TOPケンドーコバヤシのテメオコ ≫ ケンドーコバヤシ 「ダイアンの恐怖体験を語る」

ケンドーコバヤシ 「ダイアンの恐怖体験を語る」

2010.01.08 (Fri)
2009年01月07日放送の「ケンドーコバヤシ」にて、ハリウッドザコシショウがゲスト出演していた。その際、彼がパーソナリティを務めていた「ザコシショウのミュージックヨイショ!」というラジオ番組の話になった。

ケンドーコバヤシは、「YES-fm(エフエムちゅうおう)という、大阪市中央区の難波に拠点を置くコミュニティFM局があるんですけど、そこでザコシショウは番組を持ってたんですよ。繁華街で、半径50 mくらいの人しか聞けない、FM局に観に来た人しか聞こえない、みたいなラジオ局でやってたんですよ」と話していた。

ハリウッドザコシショウは、「あれはヒドイよな。夜の4時くらいから、6時くらいまでの生放送だったんだよ。誰も聞いていないでお馴染みだった」などと話していた。

この話に関連して、ケンドーコバヤシはダイアンの恐怖体験について以下のように語っていた。

ケンドーコバヤシは、「昨日、たまたまダイアンが番組(ダイアンのヨシモト*chatterbox!)をやってたのを聞いたんですよ。ダイアンは今、YES-fmで番組をやってるんです」

「番組が終わった瞬間、スタジオブースに不審者が飛び込んできたんですって。『お前ら、なんで俺の部屋に盗聴器仕掛けんのや!』って言い出したらしいです。いわゆる、"サイコ ウォーリヤー"が乱入してきたんですよ」

「『お前ら、どういうつもりや!なんで仕掛けたんや!なんでそれで、ラジオに流すんや!だって、お前らが言っていること、俺が部屋で独りで言っていることやないか』って言い出したんですって」

「そうしたら、ダイアンはビビってしまって、その男に『お前の目的はなんや!』って胸ぐら掴まれたところ、ツッコミの津田(篤宏)ってヤツは、『僕は…日本一の漫才師になることです』って、目的じゃなくて目標を言ってしまったんです」

「そこに、警察官が入ってきて、その人は連れて行かれたんです」と、ラジオブースでの一連の出来事について語っていた。

【関連記事】
ヤノヒロミの種馬大作戦

折原みか「アイドルの枕営業を語る」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ケンドーコバヤシ,ハリウッドザコシショウ,ダイアン,都市伝説,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ
次の記事:加藤浩次 「ロンブー淳のモテる秘訣について語る」

前の記事:ナイナイ岡村 「メッセンジャー黒田について語る」

本日の注目記事