TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、意識高い系同士がよく分からない横文字で会話してることを「バタバタ羽ばたきあって喋ってる」と表現

伊集院光、意識高い系同士がよく分からない横文字で会話してることを「バタバタ羽ばたきあって喋ってる」と表現

2015.06.30 (Tue)
2015年6月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、"意識高い系"と呼ばれる人々のよく分からない横文字を頻用しての会話について、「バタバタ羽ばたきあって喋ってる」「しりとりの"ら"で終わる言葉で攻め合ってる」などと表現していた。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

伊集院光:最新の横文字を使う人いるじゃん。「グランドデザイン」とか、この間、言われたんだけど(笑)

「企業のグランドデザインを…」みたいな話があるじゃないですか。一番新しい言葉を使う人(笑)恐怖心として、それを理解できない俺がダサいんじゃないかとか、俺がダメなんじゃないかって思うんだけど、一生懸命、分かる振りをしたり、一生懸命ついていこうとしたけど、もう「うるせぇ」って思うようになったね(笑)

だから、あんまり入ってこないんですよ、全然入ってこないんです。でも、一番新しい言葉を使う人って、やっぱり、ひがみ抜いてもダメなヤツだね(笑)だってさ、長持ちしないじゃん。長持ちしないから、ほんのちょっと前に言ったヤツも使われなくなるから。

まず、最初に使って鼻高々の人、その人が言ってること、まず普通に通じてないじゃん。それで、やっと通じてきても、すぐ通じなくなるじゃん。それで、新しい言葉を仕入れなきゃいけなくなるから。

アイツら、ダメだな(笑)なんだろうな、意識高い系の人たち。意識高い系の人たちがさ、スゲェ喋ってんじゃん。アレ、意識高い系同士の人たちも、お互い、かなりバタバタ羽ばたきあって喋ってるよね(笑)凄いもがきながら喋ってて、「分からないって言ったら負け」って感じで(笑)

しりとりの"ら"で終わる言葉で攻め合ってるくらいの感じで、多分、一生懸命やってるんだろうね。

【関連記事】
バカリズム、芸人志望の専門学校生に意識の低さを指摘して諦めさせた過去「何一つ自ら生み出せてない」

オードリー若林、横文字多用する人にイラっとする人の特徴「言葉を知ってることを偉いと思い、劣等感を感じる」

オードリー若林、団塊・ゆとり・さとり世代の特徴付けは無意味と指摘「どの世代も凄い人は凄いし、ダメな人はダメ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、番組オーディションで女性タレントに優しくして泣かせてしまう「次の参加者たちが勘違いして緊張」

前の記事:伊集院光、Amazonによる一般人による配送を検討に指摘「『大家さんに預けました』っていうのと変わらない」

本日の注目記事