TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光 握手を求められた人からの悲しい仕打ち

伊集院光 握手を求められた人からの悲しい仕打ち

2008.01.15 (Tue)
2008年01月15日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」で、照れ隠しでいった一言で、悲しい思いをしたことを吐露した。いつものように「良かれ」と思ってしたことが、裏目に出てしまったようだ。

散歩がてらに湯島天神に向かった伊集院。リスナーたちが「第三希望くらいには受かりますように」と願った。そこで、学生がかなり多くいたという。そこにいた女子中学生の4人くらいのグループが、「握手してください」と言ってきたという。

だが、照れくさかったために、「あの、でもボク、中卒なんですけど良いんですか?」と言ってしまった。すると、その学生たちは、それまで出していた手を引っ込めたという。予期していなかったであろう行動に、伊集院はえらく傷ついたという。

自虐的なギャグで言ったつもりだったのだが、『そんな人とは握手できない』といった反応をされたのがひどくショックだったようだ。その後、「あの、でも…高校には受かって、その後に中退してしているんで」と何だかよく分からないフォローをせざるを得なかったという。

学生たちは、「じゃあ…」と、しぶしぶ握手していたという。

【関連記事】
「伊集院光 深夜の馬鹿力」 トーク集

伊集院光 楽太郎師匠と番組出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事