TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で蛭子能収の毒気が抜けて残念「悔い改めちゃってる」

伊集院光、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で蛭子能収の毒気が抜けて残念「悔い改めちゃってる」

2014.09.16 (Tue)
2014年9月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、13日放送のテレビ東京系の番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』について、人気コンテンツ化して変わってしまっていた、と指摘していた。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 四国ぐるり一周編
ローカル路線バス乗り継ぎの旅 四国ぐるり一周編 [DVD]

今回、第18回目を迎えた『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』であるが、その魅力はなんと言ってもチームの和を乱す蛭子能収の人間としてのダメさ加減だという。旅館に泊まろうとしているところ、頑なにビジネスホテルが良いと主張しだしたり、「もう少し頑張って先まで行こう」と俳優・太川陽介に言われるも、疲れたと言って移動するのを拒んだりするといったことを平気でやるあたりを、伊集院は楽しんでいたのだそうだ。

また、ゴールして、もう少し先の竜飛岬の灯台から夕日を堪能しようという流れになるも、ゴールした途端、蛭子が「俺の仕事として請け負ってるのは、バス停までだから」と、頑なにその先に行くことを拒むことなどもあり、そうした蛭子のわがままぶりなども良かった、と伊集院は語っていた(伊集院光、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』第11弾で蛭子能収を6発殴りたくなる )。

テレビの予定調和を崩し、自分に正直な気持ちを率直に口にする蛭子を、「殴りたい」と思いつつ観るということが、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の大きな魅力のようだ。ところが、今回の放送では、そうした蛭子のダメさ加減は、あまりみられなかったという。

「色んな人に言われるんだろうね。今回、蛭子さん、ちゃんとしてるんですよ。それで、ディレクターも蛭子さんの味だから、間違ってるところ出したいんだろうね。でも、今回、地味だったよね」と伊集院は語り、以前にあった蛭子の"良さ"が失われてしまっている、と指摘した。

伊集院は、以前に拒んでいた旅館を、「旅館、良いもんだ」と発言したり、「朝食のおかずをシェアすることを拒んでいたのに、許していた」といったことに引っかかりを覚えつつ観ていたようだ。

「やっぱり、この辺で原点回帰みたいなことをしないと。蛭子さんを、元の悪い蛭子さんに戻すためには、どうしたら良いのかね」と伊集院は語り、ぜひともシリーズの原点に立ち返って欲しい、蛭子に元に戻って欲しい、と語っていた。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の魅力

案の定というか、僕は毎回、蛭子能収さんが「人としてどうなの?」っていうね。蛭子さん、本(ひとりぼっちを笑うな)とかお出しになって、事務所に送られてきて読んだりとかして。良いこと書いていて、凄く面白い本になってるんですけど、なんって言うんですかね…蛭子さんが面白いってことに全く異論はないんですよ。面白いんですよ。予定調和を壊す人だから。

でも、蛭子さんが良い人かどうかって言ったら、絶対に良い人じゃないです(笑)みんな、考えてもらったら分かると思うんですけど、ああいう人を映すために、テレビはある気がするんです。

なんか、お笑い同士の絡みにみんなが飽きだしたのは、お約束っていう決まり事であったり、お笑いの人はみんな、空気が読めるから。それが全部予定調和っぽくなる中に、「人としてその空気の読めなさはどうなの?」っていう蛭子さんが入ってくることの新鮮さや面白さだと思うんですよ。今、あのコンテンツ(『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』)がウケてるのは。

だから、みんな冷静に考えて欲しいのは、蛭子さん、テレビで観ると超面白いけど、そばにいたら絶対にイヤだと思うよっていう。そこは、ブレずに持っていて欲しいんですけどね。

それでいて、僕が毎回、『路線バスの旅』大好きで、割りとこの業界では、早めに注目してた方だと思うんですけど。ずっと観てて、1つは「マドンナの人選がいいとこ突いてくるな」っていうのが好きなんですね。

もう一つは、もし僕が太川陽介さんの立場でバスに乗ってたら、蛭子さんを何回ぶん殴りたくなるだろうって(笑)何回ぶん殴りたくなるかを、正の字でつけながら観るのが好きなんですけど。

マドンナの人選について

今回、マドンナが『渡る世間は鬼ばかり』に出てる女優さんだよね。野村真美さんって言ったかな。中堅の女優さんで、割りと浮き沈みなく中堅のところにいる人なんですよ。趣味でハイキングに行かれるってことで、健脚だってことも、その条件に入ったと思うんですけど、「そこ、違うんじゃねぇの?」っていう(笑)ウダウダ言うヤツの方が良い(笑)

歩きたくない空気を出してくるとか。あと、誰とは言わないけど、『路線バスの旅』も、初めの頃はマネージャーがテレビの仕事欲しくて引き受けちゃったけど、本人、「こんな過酷だとは聞いてなかったよ。バスに乗るだけじゃねぇの?」っていう空気を出してくる人が多かったんですけど、最近ではこのコンテンツが有名になっちゃったから、覚悟した上に、出来る人が呼んじゃうじゃないですか。そうじゃないんだよね、俺の中では。

さとう珠緒良かったなぁ(笑)あの感じなんですよね。今、俺の中では藤森夕子あたりが良いかな。おまけして、はしのえみかな。はしのえみが、うっかり来ちゃうのが良いんですよね。頑張るんだけど、たまに「こんなはずじゃなかった」って疲れが出ちゃうのが良いんですよ。この番組、有名になることで、来る方も覚悟してくるっていうね。これが小さな一つですね。

