TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光 「元・番組ADにイジめられる」

伊集院光 「元・番組ADにイジめられる」

2009.10.06 (Tue)
のはなしに2009年10月05日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、エッセイ集「のはなしに」の告知で、『大沢悠里のゆうゆうワイド』にゲスト出演していたことを明らかにしていた。

「大沢悠里さんの番組に出させて頂きましてね。こんなに長くラジオをやらせていただいてますけど、人様の番組に出させて頂くことは、ほとんど無くって。正直、ちょっと憂鬱でしたよ。呼ばれることがほとんど無いし、しかも生放送ですよ。どういう風に出演すれば良いのか、分からなかった」

「青原茂雄っていう、『深夜の馬鹿力』でADをやっていた男なんですけど、この男が番組のディレクターをやってるんですよ。茂雄って名前は、親父が『この子は長嶋茂雄みたいになる』ってことで名付けたみたいなんですよ。でも、左打ちだし、大して打たない。草野球をやらせても、大事なところでミスして怒られていた。仕事もそんなセンスもあったわけではない」

その青原ディレクターに、以下のようなことをされたそうだ。

「それでゲストで行ったら、案の定、イジメですよ。『アイツが来やがった』ってことでね。最初の嫌がらせは、本番に入る前に、ジングルを録ってくれって言われて。『♪大沢~悠里の~ゆうゆう~ワイド~』って歌わされるんですよ。俺が人前で歌うの、大嫌いって知っているのにも関わらずですよ」

「『そこはちょっと音が下がるんですよ』とか言って、何テイクも録らされた。『大沢悠里の…』みたいに、喋りっぽく誤魔化そうとしても、『木村拓哉さんも、ちゃんと歌ってくれたんですから』って言って、許さないんだよ。」

「そんな感じで、何回も歌わされた。それで、完全にテンションを落とされた。最後に『まぁ、これでいいですかね』って感じで、渋々OKする、みたいな感じだった。でも、その間に生放送始まっているんだよ。そういうことになると、アイツには放送をする上で用は無いってことか、嫌がらせに本腰を入れているってことじゃん」

ちなみに、放送自体に関しては、「悠里さんは優しかったね。エッセイ集を読んでくれた上で、その話をしてくれようとするんだよ。本を読んだ中で、『好きな食べ物は?』って感じで、内容に即したトークの流れを作ってくれるんだけど、もうだいぶ前に本を書いているから、忘れちゃっているんだよね。だから、アワアワしちゃって。ゴーストライターが書いたみたいな、松本伊代方式だよね」と話していた。

【関連記事】
伊集院光 「テレビに出演して思うこと」

伊集院光が語る 「ラジオとブログの類似点」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,深夜の馬鹿力,大沢悠里,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事