TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、永六輔の語るラジオとテレビの違いに感銘「大きく見えるテレビ、そのまま伝わるラジオ」

カンニング竹山、永六輔の語るラジオとテレビの違いに感銘「大きく見えるテレビ、そのまま伝わるラジオ」

2015.09.14 (Mon)
2015年9月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、永六輔の語るラジオとテレビの違いについての説明に、感銘を受けたと語っていた。

カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2014」 [DVD]

カンニング竹山:(『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』に出演して)一つだけ良い話聴けて、「ああ、そうだな」って思ったことがあって。赤江さんは聴いたら分かると思うけど。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:「ラジオとテレビの違い」についてなんだけど、(永六輔 曰く)「テレビは大きく見えてしまう」と。

赤江珠緒:大きく見える?

カンニング竹山:俺なんか、太った人は横に広がるとかって言うから、テレビって。画の問題でさ。

赤江珠緒:うん。見た目?

カンニング竹山:そういうことなのかって思ったわけ。「何言ってんだ」と。「そんなの知ってるよ、じいちゃん」くらいに思ってたわけ(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

カンニング竹山:そしたら、実はそうじゃなくて。テレビはね、結局、観てる人は、視聴者の方もどんどん想像じゃないけど、その人がどんどんテレビに出れば出ていくほど、一昔前で、今では段々なくなってきたけど、「この人、偉い」っていうかさ。

赤江珠緒:ああ。

カンニング竹山:「テレビに出てるから、この人偉い」とか。冠番組を何本も持つようになったりすると、「この人、テレビで成功してるし、大スターだ」っていう感覚。そういう風に見えてしまうわけじゃない。

赤江珠緒:ああ、なるほど。

カンニング竹山:ということは、本人がちゃんとしてないと、出てる本人は驕り高ぶる可能性があるよね。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:メッセージも、100%伝えてるわけじゃないけど、たとえば『カンニング竹山の○○』っていう、冠番組を週で5本くらい持ってる人になると、世間の人は「竹山、重鎮だもんな」とか。

赤江珠緒:ああ、そういうことか。

カンニング竹山:俺はそんな気はなくても、世間はそう思っちゃったりするし、あと、俺が変な人間で驕り高ぶってしまうと、俺も偉そうになっちゃって。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:でも、それって人間の本質じゃないっていうかさ。中身が何もないところでただ偉そうぶってたり、視聴者とそういう関係になるっていうことが、「テレビは大きく見える」ってことの意味で。

赤江珠緒:ああ、なるほどね。

カンニング竹山:分かります?

赤江珠緒:私ね、今、聴いてて思ったのが、それこそ災害の話じゃないですけど。テレビって、一番被害が大きかったところをまず優先で撮っていくじゃないですか。そういうところを繋げて流すじゃないですか。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:そうすると、後で自分たちも取材に行った時、「あれ?」って思うくらい。

カンニング竹山:何もなかったり、片付いていたり。

赤江珠緒:横は全然大丈夫だったりするんです。でも、受けてる印象としては、物凄い広大な範囲がって思う時もあるし。その大きさのサイズ感は、確かに伝えるのじゃ難しいかもしれない。

カンニング竹山:そこで観てると、錯覚するというか。「ああなってるんだ」と思うわけじゃない?

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:でもさ、テレビ側からすると、それは仕方ないことで。これはもう、テレビで映像流してるからしょうがないんだけど。よく言われるのがね、「画の強いところを映せ」と。「画の強いところを探せ」と。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「ここ、家が壊れかけてます」「そこを映せ」「横は何もないです」「強いところを映せ」っていうのが、テレビではよくあるんですけど。

赤江珠緒:そうね。

カンニング竹山:視聴者の誤解に加担して、そういうものが生まれていくのもテレビで。一方、ラジオは何かっていうと、「ラジオにはそれはない」と。俺は、昔教えてもらった言葉に、「ラジオはウソつけない」って聴いたことがあるの。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:永さんも同じようなことを言ってて。「ラジオは、その人がそのまま伝わる」と。

赤江珠緒:怖っ(笑)

カンニング竹山:赤江さんの出てるテレビを観たことない人は、赤江さんの喋ってる声しかわからないわけじゃん。

赤江珠緒:たしかに。

カンニング竹山:声を受け取るわけじゃん。そうなった時、それを想像するじゃない?人間って。「ああ、こんな人だな」って。聴いてる人間も、頭が働くわけじゃん。ということで、その人の人間性がより分かるんだって。

赤江珠緒:そうですね。

カンニング竹山:それがより伝わるんだって。

赤江珠緒:どんなに着飾っても、ラジオだと映らないからね。

カンニング竹山:視覚がないから。

赤江珠緒:ぼやかしたりできないですからね。

カンニング竹山:「そのまま伝わるメディアが、ラジオだ」っていう風に永さんは仰ってましたね。

赤江珠緒:ああ。怖いですね(笑)それはそれでね。

カンニング竹山:怖い。半分、普通にじいちゃんに挨拶に行くような感じで行ったんだけど、意外と良い話きけたっていう。

赤江珠緒:うん、本当ですね。

カンニング竹山:となると、今後はラジオってどうなるかっていうと、「貧乏なメディアにはなるけど、それは残るんじゃないかな」って話をしましたね。

赤江珠緒:だから、私もリスナーとして他の番組を聴くときもありますけど、その人と友達っぽく、等身大みたいな感じの人が見えてるような、聞こえてるような気がしますもんね。

カンニング竹山:ラジオってね。

赤江珠緒:それがラジオの利点ですかね。

【関連記事】
伊集院光「永六輔のラジオDJとして達している域」

伊集院光、ナイツ塙の「お笑いを学校の必修科目に」との主張に共感「取り柄がない・劣ってることも面白いと理解」

有吉弘行、永六輔の24年続いた『永六輔その新世界』終了に感想「最後は聴くのが修行のようなラジオでした」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,赤江珠緒,永六輔,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:ウーマン村本、ナイナイ岡村隆史にラジオでの発言を咎められたことに言及「岡村さんも色んな人の悪口言ってたのに…」

前の記事:オードリー若林、春日が『ヒルナンデス!』でスベりネットニュースになったと爆笑「そんなヤツ、初めて見たよ(笑)」

本日の注目記事