蛭子能収の変化

蛭子さんが、今回、正の字(殴りたい数)が全然進まないんですよ。ご覧になった方は分かると思うんですけど、蛭子さん、気づいてきちゃってるんですよ。

蛭子さん、やっぱり間違ってるんですよ。蛭子さん、良い人になることがあの番組の人気が続くことでは、絶対にないですよ。だけど、視聴率が上がって、周りが言うんだろうね。しかも、あれ起点で、仕事が何倍にも蛭子-太川ペアで増えてるじゃないですか。

色んな人に言われるんだろうね。今回、蛭子さん、ちゃんとしてるんですよ。それで、ディレクターも蛭子さんの味だから、間違ってるところ出したいんだろうね。でも、今回、地味だったよね。

重箱の隅をつつくようにして見ると、いくつかあるんだよ。感動の瞬間、みんながハイタッチしている時に、蛭子さんが小さな声で「痛い、痛い…」って言ってるのとか(笑)それは、やっぱり俺の中では「そこ、どんなに強くハイタッチしても良いところでしょ」と思うのに、マドンナと太川さんが喜んでハイタッチして、蛭子にいったら「痛い、痛い…」って言ってるところ。

あと、「明日の朝は○時集合ね」って伝えて。今日は伝えることこれだけだから、それだけ分かったら終わりってなった途端、「明日、何時?」って訊く感じとかね(笑)でも、いつもに比べたら、全然なんですよ。正の字の半分もいかないくらい。扱いやすい蛭子さんなんですよ。

これ、絶対に周りの人に言われて改めちゃったなって思うのは、まず旅館をイヤがらない。「旅館、良いもんだ」って言い出したんだよね。アレだけビジネスホテルに泊まりたいって言い続けたのに、「旅館、良いもんだ」発言。

あと、蛭子さんが何より嫌いだって本にも書いてることなんだけどね。普通は思っても口に出さないことなんだけど、思っちゃうじゃん。みんな口に出さないから平気なのかなって思うじゃん。でも、実際は思ってる。その中で、蛭子さんが口に出すじゃん。それで、「蛭子さん、俺もだよ」って親近感を覚えるんだけど、冷静に考えて。口には出さないよね(笑)

ああいう番組で、朝ごはん食べたときに、蛭子さんは、ご飯をシェアするのが大嫌いなんですよ。凄い分かるのよ。「これ、ちょうだい」って言って、自分のモーニングセットの中から、日本のウインナーの内、1本をとるヤツっているじゃん。

俺はもう、無言で手の甲をフォークで刺すくらいの気持ちですよ。でも、言わぬが花じゃん。「アハハハーハーハッ」ってなるじゃん。でも、蛭子さんはイヤだって言うんですけど、今回、言わないの。

キートン山田さんのナレーションで、「蛭子さん、いっぱい頼みすぎたから、今日は許すんですよね」ってつけてるんだけど、俺、違うと思うんだよな。アレが感じ悪いんじゃないかってことを蛭子さん、学んで言われて直してる気がするんだよね。

直しちゃダメなの(笑)俺たち、間違えずにテレビを観て行こうぜってことなんですけど、ムカつくじゃん。ムカつくこといっぱいあるじゃん、テレビ観てて。でも、これ実は解消されると面白くないって変なところにあるんだよね。

バラエティ番組の中のムカつく登場人物とかを、気持ち的には「アイツ、出すんじゃねぇよ」って思うんですよ。だけど、出さなきゃダメなんですよ。結局のところ、「蛭子さんを殴りたい」って思うんですけど、その気持ちこそが、俺が番組にツッコんでるってことだから。

なんかね…この18弾は、蛭子さんが色んなところを悔い改めてるっていう。改めちゃったっていう。イラつかなくなっちゃってるってことが、ちょっと悲しいんですよね。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の原点回帰を

マドンナの人も、斜めに見ると、あのマドンナの人も、覚悟して来てるじゃん。凄い覚悟して、『路線バスの旅』ってどういうものかって、真面目に取り組んでると思うのね。歩くことも辞さないって気持ちで行ってると思うのね。

その状況で、千春とかさとう珠緒とかみたいに、迂闊に来てないんですよ(笑)真面目に勉強して来てると思うんですよ。それで、蛭子さんのメシからおかずをとるってことは、多少、そういうこと分かってやってるんじゃないかって思ってるんですよ。

だって、蛭子さんが「一番嫌いなこと」って言ってるんだから。蛭子さん、「人が握ったおにぎり、食べたくない」って堂々と公言してる人だから(笑)

やっぱり、この辺で原点回帰みたいなことをしないと。蛭子さんを、元の悪い蛭子さんに戻すためには、どうしたら良いのかね。もっと疲れさせる?(笑)前の日に、他の過酷なロケを入れて、蛭子さんが取り繕うとしてもダメみたいなことにするとかね(笑)

そういう曲がり角にいますね。でも、回としては相当面白いんで、オンエアがまだの地域の方は観て欲しいですけどね。

【関連記事】
伊集院光「『路線バスの旅』に欠かせない蛭子能収のクズっぷり」

伊集院光「予定調和なテレビ番組を破壊する蛭子能収」

伊集院光、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』第11弾で蛭子能収を6発殴りたくなる


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,蛭子能収,太川陽介,ローカル路線バス乗り継ぎの旅,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事