TOP未分類 ≫ 爆笑問題・太田、芸能界を干された原因は「ビートたけしの育ての親を騙る男」

爆笑問題・太田、芸能界を干された原因は「ビートたけしの育ての親を騙る男」

2014.10.07 (Tue)
2014年10月6日放送のテレビ朝日系の番組『ビートたけしのTVタックル』(毎週月 23:15 - 24:15)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光、田中裕二が出演し、太田プロからの移籍を巡るトラブルで、仕事がなくなってしまう結果となった経緯に、「ビートたけしの育ての親」を自称する男が絡んでいることを語っていた。

下世話の作法
下世話の作法 (祥伝社黄金文庫)

阿川佐和子:お2人は、「もうダメ」って思ったことあるんですか?

太田光:いくらでもありますよ、それは。干されてるんですから。

田中裕ニ:コイツが、定期的に問題発言して、その都度に怒られたりしてるから。

阿川佐和子:しばらくね(笑)

ビートたけし:俺、観るたびに局に電話してるし。「出すな、アイツらを」って。「爆笑問題を出すな、この野郎」って。「なんだアイツらは」って。若い芽は摘まなきゃいけないから。

大竹まこと:最初は、事務所を移るどうのこうので、10年くらい出れなかったもんな?

田中裕ニ:3年くらいです。太田プロから。

太田光:元々、たけしさんが悪いんですよ、アレは。

大竹まこと:なんで?

太田光:俺らをスカウトしたヤツがいて、「俺がたけちゃんを育てた」って言うから、その人に付いて行ったんですよ。そしたら、後でたけしさんに訊いたら、「あんなヤツ、知らねぇよ」って。

阿川佐和子:ああ、サギにあったんだ。

太田光:それで、一回、たけしさんに初めて会った時に、たけしさんの担当だったっていうマネージャーが、「たけちゃんに会ったことないだろ?」って。

田中裕ニ:僕らが新人の頃ですよ。たけしさん、お正月の『ヒットパレード』の時で。

太田光:フジテレビの特番で、それこそたけしさんが白塗りして何かやってたんですよ、相変わらず(笑)

田中裕ニ:コントみたいなのね。

太田光:あの頃から、本当に進歩してないですね(笑)

ビートたけし:うるせぇよ(笑)

太田光:フジテレビが、まだ河田町の頃ですよ。それで、俺らが緊張してたら、そのマネージャーだったって人が、「大丈夫だよ。俺が育てたようなもんだから」って。

阿川佐和子:友達みたいなね。

太田光:それで、「今からたけちゃんのところ行くから」って言って、「殿!」って言ったんですから、そいつ(笑)お前、さっきまでと全然違うじゃねぇかって。「殿、すみませんけど、今、よろしいでしょうか?」って。

ビートたけし:だって、アイツはその後、「たけしと爆笑問題を育てた男」ってなってんだよ。それで、お笑い塾なんてやってて。

阿川佐和子:まだご存命なんですか?

太田光:ご存命ですよ。

田中裕ニ:どっかで息づいてます。どこかで。

【関連記事】
干されていた爆笑問題を救った、TBSプロデューサー桂邦彦

土田晃之、ビートたけしに禁酒を言い渡されていた春一番の姿を明かす「芸人続けたかったら…」

千原ジュニアが語る、ビートたけしの驚異の記憶力「10数年前に共演したことを覚えている」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,太田光,ビートたけし,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類
次の記事:爆笑問題・太田、「ビートたけしは死にました」発言の裏側を明かす「局の上から下まで謝罪させられた」

前の記事:ビートたけし、爆笑問題・太田の誕生日プレゼントに困惑した理由「ジャケットに魚釣島って書かれてて」

本日の注目記事