TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光 「3歳下の後輩にお年玉をあげる不思議」

伊集院光 「3歳下の後輩にお年玉をあげる不思議」

2008.01.08 (Tue)
2008年01月08日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」で、芸能界における先輩後輩の間柄で渡される、お年玉についての一場面が語られた。

2人の後輩芸人(田代32とナナイロの斉藤)に、お年玉を渡さざるを得ない状況(生放送のラジオ番組に見学に来ていた)に陥ってしまった伊集院。一人はなんと37歳の自称若手芸人である田代32。「何故、こんな大人にお年玉をあげなくてはならないんだ」と思いながらも財布を確認する。すると、中には2万円ちょっと入っていた。

「千円しか渡さないと陰で『い千円(伊集院)さん』と呼ばれる。1万円渡してしまったら、後輩芸人が群れを成してやってきてしまう」と悩み始めた。しかたなく、「夜の街を散歩しよう」と誘い、途中のATMで現金をおろそうとした。

だが、千円札でおろそうかと思ったのだが、操作を誤り、一万円となってしまった。仕方なく、千円札を欲しいと思って両替をする機会をうかがい、街をうろつくことになった。その間、田代32のR-1に臨んでのどうでもいいネタに対するアドバイスをするハメになった。

後日、ナナイロの斉藤に訊くと、「両替する場所を探そうとしていたんだな、と分かっていた。正直、千円でも二千円でもいいから、早く欲しかった」と、伊集院の思惑はバレバレだったという。

【関連記事】
「伊集院光 深夜の馬鹿力」トーク集

伊集院光 「叶恭子の父親が撒いたビラを見ていた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事