TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、世界遺産・熊野古道のバス利用のルートがおかしいと指摘「熊野大社を見ちゃってから目指す」

伊集院光、世界遺産・熊野古道のバス利用のルートがおかしいと指摘「熊野大社を見ちゃってから目指す」

2014.10.07 (Tue)
2014年10月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、世界遺産にも指定された熊野古道で、熊野大社を訪れる際、一度、熊野大社に着いて見てしまってから、もう一度、発心門王子などから目指すことになるバスのルートがあることに、疑問を呈していた。

のはなしし
のはなしし

伊集院光:この番組の元のプロデューサーの池田(卓生)が、ちょっと偉くなって。編成でございますって感じで。背広を着てね。「お前ら現場の虫けらどものクビを飛ばすのなんか、簡単なんだぞ」みたいな威圧感をグイグイ出してくるじゃないですか(笑)

あと、「iPhone6 Plusを褒めろ」の空気をたまに出してくるじゃないですか。ここはね…媚びへつらうっていうのも、なんですから。俺はそういうんじゃなくて、一匹狼でやってきたから。「アナルを舐めさせてください」ってくらいですよ(笑)

「よろしければ、菊座の方をぺろんちょさせてください」くらいの感じしかないですよね(笑)「靴だけですかぁ~アナルも舐めさせてください」くらいの(笑)それくらいの毅然とした一匹狼ですから(笑)

そのプロデューサーの池田と話をしてた時に…彼は、世界遺産を巡るのが凄い好きなんですよ。それで、「富岡製糸場に、早くも行ってきましたよ」みたいなことを自慢してきまして。「ああ…そうっすか」みたいな(笑)みんなの反応でしたけどね(笑)

「今は糸は作ってるんですか?」「そりゃあ、作ってないよ」みたいなどうでも良いヤツ(笑)「君らと違って、早くも行ったよ」「そりゃあ、羨ましいですね」みたいな感じですけど。

接待するのに、和歌山の熊野古道っていうところがあるんで、そこも世界遺産で、前から「行きたい、行きたい」言ってたんですけども。今、みんな「面白いトークになるの?」みたいな、ウキウキしてるところでしょ?…ちょうどカミさんの弟の命日(伊集院光、病死した義弟のノートに記された文字が招いた誤解を解く「ふっかつのじゅもんです」)が重なったもんですから。

弟が中学のときに亡くなって、その命日が重なったんで、和歌山のカミさんの家に行く用事がありましたんで…いる?この部分(笑)本当のところなのに(笑)

行く予定もありまして、土日が空いてたんで、池田プロデューサーの肛門を舐める意味も兼ねて、熊野古道に行きましてね。そこで舐めれば、俺が大沢悠里の後釜になるって決まってんだって思って(笑)いただいてやろうと思ってね(笑)こうなったらいただいてやろうと思ってね。

それで行くことになってね。…急に、竹内アナが聴いてるんじゃないか(伊集院光、テレ朝・竹内由恵アナがリスナーと知り動揺「今まで俺のことをどう思ってた?」)って思ったら、ゾクゾクしてきたぜ(笑)俺の御柱が、ゾクゾクしてきたぜ(笑)今日、オンエアになってたね(笑)

それでさ、「土日ヒマだから。金曜日がカミさんの弟の命日だから。弟が好きだった、森永のエンゼルパイを墓前に据えたら、それでやることがないんだ」なんて言ってね。それで、土日にやることがないっていうんで、熊野古道に行こうかって話になって。

特に背広組で偉くなっちゃったから、そうなると土日休みじゃん。現場がないから。それで行こうかって話になって。それで、「僕、全部プランニングやります」とか言い出すわけ(笑)おそらく、細くて寂しい道に、アイツの方からくると思う(笑)自然石の石畳で、足をグギった振りをして、前のめりに這ったりすると思うんで。「痛い、痛い…」「今だ!」って。阿吽の呼吸ですよね…「あ、うん…」なんつって(笑)バカなんじゃねぇのか、お前は(笑)数秒前にカミさんの命日の話をして、「あ、うん…」じゃねぇんだよ!

