TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 雨上がり・宮迫 「天然素材がイヤ過ぎて、自分で歯を抜いた」

雨上がり・宮迫 「天然素材がイヤ過ぎて、自分で歯を抜いた」

2009.09.03 (Thu)
クイック・ジャパン79 (Vol.79)2009年09月03日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、雨上がり決死隊・宮迫がどれほど『吉本印天然素材』がイヤだったかについて話していた。話の発端は、リスナーからの「バッファロー吾郎のイベントに雨上がり決死隊が出ていた」という内容のメールが送られてきたときのことだった。

「蛍原さんは、客が笑わなくなってもギャグをやり続ける。本当に、ライブで一番ダメなパターンになっていた。腕を押さえているのに、同じボケを繰り返すみたいになっていた。暴走していましたよ。飲み屋でのノリですよ」

「久しぶりに"へびいちご"を見た。へびいちごの島川(島川学)は、結婚していた。指輪を見せられたけど、『あっそう…』って言って流した。…楽しかったな」と宮迫は話していた。

蛍原も「本当に楽しかった。イベントの後、お好み焼きを食べに行った。そうしたら、しましまんずの心にぃ(池山心)が、『宮迫は根っからのボケやな』ってコソっと言っていた。昔なじみの人が多かったから、ボケ合戦みたいになっていたからかな」と話していた。

その集まりは吉本印天然素材のメンバーが多かったようだ。そこで、以下のようなことを宮迫は話していた。

「みんな集まったから、『もう一度、天然素材のメンバーで集まって、何かできないかな』って話になった。まぁ、(若手時代にやっていた)ダンスとかはできないよな。それに、やらないよな」と宮迫が言うと、蛍原もそれに同調していた。

「あんだけイヤだった踊りを、どうしてもう一度やるんだ?やるわけがない。今更やるんだったら、当時も頑張って踊ってたよ」と話していた。

そこで宮迫は「歯を抜くほどイヤだったものだからな。ダンスの稽古がイヤで、歯を引きちぎってしまった。イライラしてな。グラグラした歯じゃないよ。普通の、健康な歯だよ」

「『これくらい、嫌なんじゃ!』って言いながら、歯を自分で引き抜いた。後で、大後悔。やらなければ良かったってね。でも、それくらいイヤだって、伝えたかった。自分でも、引きちぎれるなんて思わなかった。でも、引きちぎれた。それくらいイヤだった」と、天然素材時代のダンスなどが、どれほどイヤであったかを語っていた。

【関連記事】
アメトーーク!で、同期「NSC8期生芸人」をやらないワケ

雨上がり決死隊が目指す芸能人


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 雨上がり決死隊,吉本印天然素材,へびいちご,バッファロー吾郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:雨上がり・宮迫 「TENGAで絶叫する」

前の記事:伊集院光が語る 「若手芸人の辞め時」

本日の注目記事