TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、日ハムがリーグ戦で振るわずCSで善戦したことに「ホッとした」

伊集院光、日ハムがリーグ戦で振るわずCSで善戦したことに「ホッとした」

2014.10.21 (Tue)
2014年10月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、日本ハムファイターズがリーグ戦で成績が振るわず、トップ争いに参戦することなくクライマックス・シリーズに参加し、その中で善戦したことに「ホッとした」という複雑な心境を吐露していた。

北海道日本ハムファイターズオフィシャルガイドブック 2014
北海道日本ハムファイターズオフィシャルガイドブック 2014

伊集院光:僕は、クライマックス・シリーズのお作法みたいなものが分からなくてね。ふと思ったのが、日ハムも健闘しましたけど、今日、ソフトバンクに負けまして。ソフトバンクが日本シリーズに出ることになったんですね。

それで、僕は元々、クライマックス・シリーズがよく分からないっていうか。まず、制度が入る段階では反対派だったから。「1リーグ6球団しかないのに、3球団が日本一になるチャンスがあっちゃダメだろ」って思ってたから。「下克上」とか言うけど、なんかよく分かんねぇなっていうところがちょっとあって。

まず、「クライマックス・シリーズってものが出来ました」って段階で、ちょっと上手く乗れてないわけ。だけど、日ハムが土壇場で同点に追いついたり、中田翔選手がバカスカホームランを打ったりとか、引退決まってる稲葉選手が、代打に出ればヒットを打つ、みたいな展開が楽しくないはずはないから、目の前の試合は凄い楽しいわけ。

でも、ちょっとホッとするってところあるんですよ。最終的に、日本シリーズに善戦したけど出れなかったっていうのは。今回、ほぼ一回もリーグのトップ争いに参加してないんですよ。オリックスとソフトバンクが、凄い激戦の中で、2位にもなれなそう、4位にも落ちないっていうところを、ウロウロとしてたから。

お作法ってところで言うとね、福岡の人からしてみれば、「お前は、悔しがれ」って思うじゃん(笑)悔しがって欲しいじゃん、「参りましたって言えよ」ってことじゃん。

「善戦してくれて、ホッとしたっていえば、ホッとしてる」みたいなことを言われたら、それは北海道の人からしてみれば、「お前、曲がりなりにも日ハムファンを語るんだったら、日本シリーズ行きたかったって思わねぇのかよ」って思うし、福岡の人も、「お前、それズルくね?」みたいな。

こういう感じ、あるよね?逆ギレとも、負け惜しみとも違う…こっちが絶対に勝てないって思ってた相手に、案の定負けた時の「おめでとう」って拍手を送る感じ。何をすれば良いか分からないんですよ。

ソフトバンクホークスからしてみれば、苦労してリーグ優勝するじゃん。リーグ優勝して、今、多分、ホッとしてると思うんだよ。日ハムファンとは別に。負けたら、どうして良いか分からないもん。

球団の年俸決める人いるじゃん。あの人たとは、リーグ3位で日本一って時と、リーグ1位だけど日本シリーズに出ない時は、どっちが上って考えてるのかね。そこら辺もややこしくて。喜び方のテンションが全然分からないんですよね。

日本シリーズに出たら、凄いセールで、「日本ハム製品は全部タダ」ってことになるんなら、日ハムが勝って欲しいですけど、そういうことでもないじゃないですか。元々、目の前でいい試合が行われてれば良いんですよ。みんなが「うわ、スゲェな」ってプレイをしてればね。

大隣(憲司)投手も結構な病気(黄色靭帯骨化症)をして、戻ってきてこのピッチングだったりとかもするから、それはそれでまた、スゲェ話だなって思って。ただ、これは日ハムの熱狂的なファンも味方につけられないし、ソフトバンクのファンも、「お前、それなんだよ」って感じになるからね(笑)

【関連記事】
伊集院光「日ハム・大谷投手獲得への星野監督の的外れな批判」

伊集院光「日ハム・斎藤佑樹投手との対談」

オードリー若林、弱かった阪神タイガースを応援する意味を諭した父親の一言「勝つことの難しさを学ぶんだ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 日本ハムファイターズ,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事