TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、ジャンプ新連載の漫画『Ultra Battle Satellite』に注目「ジャンプらしからぬ漫画」

千原ジュニア、ジャンプ新連載の漫画『Ultra Battle Satellite』に注目「ジャンプらしからぬ漫画」

2015.03.04 (Wed)
2015年3月3日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、週刊少年ジャンプに新連載となる打見佑祐の『Ultra Battle Satellite』に注目していると語っていた。

2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」
2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」 [DVD]

千原ジュニア:週刊少年ジャンプ、今日買ったわ。この間、(放送作家)松本(真一)と日曜に仕事の会食があって、それ終わりで「もう一軒、行こうか?」ってことで、行ってん。

桂三度:はい。

千原ジュニア:松本って、「背中に何か刺青入れなアカンってなったら、何を入れる?」って話をした時に、「黄金期のジャンプの表紙を入れる」って言ってて。ドラゴンボールとか、キン肉マンとか、キャプテン翼とか勢揃いしているそのジャンプの表紙を入れる…ってくらい、ジャンプをこよなく愛してて。

桂三度:うん。

千原ジュニア:もう、35年くらい?

松本真一:小学校の時からですね。

千原ジュニア:そんな松本が、新連載始まったら、それがズドーンって売れるっていうのは、第1話で分かる、と。

桂三度:ほう。

千原ジュニア:たとえば、『ONE PIECE』の第一話を読んだ時に、「これは突き抜ける」と。『黒子のバスケ』が始まった時にも、「これは行く」っていうのが分かる、と。

桂三度:うん。

千原ジュニア:それで、つい最近、「あ、これ突き抜ける」っていうのが分かったっていうのがあって。それは、格闘系の漫画で。松本って、そんなヤンキー漫画とか読まへんタイプなんやけど、そんな松本も飲み込んでしまうくらいの一話の完成度やって言うねん。

おのののか:へぇ。

千原ジュニア:少年ジャンプやから、友情・努力・勝利っていう三大原則がある中で、「何をやっても勝ちは勝ち」「汚いことをしても勝ちは勝ち」みたいな主人公が出てくる話で。言うたら、話だけ聞くとジャンプらしからぬ。

桂三度:うん。

千原ジュニア:これがめちゃくちゃ跳ねるっていうんですよ。それで、夜中に思い出して。「これか」って思って買って読んだんや。「あ、なるほど、そういうことか」っていう。なんてヤツやったっけ?

松本真一:『Ultra Battle Satellite』ですね。

おのののか:最近始まったんですか?

松本真一:今週からですね。

千原ジュニア:ああ、アレ一話目?そうなん?なんか、結構、それやったら説明不足やね。

松本真一:説明不足というか、これからどうなっていくかっていう。

千原ジュニア:もう、主人公、結構完成したところから始まってるやん。

松本真一:だから、僕の感覚ですけど、一話でこんだけっていうのは、面白そうやなって思って。

千原ジュニア:かなり詰め込まれてるから、もう4話目かと思ってん。もういきなり空手の試合してるやん。それで次の試合には、決勝戦で。めちゃくちゃ男前で、人気のある男の子が出てきて、そいつと決勝戦。

桂三度:うん。

千原ジュニア:次のページめくったら、反則負けで主人公が負けるわけ。「頭突き入れて、何が悪い?ケンカだったら俺の勝ち」って言ってて。それで、色んな格闘家の連中が闘って、賞金稼ぐ、みたいな話になっていって。次のページには、優勝したヤツが、街のチンピラにボッコボコにされてんねん。それで、iPhoneみたいな端末に、賞金の金額が書かれてて、ソイツを倒すと、その賞金が振り込まれる、みたいな。

山本吉貴:ほう。

千原ジュニア:そのチンピラが優勝した男前をボッコボコにして。そいつのカタキをとるために戦うってことで、主人公が登録するために、チップを埋め込んだ瞬間、チンピラがドツキに来よんねん。ドツかれたかと思いきや、その瞬間に小指をボッキリ折ってんねん。痛がるそこばっかり攻撃して、そいつボッコボコにして勝ちよんねん…アレ、一話なん?アレ、一話完結ちゃうか?(笑)

桂三度:え?終わりなん?

松本真一:ひょっとしたら、一話が出来すぎてたんかも分かりません(笑)ヤンキー漫画も格闘技漫画も読まないんで、そんな俺が面白いなって思ったから、ジュニアさん、ボクシングお好きやからってことで話したんですけどね。

千原ジュニア:これ、どうなんやろうなぁ。

【関連記事】
千原ジュニア、『浦沢直樹の漫勉』で漫画家の苦悩を知り感銘を受ける「芸人も、もっと知恵を絞らなアカン」

岡村隆史、漫画『テラフォーマーズ』を読み始めるも断念した理由「1巻と7巻を間違えた」

明石家さんま、東出昌大から貰った漫画『アオハライド』をモー娘。飯窪春菜から読むよう説得される


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:チュート福田、『ロンハー』の奇跡の一枚企画で奇跡が起きず「『どうにもなんない』とスタッフ同士ギスギス」

前の記事:爆笑問題・太田、清原和博へ手のひらを返すようなテレビ局の対応に「冷たいと思うなぁ」

本日の注目記事