TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「妻・香織との性生活を語る」

加藤浩次 「妻・香織との性生活を語る」

2009.08.02 (Sun)
2009年07月31日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、妻・香織との性生活について語られていた。話の発端は、リスナーからのメール投稿で、シニアの性生活についてのアンケートの紹介だった。

紹介されていた内容は、以下のものであると思われる。
シニアの性生活の悩み「とにかく飽きた」「面倒」など

株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズは、運営するシニア向け「毎日が発見ネット」の会員を対象に、シニアの「夫婦の関係、愛と性」についてアンケートを実施し、結果を発表した。

調査によると、シニアの性生活について、「必要」だと思っている人は40代では76.5%、50代では51.6%、60代では53.4%と、いずれも過半数を超える結果となった。


このことを受けて、「若い頃は気づかないんですよ。20歳代の頃は、40歳くらいになったら、興味とかなくなるんだろうな、と思ってたけど、逆に今、興味がドンドン出てきている」と話していた。

「20代の頃と、まったく興味が違っている。40歳になって…さらに、(性が)分からなくなる」と加藤は話していた。このことを受けて、加藤は以下のように話していた。

「たとえば、映画を観たり、本を読んだり、何度もそういうことをしていればしている人ほど、どんどん『まだまだ観ていない、読んでいない本がある』と思う。でも、映画を数本、本を数冊読んだだけだと、自分は『結構観たり、読んだりしているな』と思ってしまいがちなんだよな。それと同じ境地なんですよ」

「20歳代の頃、5~6人とHしたところで、『俺、結構しているな』と思ってしまう。でもね、一人の女と、何度もやると、『本当に同じ女か』と思うんだよね。嫁に対しても、こういう女だったか?と思うことがある」

「だから、している時に『ほんとうに香織か?』って訊くことがある。そうすると『香織だよ』って言われる」と、中高年には中高年の性生活の興味や意味があると話していた。

【関連記事】
加藤浩次夫婦生活のピークを語る

加藤浩次 「深夜、香織が急にベッドに入ってきた」


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 加藤浩次,緒沢凜,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

本日の注目記事