TOPオードリーのANN ≫ オードリー春日、ヒロシが売れてない妬みをファンにまでぶつけていたと明かす「ツイッターに本音が…」

オードリー春日、ヒロシが売れてない妬みをファンにまでぶつけていたと明かす「ツイッターに本音が…」

2014.09.15 (Mon)
2014年9月13日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が、アンガールズ・田中卓志 脚本・演出の舞台『田中は考え中 第3幕』に出演し、共演したお笑い芸人・ヒロシの売れているタレントたちへの妬みが強すぎて、もはやその妬みが芸の域に達している、と語っていた。

ヒロシです。
ヒロシです。

舞台1回目の終了後、ヒロシの出待ちをしていた観客がおり、「凄く良かったです。面白かったし、私、感動しました」と声を掛けてきたのだという。

だが、舞台中、ヒロシがほぼ最後までお面を付けて演じていることに関して、「ただ、僕が思うに、お面は最後、とらない方が良いと思ったんですけどね」と意見を述べた。すると、ヒロシは「ちょっと待て。お前な、テレビでも見れない。こういう舞台の上でも顔を出しちゃいけないのか?じゃあ、どこで顔を出せば良いんだよ!」と、その観客に言い放ったという。

春日は、「その人は、悪気があって言ったことじゃないし、ヒロシさんがミステリアスで終わる方が、その人にとっては良かったんじゃないですか…決して、顔を出さないでくれって言ったわけじゃないですよ」と、ヒロシを窘めたという。

その春日の言葉で、ヒロシは「俺は敏感になり過ぎている」と、メディアにあまり出ておらず、仕事が少ない現状に過敏になっている、と反省したという。

だが、打ち上げに参加したヒロシは、「来年は稽古中のテレビ出演自慢は禁止でお願いしたい」とツイートし、やはり他の出演者に比べて仕事が少ないことを引け目に感じて、妬んでおり、全然変わっていない、と春日は語っていた。

なお、この『オードリーのオールナイトニッポン』で若林と春日がヒロシの演技を褒めていた、とファンから伝えられると、


とツイートし、やはり素直に言葉を受け取っていない様子であった。

春日俊彰:今回、ヒロシさんが、ほぼ舞台、お芝居中にお面を付けてるんですよ。

若林正恭:うん(笑)

春日俊彰:自分で描いた、女の子の顔のお面をダンボール紙みたいなのに描いて付けてるっていう役なの。それはそれで面白いし、上手かったんだけど。

若林正恭:うん。

春日俊彰:それで1回目の公演が終わった後に、劇場を出たら、見に来た男のお客さんがヒロシさんのところに来て。「すごく良かったです」と。

若林正恭:おお。

春日俊彰:「面白かったし、私、感動しました」と。

若林正恭:うん。

春日俊彰:ヒロシさん、お面を最後でとるんだけどね。「ただ、僕が思うに、お面は最後、とらない方が良いと思ったんですけどね」って。そしたら、ヒロシさんが「ちょっと待て。お前な、テレビでも見れない。こういう舞台の上でも顔を出しちゃいけないのか?じゃあ、どこで顔を出せば良いんだよ!」って言って(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)なんか、悲哀がある話だなぁ。

春日俊彰:そう言って怒ったの(笑)

若林正恭:良いって言っちゃアレだけど…山田洋次監督で、1本映画作れるね(笑)『ヒロシ』っていう(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)そんな話をしてて。「その人は、悪気があって言ったことじゃないし、ヒロシさんがミステリアスで終わる方が、その人にとっては良かったんじゃないですか」と。「決して、顔を出さないでくれって言ったわけじゃないですよ」と。

若林正恭:その人の見方ってことだよね。

春日俊彰:そういう風に言ったら、「たしかにな、そうだな」って反省してて。「俺はね、敏感になり過ぎてる」って。

若林正恭:やっと気づいた(笑)そんなの、ずっとそうでしょ(笑)

春日俊彰:敏感になり過ぎてて、「蔑まされてるんじゃないか」って思いすぎてる、と。「こういうことは、もうやめる。前向きになる」って言ってまして。

若林正恭:おお。

春日俊彰:それで、私だけ打ち上げがあったんだけど、ラジオがあるから、こっちに来たんですよ。

若林正恭:はい。

春日俊彰:打ち上げの様子が気になったから、ヒロシさんのツイッターを見たのよ。

若林正恭:うん。

春日俊彰:「今回、面白かった。ただ、次回の稽古の時には、くれぐれもテレビ出演の自慢はしないように」って書いてあったの(笑)




若林正恭:気になっちゃってる(笑)自慢だと思ってるの?

春日俊彰:自慢じゃねぇって(笑)

若林正恭:みんな「今日、こんなことがあってさ」って話してるだけなのに?(笑)

春日俊彰:そう(笑)ヒロシさんはずっと「こいつら、テレビに出た自慢をしている」って(笑)

若林正恭:ふふ(笑)

春日俊彰:「気に食わん」って思ってたみたけど、言わなかったみたい(笑)

【関連記事】
オードリー若林、ヒロシの妬みの強さがもはや芸だと絶賛「一番のモンスターはヒロシさん」

オードリー春日、『すべらない話』に勝俣州和がヒロシを推したと明かす「妬みが面白くなり過ぎちゃってる」

おぎやはぎ矢作、ヒロシとサンミュージックの揉め事を鋭い推理で明るみに出す


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,ヒロシ,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事