな。

いやいや、そうじゃねぇよ、と。そうやってビビってて、その後に大変な思いをするかもしれない。もっと早く見つけておけば良かったのにって。大変な状況になってから病院にいるのと、早く見つかるの、どっちが良い?早く見つけた方が良いでしょ。

言っておくけど、40過ぎた男性の方は、大体、お尻の方から内視鏡を入れたら、大腸、なんか見つかるんですって。これも番組でやったんですけど。ポリープ的なことは見つかるから。見つけに行くんですよって。早く見つかれば、その場で切ってクリップで止めたりもできるし。早期発見もとにかく大事。

よく、がんって若い内は進行早いっていうけど、アレ、嘘なんですって。年齢、関係ない、と。健康状態が良ければ、年いってても進むのが早い人もいるし。もう、若くても遅い人もいるしって。

とにかく、長寿な国だけど、健康で年をとらなかったら、楽しくないからね。だからやっぱり、人間ドック、やった方が良いと思いますよ。

やると楽しいですから。胃カメラとかもね、鼻から挿れる細いカメラでやる病院もあれば、口から挿れるのもありますけど。僕はいつも、口の方なんですけど。ウェってなりながらも、やってますよ。段々、慣れますしね。みんな、自分の体のことを知るのは大事ですから。40過ぎたら、みんなで人間ドック行くのがオススメでございます。

人間ドックをカンタン検索!ラクラク予約!マーソ(MRSO)



【関連記事】
岡村隆史、『ゴチになります!』収録中に人間ドックのための下剤を飲む「最終戦の途中に漏れる危機」

ハライチ澤部、大腸カメラ検査の麻酔で無意識に話をしていたと明かす「ナース服は自分で用意するんですか?」

バナナマン・設楽が語る「日村の恐るべき不摂生ぶり」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事