TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、iPhone6 Plusを購入して後悔「自分に嘘をついてる時期が終わりました」

伊集院光、iPhone6 Plusを購入して後悔「自分に嘘をついてる時期が終わりました」

2014.10.07 (Tue)
2014年10月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、iPhone6 Plusに機種変更をして、後悔していると語っていた。

iPhone 6 Plus ケース
iPhone 6 Plus ケース, Spigen®  [滑り防止加工]  シン ・フィット Apple iPhone (5.5) アイフォン 6 プラス カバー (国内正規品) (クリスタル・クリア 【SGP10885】)

伊集院光と同番組のプロデューサー・池田卓生は、和歌山県・熊野古道を訪れた際、7 Kmもの道のりを歩いていた。その中で、様々な話をしており、特に印象に残っている話題は、池田が「やっぱりiPhone6の方にすれば良かった。だけど、さんざん、自慢してしまった手前、自分を誤魔化してきたけど…デカ過ぎません?」と言い出したことだったという。

前の記事からの続き:伊集院光、世界遺産・熊野古道のバス利用のルートがおかしいと指摘「熊野大社を見ちゃってから目指す」

伊集院光:2人で熊野古道を歩いている中で、色んな話をして。こういう機会もいいなって思うのは、7 kmも歩いてて、何もすることないじゃん。『Ingress』(伊集院光、アプリゲーム『Ingress(イングレス)』の基本ルールを解説)のポータルも全然ないの。

だから最近、自分の中で常識が変わったって思うのは、熊野古道って、お地蔵さんいっぱいあるわ。いかにもな古いお地蔵さんとか、いっぱいあるんだけど、絶対にポータルだって思っちゃうんだよね。東京でお地蔵さんでは、ポータルにはなってるから、絶対になってると思ったら、全然なってなくて。「なんだよ、ちっともありがたくねぇ」って(笑)こっちのほうが、絶対にありがたいと思うのに(笑)

それで、やることが全然ないから。ずっと歩いてて、近況の話をしてて。「どうなの、作る現場と編成の差は?」みたいな話をしてて。それ、普通に東京にいたらそんな話しないじゃん。疲れてくるから、何も話さなくなってくる時間も長いじゃん。しばらくかなり、その道にしてはキツ目のアップダウンみたいなものも出てきたりするんですけど。

こちとら、デブですから、膝も痛くなってきて。それで道としてもかなり細くなってきて。そういうムード…「ここで言うことは、忘れて欲しいんですけど」みたいな。「こういうことは、おおっぴらに言うようなことでもないから」って言い出して。

「そんなこと言ってる人は、他にいないと思うんだけど…伊集院さんだったら…」「何?何?」「ああ、別に旅先で言うようなことでもないんだけど…」みたいなそんな感じで。

アイツとは長いからね。アイツが、ペーペーでADもADで、しかもTBSの本社じゃなくて、子会社にいた時で、しかも別れたカミさんと付き合い始めた、付き合ってる頃から一緒で。結婚したり、ニューヨーク行って暮らしたりとか。戻ってきてTBS勤めになったりとか。

色んな紆余曲折してる間も一緒だったから。「やっぱ、言うわ…」ってことになって。
「伊集院さんも、iPhone6 Plusに変えたじゃないですか」「変えたよ」「これ、今日まで一生懸命、自分を騙して、そんなことないって思ってきたんですけど、失敗だと思いません?」って(笑)

今?(笑)古(いにしえ)の道で(笑)「iPhone6 Plusじゃなくて、6だったって思ってるんですよ」って話を(笑)「今?」その道すがらで、「安いものじゃないんで…あと、誰よりも早く買ったもんですから。誰よりも早く買って、自慢しちゃったもんで…認めたくない、『こっちの方が便利』って。慣れるまで、慣れるまでって思って。…でも、デカ過ぎません?片手で操作できないんだもの」って(笑)

俺も、「俺もそう思ってた」って(笑)これで、一応、俺の中でも自分に嘘をついてる時期が終わりましたんで。いや、ご批判はいただいても結構ですよ。まだ心の整理ができない人もいれば、「アレがちょうどいい」って人もいると思うんですけど。

ただ、iPhoneを今まで片手で操作してたから。「もう、もともとデカイから両手で操作する」って覚悟ができて買う人は、情報が分かって買う人は良いじゃん。それはそれで、分かってて買ってますから。「俺、老眼だからデカイ方がいいや」って感じで。あと、池田は池田で、「デカイ方がなかなか手に入らないんじゃね?」って感じでいったと思うんですよ。

でも、片手で親指を斜め上の画面までいかせようとすると、多分、何かの表紙にぶん投げちゃうね(笑)その感じが…多分、池田と色んな話をしたの。その7 Kmの間に。覚えてるの、その告白の瞬間と、「俺もだ」っていう(笑)

それで池田が、「今から、誠に異例ですけど、機種変って出来ないのか?」って話になって。「機種変をするとなったら、iPhone6 Plusって、いくらで下取りしてくれますかね」って(笑)それで、アイツ、電話したらしいんだよ(笑)さすがに今は、iPhone6 Plusを下取りして欲しいって人はいなくて、下取りのルールもありません、みたいなってて(笑)

基本、7 Kmを登ったり下ったりしながら、iPhoneの話をしてて。「う~ん…悪くはないけどね」みたいな話をしててね(笑)ただ、ずっと月賦で払い続けるじゃん。「月賦で払い続けるのに、早めに認めちゃうけど、24回ってキツイよね」って(笑)

俺は一括で買ったから認めますけど。月賦の人は、まだ認めなくて大丈夫です。デカイのと…あと、『Ingress』ができないんだよね。iPhone6 Plusに対応してなくて、小さい画面になった上に、画面の端っこに、2/3くらいの大きさで表示されるんだけど、タッチされるポイントは全体に対応してるらしくって。右上のタブを押したいと思うと、想像の部分を…そういうゲームか、と(笑)

【関連記事】
伊集院光、世界遺産・熊野古道のバス利用のルートがおかしいと指摘「熊野大社を見ちゃってから目指す」

伊集院光、アプリゲーム『Ingress(イングレス)』の基本ルールを解説

伊集院光、池田卓生氏が『深夜の馬鹿力』ディレクターを降りることとなったと明かす


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,池田卓生,iPhone6,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事