TOPたまむすび ≫ 玉袋筋太郎、ビートたけしのフランス名誉侍従任命に喜びの声「フランス座出身の殿が」

玉袋筋太郎、ビートたけしのフランス名誉侍従任命に喜びの声「フランス座出身の殿が」

2015.06.06 (Sat)
2015年6月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・浅草キッドの玉袋筋太郎が、ビートたけし(北野武)のフランスでの名誉侍従への任命について語っていた。

その男、凶暴につき [DVD]

玉袋筋太郎:俺には、尊敬する監督がいるわけですよ。

小林悠:誰ですか?

玉袋筋太郎ウチの師匠ですよ。ビートたけし、北野武監督ですよ。

小林悠:はい。

玉袋筋太郎:「北野武監督、フランス名誉侍従に」というね。これ凄いです、3人目の快挙。

小林悠:史上3人目ですね。「シャンベラン・ドヌール」名誉侍従という称号を与えられることが決まった、と。

玉袋筋太郎:そうでしょう。

小林悠:過去に、叙任されたのはモナコのアルベール2世。フランスの政治家のバロワン氏だけで、史上3人目の快挙です。

玉袋筋太郎:3人目、足立区のペンキ屋のせがれが、ここまでいくのかと。

小林悠:ははは(笑)

玉袋筋太郎:だって、フランスの由緒あるシャンパーニュ騎士団だからね。

小林悠:そうです。そこからいただいたんですよ。

小林悠:そうですよ。

玉袋筋太郎:もともと、フランスとは縁がある人だから。だって、フランス座出身ですしね。

小林悠:うん。

玉袋筋太郎:まさか、そのフランス座のストリップ小屋出身の男が、監督となり、こんなものをもらって。

小林悠:いやぁ、これは嬉しいことですよね。身近な人がこうやってどんどん凄くなっていくんですから。

玉袋筋太郎:そうそう。

【関連記事】
玉袋筋太郎、師匠・ビートたけしの映画を観る時に緊張するワケ「『アレ?』と思う映画も師匠は撮るから」

玉袋筋太郎、師匠ビートたけしの新作映画『龍三と七人の子分たち』にヒットの兆し「女性観客も大笑い」

ビートたけし、各テレビ局にいるという「たけし番」の存在「端折り過ぎた指示を翻訳する役目」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 玉袋筋太郎,ビートたけし,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事