TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光 「ベッキーなどのガールズトークを語る」

伊集院光 「ベッキーなどのガールズトークを語る」

2009.11.24 (Tue)
THIS IS BECKII CRUEL! [DVD]2009年11月23日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、ガールズトークについて語られていた。話の発端は、「デブとドブスがコンブリオ」コーナーに送られていたネタだった。

そのネタとは、「ガールズトークの内容が下ネタに流れていき、『包茎男子ってヤバイよね~』とベッキーや夏川純がヒートアップするのに対し、一人で包茎を擁護するドブス」といった投稿だった。

これに対して、伊集院はガールズトークに見られる一つの光景として、その様子を以下のように語っていた。

「今みたいなメンツのガールズトーク番組で、『この話を進めていくと、自分がテレビの前の男子に引かれそう…』ということを察知して、『その先は、お前が行けよ』っていう譲り合いってない?」と話していた。

「ああいうときの『お前、(自分だけが助かろうとしようと企んでいる)悪い目しているな』っていうことがあるね。あと、急に橋を下ろす(トークを進めるのを止める)ときもあるね。俺の中で、下ろすのに敏感なのは、ベッキーとか眞鍋かをり。彼女たちは上手いね」

「『私は、そこまでは思わないけど…』って言ったりして。『え?そこまで話しておいて?』って感じになることもある。だから、橋をかけられていたところを渡っていると、急に橋が上がるときに驚くよね。『この橋、跳ね橋なんだ。上がると思わなかったから…渡っちゃった。そのせいで、島に置いてけぼり』みたいなこともある」と話していた。

【関連記事】
伊集院光 「カミさんが不機嫌になる芸人」

伊集院光 「イチローの姪モデルデビューについて」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ベッキー,,眞鍋かをり,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事