TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ ザキヤマ、甲子園のドラマチックさを表現した名言「甲子園に途中で帰って良い試合はない」

ザキヤマ、甲子園のドラマチックさを表現した名言「甲子園に途中で帰って良い試合はない」

2014.08.19 (Tue)
2014年8月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ザキヤマことお笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也の名言について紹介していた。

アンタッチャブル山崎のゆる~い関係 Vol.1 ザキヤマが語る人力舎エピソード集〜あの頃みんな若かった〜


全国高校野球選手権大会の試合では、奇跡に近い逆転劇などが起こる。今回、大垣日大(岐阜)は、初回、藤代(茨城)に8点を獲られるという状態になった。

このことを受けて伊集院は、「大垣日大と藤代の試合も、初回に8点獲られたのかな。いきなり8点獲られて…奇跡の大逆転みたいな試合は、大差の凡戦のニオイしかしないわけじゃないですか」と語っていた。

「頭、いきなり8-0って、『ダメだな、この試合』ってニオイしかしないから、奇跡の大逆転なわけじゃないですか」と語り、大差がつくようなゲームで、敗退が濃厚であっても、そこで踏ん張って逆転を収める可能性がまだ残されているのだ、と語っていた。

そのため、ザキヤマ(山崎弘也)は、「甲子園に途中で帰って良い試合はない」という名言を残しているそうだ。

伊集院光:火曜日に夕方以降は名古屋のテレビ番組の収録だったんだけど。甲子園行ってきたんですよ。思うんだけど…甲子園の試合開始、もうちょっと朝、ズラせませんかね?(笑)東京から始発で行っても、試合開始にギリ間に合わないんですよ。

星陵と静岡の試合をちょっと見て。あと、日本文理と大分の試合を見て。その後、大垣日大と藤代の試合は見れなかったんですよ。でも、凄いね。大垣日大と藤代の試合も、初回に8点獲られたのかな。いきなり8点獲られて。

これは、ザキヤマ、アンタッチャブル・山崎弘也くんの名言なんですけど…結局、奇跡の大逆転みたいな試合は、大差の凡戦のニオイしかしないわけじゃないですか。頭、いきなり8-0って、「ダメだな、この試合」ってニオイしかしないから、奇跡の大逆転なわけじゃないですか。

だから、「甲子園に途中で帰って良い試合はない」っていうのが、彼の名言ですね。

【関連記事】
爆笑問題・田中、広陵高校・太田光選手の甲子園出場に不思議な縁を感じる「相方・太田が原伸次のファン」

伊集院光「高野連の花巻東・千葉選手へのカット打法禁止勧告は正しい」

伊集院光が語る、まるでドラマのような野球場での感動的な出来事「少女を守った河野かずお」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,高校野球,甲子園,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事