TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、大阪桐蔭と戦った八頭高校・西垣将喜の濃すぎる1日「捕手・投手の二刀流」

伊集院光、大阪桐蔭と戦った八頭高校・西垣将喜の濃すぎる1日「捕手・投手の二刀流」

2014.08.26 (Tue)
2014年8月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、全国高等学校野球選手権大会に出場した、鳥取・八頭高校の西垣将喜選手について語っていた。

打てるもんなら打ってみろ!速球王たちの甲子園伝説


振り返ってみると、優勝した大阪桐蔭との試合で、しかも優勝候補と目されていた大阪桐蔭との試合であり、「周りから見てみたら、大阪桐蔭が勝つんじゃないかって思うわけですよ。八頭がどれくらい食い下がれるのか、もしくは大阪桐蔭がどれくらいぶっちぎるの?っていう感じなんだけど」と伊集院も見ていたようだ。

だが、その中で西垣選手は、「高校の夏休みの1日ですよ。高校二年の夏休みの1日で、キャッチャーとして盗塁を刺し、完璧なリードを3イニングし、だけど自分は三振し、ピッチャーとしてマウンドに上ったら、急に押さえて、さらに滅多打ちをくらい、キャッチャーに戻って最後の打席はクリーンヒットを打ち…そんな一日ある?」と語っており、捕手・投手として、そして5番バッターとして甲子園という舞台で活躍した凄さについて語っていた。

伊集院光:八頭と大阪桐蔭の試合を観てて。結果からすれば、大阪桐蔭は優勝ですよ。その観ていた時点では分かりませんけど、優勝。

また大阪桐蔭も大変だなって思うのは、ド本命の上に、甲子園ですから、県的には兵庫県ですけど、地元じゃないですか。地元で、ほぼ優勝候補のド本命と言われ、しかも対抗であるところのチームと早めに当たったりとかしつつ、本当に優勝しちゃうってめちゃくちゃ大変じゃないですか。

この大阪桐蔭と八頭高校が、鳥取なんですよ。八頭高校が強い/弱いじゃなくて、大阪とか神奈川とかの超激戦区に比べると、高校の数が少ないから、鳥取とかはいつもちょっと下に見られる傾向があるわけですよ。

この八頭高校と大阪桐蔭の試合で、八頭の二年生の5番のキャッチャーの西垣(将喜)くんっていう、結構体格の良い選手で。西垣くんっていう5番バッターがいて。2年生なんですよ。

周りから見てみたら、大阪桐蔭が勝つんじゃないかって思うわけですよ。八頭がどれくらい食い下がれるのか、もしくは大阪桐蔭がどれくらいぶっちぎるの?っていう感じなんだけど。

最初、先頭バッターを三振にとって。二番バッターは内野安打で出るんだけど、この西垣はキャッチャーをやってて、盗塁で刺すんだよね。それで、そのまま3イニングを0-0でいくわけ。それで、ちょっとどよめいてる感じになるわけ。

今になったら、優勝は大阪桐蔭だったし、その時の空気を考えても、八頭が番狂わせを起こすんじゃねぇかって感じになってくるわけ。二年生で、5番を打ちながら、盗塁は刺す。それからキャッチャーとしてのリードでいえば、3イニング、強打の打線を0点の押さえるってことをやるんだけど。

4回の表で、守備の乱れも連打もあって、一気に5点獲られて、5-0になるわけ。それで、その前の自分のときに三振、今度、途中から登板するんだよね。ピッチャーやるってことになって。

5点で火が着いちゃった桐蔭打線を、ピッチャーとして、1イニング簡単に押さえるわけ。それで、その次のイニングに、また桐蔭打線が止まらなくなって、一気に4~5点ドカンドカンって獲られるわけ。さらに、キャッチャーに戻って、意地のヒットを打つわけ。

こんな内容の濃い一日、ある?高校の夏休みの1日ですよ。高校二年の夏休みの1日で、キャッチャーとして盗塁を刺し、完璧なリードを3イニングし、だけど自分は三振し、ピッチャーとしてマウンドに上ったら、急に押さえて、さらに滅多打ちをくらい、キャッチャーに戻って最後の打席はクリーンヒットを打ち…そんな一日ある?(笑)

それでまた熱くなっちゃって。その甲子園での取材を受けてたんだけど、引き換え俺の高2ときたらって(笑)俺の高2の惨めさときたらっていう(笑)

【関連記事】
伊集院光、サヨナラ負けした富山商業・岩城巧選手へのエール「甲子園出場がどれほど凄いことか」

伊集院光、甲子園での市立和歌山・山根内野手による一塁送球の原因を分析「2バウンド目の変則回転」

ザキヤマ、甲子園のドラマチックさを表現した名言「甲子園に途中で帰って良い試合はない」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,,西垣将喜,甲子園,大阪桐蔭,八頭高校,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事