TOPアッパレやってまーす! ≫ 石田純一、女性タレントをドン引きさせた罰ゲーム終わりの一言

石田純一、女性タレントをドン引きさせた罰ゲーム終わりの一言

2014.09.03 (Wed)
2014年9月2日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・落語家の桂三度が、俳優・石田純一の女性タレントを引かせた一言について語っていた。

石田純一 PRESENTS 人生をポジティブに生きる25の方法
石田純一 PRESENTS 人生をポジティブに生きる25の方法 [DVD]

「芸能界には個性的な人がたくさんいると思いますが、皆さんの見かけた共演者のビックリした言動を教えてください」というリスナーからのメールで、桂三度は最初に頭に浮かんだのが、石田純一だったようだ。

桂三度は、「石田純一さんと番組でご一緒させていただいて。床がパーンって開いて、下にずどーんって落ちるっていう罰ゲームがあって」と、不正解であると床が開き、2 m下に落下する、という内容のクイズ番組で共演したことを明かした。

そこで一回、収録が止まったところで石田は、「いやぁ、ホント怖かったよ。スッと落ちた瞬間さぁ、精子が出ちゃいそうだったよ」と驚きを表現したそうだ。やはり女性タレントはドン引きしていたそうだが、桂三度は、「やっぱり凄いなこの人」と思ったそうだ。

リスナーメール:芸能界には個性的な人がたくさんいると思いますが、皆さんの見かけた共演者のビックリした言動を教えてください。

千原ジュニア:あんまり、人のこと言ってもねぇ。

桂三度:浮かんでますけど、言われへんなぁ…

千原ジュニア:え?何なん?言うてもエエやん。

桂三度:いや、やめてぇや(笑)

山本吉貴:難しいことですか?

千原ジュニア:言うたらエエやん。

桂三度:まぁ、別に良いけど。らしいなぁって。らしさは出てた。

千原ジュニア:うん。

桂三度:昔、石田純一さんと番組でご一緒させていただいて。床がパーンって開いて、下にずどーんって落ちるっていう罰ゲームがあって。

山本吉貴:ほう。

桂三度:それで、石田純一さんがそれをやらはってね。クイズが不正解やったから、床がパーンって開いて。それで、下にマットがあるんですが、2 mくらい落ちて。

千原ジュニア:うん。

桂三度:凄い感覚じゃないですか、言うたらね。それで、石田さんが落ちた。「はい、OKでーす!一回、止めまーす!」って、一回、収録が止まって。

千原ジュニア:うん。

桂三度:それで、石田さんがタレントたちがいるひな壇に戻ってこられたときに、周りには女性タレントがいっぱいいるにも関わらず、「いやぁ、ホント怖かったよ。スッと落ちた瞬間さぁ、精子が出ちゃいそうだったよ」って言うたんですね(笑)

山本吉貴:はっはっはっ(笑)

桂三度:この人、スゲェなぁって思って(笑)周りの女性タレントさん、ドン引きやったけど(笑)面白いなぁ、この人って。

山本吉貴:凄い。

千原ジュニア:なるほどね(笑)

山本吉貴:凄い感想やなぁ。

千原ジュニア:そういうもんですから。もともと芸能界って、そこにしか居られない集まる場所やったのが、このご時世、「テレビ出てる人なんだから、しっかりして欲しい」みたいなね。しっかりでけへんからテレビに出てたのが。

桂三度:変人ばっかりですよ。

千原ジュニア:今、そういう方は貴重ですよね。

桂三度:観てて面白いしね。視聴者の皆さんも、実はそうなはずなんですよ。常識人になれってクレームがある一方、でも、変人見たいやん、テレビで。面白いやん。

【関連記事】
有吉弘行「長谷川理恵はブログでぶっちゃけ過ぎる」

伊集院光が語る「爆笑問題・田中の変人っぷり」

爆笑問題「今では考えられない番組『TVジョッキー』のヒドさ」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 石田純一,桂三度,千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

本日の注目記事