TOPたまむすび ≫ 蛭子能収、世間の反感をかわすために行っていることは「常にですね、貧乏人を装ってるんです」

蛭子能収、世間の反感をかわすために行っていることは「常にですね、貧乏人を装ってるんです」

2015.01.17 (Sat)
2015年1月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 』にて、漫画家・蛭子能収が、人気とともに増えていく世間の反感について、その反感をかわすために行っていることを語っていた。

正直エビス
正直エビス

伊集院光:…だけど、蛭子さんに1個だけ意見があるんですよ。

蛭子能収:はい。

伊集院光:僕ね、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が大好きなんですよ。

蛭子能収:はい。

伊集院光:凄い好きで、毎回観てるんです。でも、ここ何回か、蛭子さんがちょっといい人になろうとしてません?

蛭子能収:ふふ(笑)それをね、編集さんにもこの間、言われて。「蛭子さん、毒舌がないよ」とか言われて。

伊集院光:ええ。

蛭子能収:でも、前からあんな感じなんですよ。

伊集院光:決定的に違うと思ったのは、最新作で、蛭子さんは自分が食べてる御飯を、一緒にいたマドンナに…

蛭子能収:野村真美さんね。

伊集院光:野村真美さんにとられて、怒らなかったの初めてですよ

蛭子能収:ええ?そうですか?

伊集院光:だから、ウチの周りでは、「蛭子さんが、好感度を気にし始めたか、野村さんがタイプの女性かどっちかだぞ」ってなって。

蛭子能収:え?ホントに(笑)野村さん、凄い面白かったですね、たしかに。

伊集院光:あ、ちょっと気があったんだ?

蛭子能収:気は凄いありました(笑)

伊集院光:あんなに素直にあげたの、初めて観ましたよ。

蛭子能収:え?ホントに?それ、俺の嫌いなモノじゃなかった?

伊集院光:ふふ(笑)要らなかったから?(笑)

蛭子能収:覚えてないんですよ、それ。

伊集院光:あと、俺覚えてるのが、テレビのクイズ番組の途中で、ちょっと居眠りが始まったんですよ。

蛭子能収:そうでしたっけ(笑)

伊集院光:そしたら、居眠りしてるところ抜かれちゃってるから。それ、俺達からしたらギャグにしないといけないって思うのね。

蛭子能収:うん。

伊集院光:そしたら、一緒にいたアンジャッシュの渡部くんが、「蛭子さん、寝てちゃダメですよ」って言ったら、蛭子さんが「そういうこと指摘するのは、非常識だ」って怒ったんですよ。

蛭子能収:そうですか(笑)

伊集院光:俺、横で見てて、「寝るほうが非常識だろ」って思ったんですけど(笑)

蛭子能収:あれ、そんなこと言いましたっけ?(笑)

伊集院光:言いました、間違いなく(笑)

阿部哲子:でも、それが人気あるっていうのが凄いですよね。

蛭子能収:人気があるかどうか分からないけど。

伊集院光:少なくても、仕事はどんどん増えるじゃないですか。

蛭子能収:仕事は凄く多かったですね。

伊集院光:怖くないですか?

蛭子能収:怖いです。

伊集院光:だって、社会は蛭子さんがどんどん人気になると、応援してた人が急に「アイツ、調子に乗ってるぞ」って。

蛭子能収:そういう風に思われたくないので、常にですね、貧乏人を装ってるんですよね。

伊集院光:はっはっはっ(笑)それは言ったらダメじゃんか(笑)

蛭子能収:言ったらダメなんだよね(笑)

伊集院光:言ったら、「アイツ、貧乏人じゃない」ってバレて、今の現象が起こるから。

蛭子能収:凄いお金もらってるのに、でも、庶民のように振る舞わなきゃいけないから。そういうの、凄い気をつけてるんですよ。

伊集院光:いや、気をつけてないです(笑)全然、今のも出ちゃってるから(笑)

蛭子能収:言った時点でダメですよね(笑)

【関連記事】
伊集院光、『ソロモン流』の賢人・蛭子能収の発言に痺れる「楽してお金が欲しい」

伊集院光、蛭子能収が放った『三丁目の夕日』山崎貴監督への一言に驚き「泣ける映画=面白い映画じゃない」

蛭子能収、親の葬式でも笑ってしまう男が唯一大泣きした「妻の葬式」

蛭子能収が語る、イヤな仕事の割り切り方「仕事とは、みっともないことでカネをもらう対価」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 蛭子能収,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:蛭子能収、自分をダメに見せようとする理由「良いことで目立つのは、凄く人の心を刺激する」

前の記事:伊集院光、蛭子能収は自分のカッコ悪い部分を口にしてしまうと指摘「むしろ自分がダメなところを言う」

本日の注目記事