TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、映画出演などのオファーを断るワケ「バラエティーに出たくて頑張ってきたので」

土田晃之、映画出演などのオファーを断るワケ「バラエティーに出たくて頑張ってきたので」

2015.01.06 (Tue)
2015年1月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、映画出演などの俳優業としてのオファーを断る理由について語っていた。

土田晃之のガンダムにもの申す! (角川コミックス・エース)

リスナーメール:芸人として先輩であるダチョウ倶楽部さんのお2人から見て、今後、土田さんがもう一皮剥けるためには、何が必要だと思いますか?

肥後克広:もう十分だけどね…どうしよう、役者になるか?

土田晃之:ははは(笑)急に?

肥後克広:役者の部分を見てないな。

上島竜兵:俺も、それは推薦したいね。この後に及んで、リアクションをやってくれよとか、そういうことは要らない。回して欲しいからね。

肥後克広:MC的な要素も、もうできるわけでし。

上島竜兵:全部できてるからね。

肥後克広:見てないのは、役者だよね。

土田晃之:そうですね、お断りしているんですけどね。

上島竜兵:何で?やれば良いじゃん。

土田晃之:1回、映画のオファーが…結構、良い役で来て。実は、上島さんともその映画が一緒だったんですよ。

上島竜兵:そうなんです。

土田晃之:上島さんが、その映画をOKした理由は「土田がいるじゃん。じゃあロケが楽しそうだ」ってOKを出したの。それで行ったら、俺がいなかったという。

上島竜兵:いなかったんだよ。土田が違う人になってて(笑)

土田晃之:しかも僕は、3番手の役で、上島さんは5番手くらいの役で(笑)

上島竜兵:そうなんだよ(笑)

土田晃之:なかなか良い作品で、しかも途中で俺の役は台本2ページ半くらいの長台詞を大勢の前で泣きながら言うというのがあって。最初、ちょっとおもしろそうだなと。

上島竜兵:うん。

土田晃之:「こういう経験をするのも良いな」と思ったんですけど、まだまだ芸人としてテレビに出始めというか、色んなところに出てるところだったので、『さんま御殿』『ダウンタウンDX』からオファーが来た時に、「映画のロケのために断ります」っていうのはないな、と。バラエティーに出たくて頑張ってきたので、(映画のために出られないというのは)そっちはないと思ったから。

上島竜兵:その時はね。

土田晃之:そうです。

上島竜兵:あの時は、まだ若かったから。

土田晃之:その時は確か、上島さんに聞いたのがそのロケの合間か何かに『いいとも』を観てたら、俺がテレフォンショッキングに出ていた、と。

上島竜兵:そうそう。

土田晃之:映画にロケに行ってたら、出られなかったかもしれないから。

肥後克広:逆の考え方で、あなたのその2ページ半の泣くシーンを観て、「面白い、使おう」という人も出てくるかもしれない。

土田晃之:そうですね、それはありがたいです。ただ僕は演技とか全然できないですし。よほど大きな仕事でないと、やらないですよ。

上島竜兵:ははは(笑)

肥後克広:ハリウッド映画とか?

土田晃之:1回、ハリウッドを断っていますから。

肥後克広:え?!

土田晃之『ドラゴンボール』を断ってますから。

上島竜兵:正解だったというのはあるな、断って(笑)

土田晃之:渡辺謙と並びで、だったら考えても良いですけどね(笑)

肥後克広:どんだけ偉いんだよ(笑)

【関連記事】
土田晃之、博多華丸・大吉がTHE MANZAIに参加した動機について「有吉弘行ら中堅芸人にあるネタコンプレックス」

土田晃之が語る、仕事が多く回ってくる芸人の特徴「ひな壇芸人は、助け合いの精神」

雨上がり・宮迫博之×土田晃之、挑戦することの重要性を語る「スベることを恐れていては何も残らない」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,ダチョウ倶楽部,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事