TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、VR技術の進歩で逆に高まる不満を逆手にとる提案「体が自由にならない状況を最初に作ればどうか」

伊集院光、VR技術の進歩で逆に高まる不満を逆手にとる提案「体が自由にならない状況を最初に作ればどうか」

2015.01.13 (Tue)
2015年1月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、バーチャルリアリティのヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift(オキュラスリフト)」を利用したソフト開発者である高橋建滋 氏に会い、そこで、さまざまな試作コンテンツを見せてもらったと語っていた。

その中で、VR(バーチャルリアリティ)技術が進歩すればするほど、「実際に触れたりすることはできない」「映像の中に参加している実感がなく、疎外感を感じる」といった不満を感じた、と伊集院は語り、「VR技術の限界を逆手にとったコンテンツを作れば良いのではないか」と提案していた。

Oculus Rift Development Kit 2 (DK2)
★最新商品★ Oculus Rift Development Kit 2 (DK2) / オキュラス リフト / 3D ヘッドマウントディスプレイ  [米国正規品]

前の記事からの続き:伊集院光、3D酔い・VR酔いが起こる原理に驚き「普段と微妙に違う感覚で脳が混乱」

「触れられない」ストレス

伊集院光:VR師匠(高橋建滋氏)が言うにはだけど、(オキュラスリフトでは)色んなことができる、と。でも、結局はエ□スもそうなんだけど、「ここまでパーフェクトにHな空間にいるにも関わらず、オッパイは揉めない」ってストレスの方がデカくなる、みたいな。

車座になって人が喋ってるところのVTRを撮って、色んな人が喋ってるのを見るのとか超楽しそうなんだけど、実際にやってみると、凄い疎外感なの(笑)全く自分が相手にされていないって疎外感が物凄いらしいんだ。

俺がコンテンツを作るとしたら…って話で、絶対にエ□なんですよ。でも、目の前に女性がいて脱いだりしているにも関わらず、何もできないって状況は、その不自然さに頭の中の脳みそ親方はビックリするかもしれないけど、ファーストシーンを、「椅子に縛りつけられるところから」にすれば良いって(笑)

自分が、ヒモでくくりつけられた状態で、前の女がジラし続けるってことならば、何の問題もない、と。何なら、ゴーグルと椅子と、俺をくくるヒモをセットで売ってくれれば、それに関しては脳みそ親方は、何の違和感も感じないだろうって。

そしたら、向こう(高橋氏)は真面目だから。「なるほど」と。そういうことか、と。「自分は、テクノロジーによって出来る方ばかりを考えてたけど、出来ないことに整合性を持たせる方が、リアルになるはずだ」と。

技術を補う「設定」

昔ね、タイトーかなんかで、PSかPS2で出た(注釈:PlayStation 2用ゲームソフトでソニー・コンピュータエンタテインメントより発売された『Operator's side(オペレーターズサイド)』と考えられる)…音声認識がまだショボイにも関わらず、出来るって言い張って、音声認識で、『バイオハザード』みたいな地下の迷宮を冒険してる女の子に、こっち側は、コンソール室にいるって設定で、「そこ右に曲がってくれ」って言うと、女の子が右に曲がる、みたいなゲームが出て。

全然ダメだったんだけどね。売れなかったし、テクノロジー的にも背伸びし過ぎだったんだけど、これの一番良いところは、音声認識にエラーが出ると、画面の中の女の子が「ノイズが凄すぎて、聞き取れないわ」って必ず言うの。これは、音声認識がまだまだ不自由だってことを逆手にとってるんだよね。

そこで彼女に、「音声認識ができません」って言われると冷めるじゃん。でも、そのごっこ遊びの中で、「ゴメン、この辺はノイズがヒドくて、音声が聞き取れない」って言ってくれれば、冷めないでしょ。

「だから、こういうことなんだ」って話で、熱くなって。(高橋氏と)ちゃんと話すのは初めてにも関わらず、「こういうのどうだろうか?最初に俺はロッカーの中で閉じ込められてる中で、そのロッカーの細い隙間の中から、女が着替えを始めるっていうのはどうだろうか?」「伊集院さん、それですね」って(笑)ただの性癖の話なんだけどね(笑)

相手にされないとしても、盗み見だから。疎外感じゃなくて、「見えてる、見えてる」って。これ、ロッカーとセットで売れば良いんじゃないかって。ロッカーの細いところに、ゴーグルをセットして売れば…ドヘンタイの話してるけど(笑)

コンソールの形の重要性

…じゃあたとえば、TENGAの凄いヤツ。USBで繋がってるTENGAみたいなヤツと組み合わせるのとか、未来は未来であるんだろうけど、今のテクノロジーから想像つくようなヤツだと、もうそれを装着してる作業の時に、もうダメになっちゃうから(笑)心がやられちゃうから(笑)

そうすると、俺が思いもよらない。椅子に座って、バーチャルリアリティの女性を見てて、そいつが股間に近づいてきたりして、急に装着されるんだったら…「お前、誰だ?」ってことになっちゃうけどね(笑)

それよりは、俺の中ではPS4用の「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」とかあるじゃん。それみたいに別売りの掃除のロッカーを販売して。掃除のロッカーの良いところは、あのちょっと外が見える格子の窓のところに、直接液晶画面を仕込んじゃえば、頭にかぶる、みたいな余計な作業が要らないじゃん。そのままになりますから、相当いいと思いますよ。

値段にもよるけどね…初めて、ソニーとイナバ物置が手を組んだりすると思いますよ(笑)

【関連記事】
伊集院光、最新技術が未来予想図から試作品になるとガッカリする現象を語る「一旦、後退する」

伊集院光が語る、映画『アナと雪の女王』に見る最新のCG技術と映画への応用の難しさ

伊集院光、WiiU『零 濡鴉ノ巫女』が怖くてプレイできない「さらにゲームが進化したらどうなるのか」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,オキュラスリフト,高橋建滋,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事