TOPゴッドタン ≫ 鈴木拓、キンコン梶原とロバート山本が一触即発の状況だったと暴露「いい加減舐めんじゃねぇぞ!」

鈴木拓、キンコン梶原とロバート山本が一触即発の状況だったと暴露「いい加減舐めんじゃねぇぞ!」

2015.06.21 (Sun)
2015年6月20日放送のテレビ東京の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、フジテレビ系の番組『はねるのトびら』は放送されていた際、親睦を深めるための飲み会で、一触即発の状況となっていたことを明かしていた。

ドランクドラゴン ~カンフー~ [DVD]

VTR出演の梶原雄太:(嫌いな芸人さんの悪口を言って欲しいというお題で)僕、結構長い時間、(鈴木拓と)仕事を一緒にしている時期がありまして。

ある時、女性コンビ(北陽)がよくミスしてたんで、メンバーでよくイジってたんですよ。「ホンマできひんやんか。アカンで、そんなん」って。その中で、先頭切ってこの方がイジってる時は、「誰が言うてんねん」って思いましたね。「あ、クズやなぁ」って。

この方、息子さんいらっしゃるんですけど、ブスですね。ソックリなんですけど。めちゃくちゃブスですね。

鈴木拓:ウチの子にね、格闘技をやらせて、コイツ、殺しに行きますよ!

矢作兼:誰のこと言ってるか分からないから(笑)

鈴木拓:俺だよ、あんなもん。

西野亮廣:これはもう、鈴木さんでしょ。

鈴木拓:これはムカつきますけど、俺ですね。

劇団ひとり:ああ、そう。

鈴木拓:はい。俺、アイツ元々、俺が大嫌いですからね。

劇団ひとり:何か、揉めたことあるの?ちゃんと揉めたことって。

鈴木拓:本当に揉めたのが、『はねるのトびら』って、とにかく仲が悪いんですよ。キングコング以外はみんな仲良いんですけど、キングコングだけは仲が悪いんです。
劇団ひとり:ああ。

鈴木拓:このままではダメだってことで、ロバートの山本くんが、「みんなで仲良くなるために、飲み会をしよう」って。

矢作兼:おお。

鈴木拓:番組終わりで、飲み会をやったんです。そしたら、スタッフと(ロバート)馬場ちゃんが、殴りあいくらいのケンカになっちゃって。

西野亮廣:なりました。

鈴木拓:なっちゃったね。それで、みんなで止めて。やめて帰ろうと思った時に、梶原君が、山本君に「博よぉ、お前何やってんだよ!お前があんな会、開かなかったら、こんなみんなケンカすることなかっただろうがよ!」って言い出して。

矢作兼:おお。

鈴木拓:山本君もボクシングやってるし、「こいつ、いい加減舐めんじゃねぇぞ」ってにらみ合いになったんです。そしたら、関係ねぇ俺が頭キて、「テメェ、梶原!殺すぞこの野郎!」ってなって。

矢作兼:はっはっはっ(笑)そういうの相方がやってるのは、どう思うの?

西野亮廣:僕も、梶原のことはあんまり好きじゃないんですよ。だから、今のは凄い分かります。鈴木さん、良いこと言うなぁって思いまして。

鈴木拓:アイツ、イジってウケたことがないんですよ。アイツ、すぐ逃げるんで。

西野亮廣:分かる、それすげぇ分かる。矢面に立たないんですよ、アイツ。

鈴木拓:今、そこで俺とやり合えばウケるのに。

【関連記事】
鈴木拓、キングコング西野を嫌いになったきっかけを明かす「後輩で年下のクセに、皆の前で説教」

ドランクドラゴン鈴木拓、番組が終了する危険な兆候を指摘「スペシャル番組をやたらやるようになる」

おぎやはぎ矢作、『逃走中』炎上で子供に「自首やめて」と言われた鈴木拓の返答に感動「これが俺の仕事なんだ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : キングコング,梶原雄太,西野亮廣,鈴木拓,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ゴッドタン
次の記事:オードリー若林、真壁刀義と天山広吉が番組でイジられまくる姿を見てショック「本当にガッカリです」

前の記事:鈴木拓、キングコング西野を嫌いになったきっかけを明かす「後輩で年下のクセに、皆の前で説教」

本日の注目記事