TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、春日の新番組『ミレニアムズ』のタイトルへの反応に驚き「ダサくないかい?」

オードリー若林、春日の新番組『ミレニアムズ』のタイトルへの反応に驚き「ダサくないかい?」

2014.09.07 (Sun)
2014年9月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、10月18日から放送開始予定のフジテレビ系の番組『ミレニアムズ』(毎週土 23:10-23:55)について語っていた。

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ

別番組の打ち合わせということで、フジテレビに入ったところ、駐車場でスタッフにより目隠しにヘッドホンという格好をさせられたという。そこで、「駐車場で目隠しされて、ヘッドホンつけられて。『これ、ドッキリだな』って思って。その瞬間、色んなことが頭のなかを駆け巡るね。ああ…『めちゃイケ』だって。この無茶な感じ」と思ったそうだ。

そのままスタジオに連れて行かれて、そこで「新番組『ミレニアムズ』が始まります」と明かされたという。そこで、若林は相方・春日の反応に驚いたとそうだ。

「そのメンバーで、番組が始まります、と。『ミレニアムズ』ですってタイトルが出た瞬間、春日早かったよね。『ダサくないかい?』って(笑)」と、いち早く春日は反応し、タイトルがダサい、と指摘していたという。

春日は、「(サプライズ発表で、新番組が始まると知らされ)大きく振った割りに、『ミレニアムズ』だったから、『なんかダセェな』って」と、ダサいと思ってしまった理由について説明していた。

若林正恭:私、このラジオでもスペシャルウィークの企画にもしてもらったくらいのことで。

春日俊彰:うん。

若林正恭:フジテレビで、お笑いコンビ数組が番組をやるってものに、入れなかった、と。そういうことで、勝手にやってしまおうってことで、春日さんが考えた『戦慄の腰掛け』という番組が立ち上がったじゃないですか。

春日俊彰:センコシね。あと、『コントの七人』ですね。2回やりましたよ。

若林正恭:そんなのやりましたよね。知ってる方もいるかな。フジテレビで、このたび、『ミレニアムズ』という番組をやることになりまして。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それがまた、メンバーがオードリー、ナイツ、流れ星、山ちゃん、ウーマンラッシュアワーということで。そういえば、女の子が入ってないんですよね。

春日俊彰:うん。

若林正恭:コントはやらないみたいなんだよね、コント師が1人もいないから。みんな漫才師だからね。

春日俊彰:そうだね。

若林正恭:それで、発表というか。番組始まって…番組できるっていうのは、一回特番やって。夕方か深夜で特番やってるでしょ。2回やるときもある。それで、1回ゴールデンでやって、数字が良かったらレギュラー。

春日俊彰:うん。

若林正恭:1クールに1回ずつ、2クールに1回ずつやってるんだけど、なかなか結果が出ないなって(笑)レギュラーになるかどうかっていうのもあるじゃないですか。

春日俊彰:うん。

若林正恭:何もなしに…目隠しされて。フジテレビの別の番組の収録っていうことで行って、駐車場で目隠しされて、ヘッドホンつけられて。「これ、ドッキリだな」って思って。その瞬間、色んなことが頭のなかを駆け巡るね。「ああ…『めちゃイケ』だ」って。この無茶な感じ、目隠し…「シンクロナイズド・テイスティングだ」って思って。途中で着替えるのかなって思ってね。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、それは口に出さない方がいいから。あと、候補であったのが、私がフジテレビでやってる『未来ロケット』っていう番組がね、ゴールデンに上がるっていう(笑)

春日俊彰:おお(笑)

若林正恭:連れて行かれて、目隠しとったら、セットが豪華になってて、ゴールデンに上がります、みたいな。もしくは11時台に上がります、みたいなね。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、目隠しとったら、全然違うんですよ。目隠しとって、初めて目に入ってきたのは、ナイツの2人ですよね。地味な格好したナイツ。

春日俊彰:はいはい。

若林正恭:お客さんがキャーって。みんなもドッキリでしたから、目隠しとって、お客さんが既に入ってて。モニターで出るんですよね。

春日俊彰:そう。

若林正恭:そのメンバーで、番組が始まります、と。「『ミレニアムズ』です」ってタイトルが出た瞬間、春日早かったよね。「ダサくないかい?」って(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

若林正恭:今日日ね…っていうのもあったんでしょうね(笑)

春日俊彰:モニターで文字が出て。それで我々が読むわけですよ。そのメンバーで新番組が始まります、と。それでタイトルがドンって出たから、思わず「ダセェ」って(笑)凄いカッコイイの期待してたから。

若林正恭:『はねるのトびら』とか『ピカルの定理』とかね。

春日俊彰:大きく振った割りに、『ミレニアムズ』だったから、「なんかダセェな」って。

若林正恭:『ミレニアムズ』ってね。

春日俊彰:それで思わず言っちゃっただけであって(笑)

若林正恭:僕は「まあ、良いタイトルだな」って思いましたよ(笑)

春日俊彰:ズルイな!(笑)ズルイだろ(笑)

【関連記事】
南キャン山里、オードリー・ウーマンらとの番組『ミレニアムズ』開始「同期9人の新番組」

ウーマン村本、同期芸人が集う新番組『ミレニアムズ』の弱点を分析「全員が根暗」

ウーマン中川、新番組『ミレニアムズ』のドッキリに気づいていたと告白「受付嬢に番組名をバラされる」

ウーマン村本、新番組『ミレニアムズ』へ懸ける意気込み「ねるとん、めちゃモテなどの伝説的な番組枠」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,ミレニアムズ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、新番組『ミレニアムズ』開始発表を知らされまず「スタッフを確認」

前の記事:オードリー若林、『有吉の夏休み』で有吉からの漫才リクエストに深読み「エールなのかなって」

本日の注目記事