TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、「春日に苦言」というネット記事にショック「あんなに笑ってくれてた記者さんが…」

オードリー若林、「春日に苦言」というネット記事にショック「あんなに笑ってくれてた記者さんが…」

2015.03.29 (Sun)
2015年3月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、テレビ東京系の番組『ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~』の記者会見に関する記事で、ヤフートピックスに掲載された見出しが「春日のアスリート化に若林が苦言」とされていたことにショックを受けた、と語っていた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

若林正恭:この間さぁ、『ソレダメ!』の記者会見で、ヤフーニュースになってたじゃん?

春日俊彰:ああ、なってた。

若林正恭:「春日のアスリート化に若林が苦言」って。苦言を呈したって面白いよな(笑)

春日俊彰:若林さん、やっぱりね…ヤフーの記事で「苦言を呈した」って出るってことは、もう本当にご意見番なんだよ。

若林正恭:ご意見番なわけないじゃん。

春日俊彰:だって、ご意見番じゃなきゃ、「苦言」ってならなくない?苦言って、なかなかならないよ。

若林正恭:ならないかなぁ。

春日俊彰:「注意」とかよりもちょっと上じゃない?

若林正恭:でもさぁ…すっかり忘れてて。記者会見で言ったことが、一部、抜粋されてネットニュースになりやすいってことを。

春日俊彰:うん。

若林正恭:ああいう記者会見って、久々だったじゃん。

春日俊彰:ああ、そうだね。

若林正恭:「忘れてた」って思って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:流れとしては、『ソレダメ!』という番組でダメなことを言うんで、「若林さん、春日さんに『それダメだ』と思うことありますか?」って訊かれて。それまで、和気あいあいと進んでるんだよ?記者会見も。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「そうですね…」って。急に振られたから、「春日のダメなところ…あっ!」ってことで、最近の話ですよ。「ボディビルと水泳で、漫才の稽古ができなかったんですよ」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:スケジュールも、「プール、プール、ジム、プール、ジム、ジム、プールですよ」って言ったら、記者の人とか、みんなメモってて、ニコニコって笑ってるんですよ。ちょっとウケてんだよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「だからね、本当に自分がなんでこういう仕事できてるのか、考え直して欲しいですね」って、笑ってくれてんのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:次の日にさ、「春日のアスリート化に、若林が苦言」って。

春日俊彰:ふふ(笑)マジで言ってるみたいなね(笑)

若林正恭:あんなにニコニコ笑ってくれてた記者さんがさぁ、どこでどうなって…あの記者さんが、それを書いてるんじゃないよね、多分。

春日俊彰:ああ、タイトル?

若林正恭:文面みたら、「そこで会場は笑い」みたいに書いてるじゃん。その文を、あそこにいた記者さんが書いてくれててさ。それを短くする人がいるのかな。

春日俊彰:ああ、そうか。トピックスにする際に、「苦言」って言葉を使ったのか。

若林正恭:あんなニコニコ笑ってくれてて、「それじゃ困ってますね」って言ってくれてた記者さんが、「春日に苦言」って書いてたら、ショックだよ。

春日俊彰:ふふ(笑)まあ、そうだな。

若林正恭:忘れてたって思って。そういうもんだったんだって。だから、相当、気をつけたことを言わないといけないもんだったんだっていうのを、久しぶりに思い出したよ。

春日俊彰:ああ、まあそうだな。捉えようによっては、みたいなね。色んな捉えられ方がされるようなことは言わない方が良いってことだね。

若林正恭:そうなのよ。

春日俊彰:1つの意味でしかないことをなるべく言った方が良いってことなのかね。

若林正恭:そうそう。

春日俊彰:難しいね。まあ、読んだら、まあ分かりましたけどね。文を。

若林正恭:まあ、でもそれに対してもあんまなんか得てして、特別な思いはなくなってきてるよね。「ちょっと言ったことを、あんな風に変えて」なんて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:セカスウでもう、免疫ができてるから。「そういうもんだな」っていうか(笑)期待してないし、別に。

春日俊彰:そうだね(笑)現象としてしかね。

若林正恭:「ああ、そうそう。記者会見って、そうだと思った」みたいなね。

春日俊彰:ふふ(笑)そうだね。たしかにね。

【関連記事】
ウーマン村本、8.6秒バズーカーを叩くネットニュース記事に異論「ビートたけしさんも松本人志さんも叩いてない」

有吉弘行、ネットニュースのライターの実態について語る「数千円の原稿料」「Yahoo!トップ掲載でインセンティブ」

カンニング竹山、「最高月収2,000万」報道に見るネットニュースの怖さ「デマカセが真実になっていく」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事