TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ ノブコブ吉村・徳井、ピースとのNSC時代での人気・実力差について言及「もう、全然桁が違う」

ノブコブ吉村・徳井、ピースとのNSC時代での人気・実力差について言及「もう、全然桁が違う」

2015.09.28 (Mon)
2015年9月27日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00-28:45)にて、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太、吉村崇が、ピースとのNSC時代での人気・実力差について語っていた。

平成ノブシコブシ 初・単独ライブDVD 御コント ~今宵の主役はどっちだ~

徳井健太:ピースは、ここ何年間まで僕らと関わりがなくて。

吉村崇:そうです。

徳井健太:もう、全然桁が違う。箱が違うところにいたんで。

加藤浩次:どういうこと?

吉村崇:向こうはエリートで、こっちはダメチームなんですよ。

加藤浩次:NSCとかで、そういう風になっちゃうわけ?

徳井健太:なりますね。

加藤浩次:一緒なんじゃないの?

徳井健太:最初は一線ですよ。でも、段々差がついてくるんですよ(笑)

加藤浩次:1年の間に?

徳井健太:1年ですね。

吉村崇:実力がもう、ブリブリ。

遠藤章造:ピースが凄すぎるのかもしれないですけどね。

徳井健太:まぁ凄かったですね。

遠藤章造:同期で、そこまで差が出るって。

徳井健太:ピース、三瓶はやっぱ凄かったですよ。

有野晋哉:三瓶も?

徳井健太:三瓶は早かったですよ。

吉村崇:三瓶、ピース、5GAPっていうのがいて。それでユニット組んでライブやってたりとか。

遠藤章造:あ、そこに三瓶が入ってくるんだ。

加藤浩次:じゃあ、もうテレビ出てたってことだ?

徳井健太:出てましたね。早かったですね。

遠藤章造:おすぎとピーコさんに可愛がられてね。

加藤浩次:だから、早いから良いってことでもないしな。

有野晋哉:ふふ(笑)

徳井健太:そうですね、結果、あの時は分からなかったですけどね。そういうのも。

吉村崇:そう、分からないのよ。

徳井健太:「凄いな、三瓶、ずっとこのまま売れるんだろうな」って思ってましたけどね。

加藤浩次:うん。昔、関根勤さんが言ってたんだよね。「30過ぎて売れた方が良いよ」って。

遠藤章造:関根さんがそうみたいですもんね。

加藤浩次:うん。「20代、若くして売れるより、30くらいで売れる方が良いよ」って言ってた。

遠藤章造:うん。

加藤浩次:若い時ってさ、早く売れることがどんだけ良いことかって思ってるじゃん。それで、周りの人間がテレビとか出だすと、スゲェ焦ったりするじゃん。

遠藤章造:そうですね。

加藤浩次:でも、違うんだよね。

遠藤章造:だって、22~3の時って、焦ってましたもんね。誰かがテレビ出たってなったりしたら。深夜番組とかネタ番組出てたら、「俺ら、全然そんなところ出てないのに」って。今、考えたら24とかの頃で。

加藤浩次:いや、ホントそうだよ。

遠藤章造:ネタ1本やってるだけやねんで、言ったら。

徳井健太:はい。

遠藤章造:それでもやっぱりね。俺らだったら、ロンドンブーツですよね。

有野晋哉:早かったね。

遠藤章造:同期でもないし、ロンドンブーツは後輩やったりすんねんけど、ロンドンブーツは凄かったなぁ。

加藤浩次:ロンブー現象は凄かったよね。

遠藤章造:ホンマに凄かったですね。

【関連記事】
加藤浩次、ノブコブ吉村がピース綾部と仲が悪いと暴露「吉村は綾部とかと仲が悪いけど」

ノブコブ吉村、ピース綾部に対抗意識をむき出しにするライバル関係「綾部に負けたくない」

ノブコブ徳井、ピース綾部・又吉との実力差を悟って芸人を辞めようとしたと告白「同期のNo.1とNo.2のコンビ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 平成ノブシコブシ,吉村崇,徳井健太,ピース,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!
次の記事:ココリコ遠藤章造、ロンブーの初単独ライブでの衝撃的な演出を語る「暗転の中、金網を電気のこぎりで破って出てくる」

前の記事:加藤浩次、ノブコブ吉村がピース綾部と仲が悪いと暴露「吉村は綾部とかと仲が悪いけど」

本日の注目記事