TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 ゲレンデで叫んだ一言

加藤浩次 ゲレンデで叫んだ一言

2008.01.12 (Sat)
2008年01月12日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤が5年振りに帰郷した話をしていた。そこで、結婚7年目にもかかわらず、加藤の未だ変わらない妻への執着のようなものが語られていた。

発端は、久しぶりにスキーでもしようかという話になり、キロロに向かうことになったという。そこで妻である香織に、「滑れるのか?」と訊いたところ、「小学校の時に1度だけ」と答えたという。試しに「ボーゲンできるのか?」と質問すると、分からない、と言われてしまったという。

そこで仕方なく、「こう『ハの字』にして滑るんだ」とストックをハの字にして説明したところ、香織もストックだけをハの字にして降りようとしてきたという。「これはダメだ」と思い、教えようとしたところ、一緒にきていた北海道時代の友人である入山が「教えてあげるよ」と言ってきたという。

入山は実家が病院であり、医学部受験で3浪した末に放射線技師になった。その後、商店街をわざわざ白衣着て闊歩するという姿を地元の友人に目撃されたという、少し変わったところがある人。だが、スキーの指導員の資格を持つなど、指導の腕は確かなようだ。

わざわざ、指導すると言ってくれたため、任せることになった。自分はリフトに乗り、滑りに向かった。

だが、リフトの上から自分の妻が指導されている姿をみていると、セクハラされているようにしか見えなかったという。2人が体を密着させているところ、ゲレンデに響き渡る声で「おい!入山、何やってるんだ、離れろ!」と叫んだ。入山は「違うんだ、浩次。違う…」と、誤解されたことに慌てた様子だったという。その後、入山はストックのハジの方を持って、香織に指導していたという。

香織が、他の男の傍にいる様子を見て加藤は、「燃え上がるものがあるね。抱こうっ、て思う。今晩は抱いてやろう。入山に抱かれた腰を、今晩は俺が抱こうって思うね。ああいうの大事だね。夫婦も6年やってると」と語っていた。

【関連記事】
加藤浩次の吠え魂 トーク集

加藤浩次と濱口優が心配する、有野の変貌っぷり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

本日の注目記事