日本中にある数十ヶ所ある世界遺産があるんだけど、もう3つくらいしか、行ったことのないところはないんだって。その中に熊野古道が入ってるってことは、俺が約束したのもあるからなって思って。それを付き合って、処理しよう、くらいのもんですよ、こっちは。肛門うんぬんは、ウソです(笑)「ウソです」って言うと、ちょっと本当な感じも出るね(笑)

熊野古道っていうのは、熊野大社っていうデッカイ神社があって。そこに行くのに、それこそ天皇とかが、田辺の方まで海路で行って、そこから陸路で行く参拝のルートで。さらには、高野山に向けて、修行僧の人が行ったりもする、山の中の古の道なわけですよ。

それでいて、熊野古道の全体が世界遺産になってるけど、これが世界遺産マニア泣かせらしいのね。ルートがいっぱいありすぎて、しかも範囲が範囲が広すぎて、どこに行けば世界遺産をクリアしたことになるのかよく分からないって。

行く参拝のルートも、色んなルートがあったりとか、本宮っていう、メインのところ以外にも、「ここも含まれてる」ってところがいっぱいあって。俺からしてみれば、本宮に行けばいいだろうくらいなんだけど、工程表みたいなの張り切って作ってきてさ(笑)朝の何時に田辺駅前に集合でバスに乗ります、みたいなの書いてあって。

見たら、「一日目」って書いてあるわけ(笑)一日目が、7 Kmくらい山道を歩くコース、みたいに書いてあって。その後に川下りをして、もう一個ある、熊野速玉大社っていうところへ行きます、みたいな。

俺は、もう本宮に行けば良いから。そこ、7 Km歩くんだよ。もう、十分じゃん。なのに、そこに行きますってなって。しかも、お泊りして「2日目は、那智の滝を見に行きます」って。

那智の滝って、その滝の横のところに、神社(熊野那智大社)があって。そこも行きますって。石段が500段くらいあって。それを登るって。もう、全然そこまで付き合いきれないから。石段なんかで、突き飛ばして肛門を舐めようと思ったら、どこまで落ちてっちゃうか分からないからね(笑)

俺は一日目しか付き合わないよって話で行くことになってね。熊野古道って、何本かある中の、割りとメジャーで簡単な道っていうのがあって。一番長いのは、修行僧が3泊4日で歩き続ける山とかあるらしいよ(笑)

簡単なところがそこだって言うんだけどね。発心門(ほっしんもん)王子っていうポイントポイントがあって。発心門王子というところから、熊野速玉大社まで行く道。山の中を軽いアップダウンがある中、7 Kmくらいの道を行きますっていう。そのルートが全然分からないのは、田辺駅からバスで行きます、と。俺は義理のお父さんとお母さんに送ってもらって行って、そこに集合は分かるわ。そこから、バスに乗るの。

そこからバスに乗って、一旦、熊野大社に行くの。そこから発心門王子まで、もう一本のバスに乗って、熊野大社を目指していくのね。なに、それ。一旦、目標のヤツを見るの何?(笑)

最初に着くのが、目標になるヤツだよ。アメリカ縦断ウルトラクイズで、「ニューヨーク行きたいか!」って言ってるのに、一旦、ニューヨークに行ってからっていうのないでしょ(笑)ニューヨークに行ってから、成田に戻ってから悔しかった人が福留さんをピコピコハンマーで殴る、みたいな(笑)でも、俺、ニューヨークに行ったからいいやってなるでしょ(笑)

その感じがあるんだよね。一旦、見ちゃってるんだから。俺からしてみれば、7 kmをヘトヘトになって歩いたところで、ゆるい道だとはいえ、125 Kgのデブなりの修行として、それと霊験あらたかな道を歩いて心が清められ、疲れたところで邪念も消えたところで、「ここかぁ、ありがたい!」って感じじゃん。一旦、そこに行っちゃうヤツなんなの?

一旦、自由の女神を見て、「ここがぁ…」って言ってからのスタートってなんなの?もうここが地球だって分かってからの『猿の惑星』って、何なの?その感じなんですよね。もう、見ちゃってるからね、エンディング(笑)

…発心門王子っていうスタート地点に行って。泊まりがけで行くような人にとっては途中なんだけど、俺達のスタート地点まで行くわけ。いよいよこっからだって思うじゃん。それで、バスが通れるような道に行くわけ。それでバスを降りて。

すると、そこにお賽銭箱があったり、小さな神社があるんだけど、そこで手を合わせて、「さあ、行こうって」思うんだけど、苔むした鳥居があるんですよ。道幅1.5 mくらいで、両サイドに杉の木がズラーってある、ただただまっすぐな森の中に入っていく道があって。それが、右側の奥なんです。

それで、左側には、今来たバスの舗装道路があって。まさか、熊野古道が舗装道路の方だと思わないでしょ(笑)超フェイントなの(笑)そこにいたおじさんに聞いて初めて分かったんだけど、「そっちの、それっぽい方を行ったら、迷子になっちゃうよ」って(笑)いかにも熊野古道の方は、熊野古道じゃねぇの(笑)罠なんだよ(笑)

【関連記事】
博多大吉、博多祇園山笠の期間に博多を出歩けないワケ「何してるんだ、顔も出さないで」

伊集院光、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』第11弾で蛭子能収を6発殴りたくなる

伊集院光、病死した義弟のノートに記された文字が招いた誤解を解く「ふっかつのじゅもんです」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,世界遺産,熊野古道,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事