TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、『妖怪ウォッチ』ブーム中でグッズ入手にコネ使わない宮嵜Pに感心「子供のためボール紙で作る」

伊集院光、『妖怪ウォッチ』ブーム中でグッズ入手にコネ使わない宮嵜Pに感心「子供のためボール紙で作る」

2014.08.05 (Tue)
2014年8月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『妖怪ウォッチ』ブームで、なかなかグッズを入手できないという中、同番組の宮嵜守史プロデューサーが、コネクションを使ってまで子供のためにグッズを入手しようとしていないことに感心していた。

妖怪ウォッチ


『妖怪ウォッチ』は、コミカライズ版が『月刊コロコロコミック』に連載されており、出版社は小学館となっている。また、TBSラジオの深夜ラジオ番組『JUNK』のスポンサーも小学館であり、プロデューサーである宮嵜氏は、小学館の社員と実際に会う機会もあるという。

だが、宮嵜氏はそのコネクションを使用したりせず、「グッズを譲って欲しい」といったことは言わないのだという。現に、子供に対しては、グッズを買い与えることができないため、ボール紙でお手製の"妖怪ウォッチ"を作ってあげたそうだ。

「お父さんは、メインの、一番でかいスポンサーが小学館の番組のトップのプロデューサーで。小学館と言えば、『妖怪ウォッチ』なんだよ。そのお父さんが、ボール紙で作ってるんだから。なんだか分からないけど、心が洗われる」と伊集院は語り、宮嵜プロデューサーの子供への対応について感心していた。

前の記事からの続き:伊集院光、『妖怪ウォッチ』のグッズ販売の行列に親が並ぶことに「そんなに親って協力的だった?」

伊集院光:番組始まるほんの20秒くらい前に、ガラスの向こうにいる宮嵜守史プロデューサーに、「子供が『妖怪ウォッチ』を凄い欲しがってて、子供が妖怪・"妖怪ウォッチ欲しい"みたいになってる」と(笑)何かに取り憑かれちゃってるって話を聞いてたから。

テレビでやってた、『妖怪ウォッチ』の妖怪ウォッチ 零式みたいなヤツを子供が欲しがってる、と。命と引き換えに欲しい、くらい。「もう俺の命は良い。お父さんの命なんか、なおのこと良い」と。だけど、妖怪ウォッチが欲しい、と。その妖怪ウォッチ 零式がハマってさえすれば、自分の実家の半径50 kmが焼け野原でも全然構わないくらい(笑)見渡すかぎり、何にもない(笑)無の中心に倅は立って、腕に妖怪ウォッチがハマってれば、笑ってるってくらい、相当欲しいんですって。

手に全然入らない。「手に入らない時、どうするの?」って宮嵜プロデューサーに訊いたら、ボール紙で作ってあげたんだって(笑)それらしいものを(笑)超正しいと思って。ボール紙で出来てる妖怪ウォッチを、バカにしたヤツなんかチリになれば良いと思ってますよ。

汚ぇ猫のマーク描いてれば良いんだろ?妖怪ウォッチに関して疎いから分からないけど、猫が描いてあれば良いんだろう、と。目やにがビッチリ付いてる猫のヤツ(笑)赤い猫が描いてあれば良いんだろ?赤い猫なんて病気だよ。病気の猫なんか、目やにビッチリだよ(笑)どんなに健康でも、目やにが出だしたら疑った方が良いんだから。

俺が心洗われたことは、妖怪ウォッチが手に入らなかったら、聞いてる世間の方は「どうせ、関係者みたいなヤツは、コネクションを使って手に入れてるんだろ?俺ら庶民は、いつも並ばされたり、子供に泣かれたりしてるんだ」って思ってるでしょ?あの人は、メインスポンサーが小学館の番組のプロデューサーなんだよ(笑)

お父さんは、メインの、一番でかいスポンサーが小学館の番組のトップのプロデューサーで。小学館と言えば、『妖怪ウォッチ』なんだよ。そのお父さんが、ボール紙で作ってるんだから。なんだか分からないけど、心が洗われる(笑)

少なくとも、変なコネとかを使って、無理矢理に手に入れてる人はいないって言ってやって。そういう人もいるかも知れないけど。

割りとでかいコネクションだよね。だって、小学館の人に会うんでしょ?俺だって『DIME』に連載持ってるけど、くれそうにないぜ。転売するけどね(笑)すぐに転売するしかないよ(笑)だって、良いカモがあそこにいるんだからさ(笑)あいつにチラつかせたりとかさ、お父さんは強い意志でそれを受け取らなくても、子供の前で見せびらかしちゃうから(笑)
ボール紙で作った妖怪ウォッチを見て、「何それ、ゴミじゃん。汚ぇ」って(笑)「偽物だよ、そんなの。言っておくけど、猫に目やになんか付いてないからね。汚ぇな」って(笑)欲しい?なんて。小学館の人は俺に渡すべきじゃないですけど(笑)

でも、凄いよね。その位置にいて、コネクションで手に入れることは不可能なのか、宮嵜プロデューサーがあえて使わないのかは分からないけど。ボール紙でできた、お父さんお手製の妖怪ウォッチ…宮嵜式でしょ(笑)誰も持ってない宮嵜式(笑)温泉街で生まれ、ここまで上り詰めてコネクションを作ったけど、あえてね。あえてその妖怪ウォッチはボール紙製だって話じゃないですか。

むしろ、カネに物を言わせて子供からそのボール紙の妖怪ウォッチをむしりとってやりたいもん(笑)「それ、2万円で売るか?お父さんが作ってくれたヤツだけど」って(笑)すぐに「うん」って言いそうですけど(笑)

【関連記事】
伊集院光、『妖怪ウォッチ』のグッズ販売の行列に親が並ぶことに「そんなに親って協力的だった?」

博多大吉、ゲーム『妖怪ウォッチ』にハマる「メダル作ってんのか?どこに売ってんだよ」

COWCOW善し、売り切れ続出『妖怪ウォッチ』グッズが手に入る穴場を明かす「六本木のセブン-イレブン」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,妖怪ウォッチ,宮嵜守史,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事