TOPたまむすび ≫ 博多大吉、『妖怪ウォッチ』はブーム長続きのために生産を抑制していると分析「『たまごっち』の反省」

博多大吉、『妖怪ウォッチ』はブーム長続きのために生産を抑制していると分析「『たまごっち』の反省」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・博多華丸・大吉の博多大吉が、『妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式』を始めとする時計・メダルの品薄状態が続いていることについて言及していた。

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式
妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式

現在も『妖怪ウォッチ2 元祖』に夢中であるという大吉は、時計・メダルを探しているという。福岡県飯塚市の町にロケへ行った際も、「私は芸能人の博多大吉でございます」とオーラを出しつつ訊いてみたものの、「こればっかりはしょうがない。1個入荷されて、すぐに売れて。それで次を注文したけど、もう入ってこない」と言われてしまったという。

大吉は、『たまごっち』の時に、ブームが比較的すぐに去ってしまったのは、大量生産しすぎたためではないか、という反省があるのだろう、と分析していた。そのため、「誰でも持てるようになると、ブームは去るんだな」とメーカーは考え、生産を抑えている状態なのではないか、と語っていた。

博多大吉:最近、とにかく『妖怪ウォッチ2 元祖』に夢中ですよね。

赤江珠緒:アレね。

博多大吉:ゲームのほうで。

赤江珠緒:『妖怪ウォッチ』は、最近売っていますでしょ?

博多大吉:売っています?ゲームは売っています。いろいろなグッズで出ています。

赤江珠緒:スーパーで売っていましたよ、この間。

博多大吉:何が?

赤江珠緒:『妖怪ウォッチ』のメダルみたいなのが。「これか、大吉先生。カゴに入っていっぱい売っているじゃん」と思って。

博多大吉:いやいや、違う違う。それはシールとかちょっと違うやつなんです。

赤江珠緒:違うんですか?

博多大吉:シールタイプのメダルとか。

赤江珠緒:「買えない、買えないと言っていたけど、もうスーパーでいっぱい出回ってるよ」と思った(笑)

博多大吉:いやいやいや(笑)大阪のおばちゃんみたいな口調になっていますけど(笑)これを聴いているパパやママは「本当、赤江さん。何を言っているの?」と。

赤江珠緒:あ、そう(笑)

博多大吉:「どこに置いているの、それ?」と。

赤江珠緒:へえ~。

博多大吉:いろいろなグッズがあるから、もう今、街中にジバニャンとかあふれているんですよ、猫が。

赤江珠緒:ほう。

博多大吉:あまり『妖怪ウォッチ』を知らない人が見てもいっぱいあるじゃんと赤江さんみたいに言うんですけど、僕達が欲しいの(妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式)はないんですよ。

赤江珠緒:そうなんですか。

博多大吉:メダルと時計。

赤江珠緒:未だにないんだ。

博多大吉:未だにないです。

赤江珠緒:へえ~。

博多大吉:福岡の町にロケに行っていたんですよ、先週。けっこう田舎といえば田舎なんですけど、飯塚市という福岡で昔炭鉱で栄えたそこそこ大きめの市なんですけど、そこにおもちゃ屋さんがあって、昔ながらの。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:昔ながらのおもちゃ屋さんは、もう昔のフィギュア…売れ残りとか逆にプレミアが付いているみたいな、そういうのが売りというかメインのおもちゃ屋さんではなくて、昔ながらのおもちゃ屋さんだけど、最新のおもちゃ以外は売らないというちょっと変わったおもちゃ屋さんがあるんですよ。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そこに取材に行った時も、コソッと訊いてみたんですよ。「どうですか?」と。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:この飯塚の町で『妖怪ウォッチ』は。

赤江珠緒:訊いてみた?

博多大吉:うん。「手に入るようなものですか?」と。

赤江珠緒:42歳(笑)

博多大吉:こう言いながらも全身からオーラを出しましたよ。「私は芸能人の博多大吉でございます」という(笑)

赤江珠緒:ははは(笑)

博多大吉:福岡の皆さんから愛されているという自負はあります。

赤江珠緒:なるほど、なるほど。

博多大吉:「どうでしょう…こっそり私に買わせてというか、売ってもらえることはできるできませんか?」みたいなオーラ出しながら訊いたんですけど、「こればかりは、どうしようもない」と。

赤江珠緒:ない!?

博多大吉:「妖怪ウォッチ」の腕に付ける時計タイプが発売されてしばらく経つんですけど、飯塚のそこそこ大きな、そこそこ頑張っているおもちゃ屋さんに今のところ、入荷1個なんですって。

赤江珠緒:エエッ!?

博多大吉:「1個入荷されて、すぐに売れて。それで次を注文したけど、もう入ってこない」と。

赤江珠緒:どこで止まっているんですか?

博多大吉:これは、たぶん買い占めているとしたらたぶん日本政府ですよ。

赤江珠緒:ははは(笑)

博多大吉:そのぐらい話が大きくなると思いますよ。

赤江珠緒:へえ~。

博多大吉:たぶんあまり作られていないんじゃないかな。

赤江珠緒:ブームに追いついて行っていない、製品が。

博多大吉:一説によると、僕が聞いた話ですよ。一説によると『たまごっち』昔流行ったでしょ!?

赤江珠緒:はい。

博多大吉:流行ったけど、けっこう早めにブームが去ったじゃないですか。

赤江珠緒:ああいうのは一過性だったりしますからね。

博多大吉:あの時になんであのブームが終ったのだろうと話し合いが行われて反省会が。その時出された結論が、「ちょっと作り過ぎたのではないか」と。

赤江珠緒:ああ~。

博多大吉:誰でも持てるようになると、ブームは去るんだな、みたいな。

赤江珠緒:需要と供給でそのバランスが絶妙なところに行かないと。すぐに手に入るとなると、これはまた。

博多大吉:またなんかおかしなことになるから、『たまごっち』の反省を生かしてと。これは僕が噂やネットのニュースで読んだようなものなので信用できない情報かもしれませんけど。

赤江珠緒:人間の心理はちょっと追いかけていたいみたいなところがあるじゃないですか。

博多大吉:そうそう。

【関連記事】
博多大吉、『妖怪ウォッチ』グッズの転売屋に怒り「子供の分を大人が買ってはいけない」

博多大吉、ゲーム『妖怪ウォッチ』にハマる「メダル作ってんのか?どこに売ってんだよ」

伊集院光、『妖怪ウォッチ』のグッズ転売に「子供がいたら高値でも買ってしまう」

COWCOW善し、売り切れ続出『妖怪ウォッチ』グッズが手に入る穴場を明かす「六本木のセブン-イレブン」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 妖怪ウォッチ,博多大吉,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:オードリー若林、ビートたけしの『ゆく年くる年』出演で魅せたカリスマ性「みんなで願って、良い年になるのか?」

前の記事:博多大吉、田中みな実の直筆サイン入りハチマキに大喜び「頑張るのだニャン(ハート)」

本日の注目記事