TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光 「叶恭子の父親が撒いたビラを見ていた」

伊集院光 「叶恭子の父親が撒いたビラを見ていた」

2008.01.04 (Fri)
2007年12月31日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、叶姉妹の姉こと恭子(小山恭子)が、父親である小山輝男に暴力をふるわれた事件が公になる前に、恭子を中傷したビラが貼られているのを目撃していたことを明かした。

事件は、12月25日に恭子(45)の父親が借金の申し出をしたのだが、恭子がそれを拒否。怒った父親が、恭子さんとその場に居合わせた美香(40)を持っていた傘で殴打したという。

その前にも、父親は「親がガンの治療で困っているのに、叶姉妹は金を返さない」などというビラを貼っていたという。このビラを伊集院も目撃していたという。

実は、TBSラジオの放送局のある赤坂から、叶恭子が住んでいた周辺が近かったのだという。そのため、近くを散策していた時に、構成作家の渡辺と「何だコレ(ビラのこと)、おもしれぇ~」と発見するのを楽しみにしていたのだという。

何度か貼っては剥がされ、剥がされては貼って…という、執拗な行動の様子が見て取れたそうだ。その結果、この件がニュースとなり、ようやく合点がいったらしい。

【関連記事】
「伊集院光 深夜の馬鹿力」 トーク集

伊集院光 「何故、出演できるんだ中田カウス」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事