TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、映画『Z-ゼット-』の最高なシーンを紹介「女ゾンビの胸を見たがる中学生」

伊集院光、映画『Z-ゼット-』の最高なシーンを紹介「女ゾンビの胸を見たがる中学生」

2014.07.29 (Tue)
2014年7月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、映画『Z-ゼット-』の感想について語っていた。

Z~ゼット~(1)
Z~ゼット~(1) (ニチブンコミックス)

『Z-ゼット-』は、相原コージの同名ゾンビ・パニックホラー漫画を原作とした映画であり、「低予算ながら頑張っている」と伊集院は評していた。

そんな『Z-ゼット-』の中で、伊集院が大好きなシーンがあるという。中学生が、「素裸の超美人のゾンビがウロウロしているらしいって聞いて、超見たくなる」というシーンであるという。

危機が迫る中、「この辺にいるって噂なんだよってところに、決死の覚悟で行く」というシーンが好きであり、さらに、見つけて「…揉めないかなぁ」とつぶやくところも好きだと語っていた。

伊集院光:『Z-ゼット-』っていう映画を観たんですね。僕は相原コージさんって漫画家さんが好きで、相原コージさんが『別冊漫画ゴラク』っていう雑誌に掲載している『Z-ゼット-』っていうゾンビ物の漫画があるんですけどね。

これが、映画になったんですよ。映画になって、予算がないから絶対にハードルを上げちゃ絶対にダメなんですけど、予算がない中では、頑張ってゾンビ映画を撮ってるんですよ。

スゲェ原作にあって、「よくぞこのシーンを使ってくれたな」っていうシーンがあって。このシーンがあるだけで、この漫画も好きだし、映画も許す。いっぱいダメなところはあります、予算がないから(笑)

ゾンビパニックになるんだけど、中学生が、「素裸の超美人のゾンビがウロウロしているらしい」って聞いて、超見たくなるっていう(笑)噛まれたらゾンビになっちゃうのに(笑)中2が、「オッパイが見たい」っていう(笑)

しかも、危機が迫れば迫るほど、「俺達はオッパイみないで死んでいいのか!」って(笑)「この辺にいるって噂なんだよ」ってところに、決死の覚悟で行くっていう(笑)それを見つけて、「…揉めないかなぁ」って(笑)「お前、後ろから羽交い絞めにしろ」「ヤダよ、噛まれるから」「揉みたいんだよぉ」って(笑)ここ、超良いです。

変な話、これをハリウッドにやられちゃうと、なかなか日本の映画は勝てないじゃないですか。でも、超予算のかかってる『ウォーキング・デッド』よりも、その胸が見たくてしょうがない中2。どうせこの世が滅んでしまうなら、「1回くらい触りたい」っていう(笑)その中学生のところは、多分パクられて、『ウォーキング・デッド』のseason6くらいでは出ると思うんですよ(笑)

でも、最初っから剥けてるから、その感じにはならないかなぁ(笑)

【関連記事】
伊集院光、映画『GODZILLA ゴジラ』は日本のゴジラファンも楽しめると絶賛「歴代ゴジラを研究している」

伊集院光が語る、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』に見る被爆国・日本とアメリカの核への意識の違い

伊集院光、『GODZILLA ゴジラ』の映画館で楽しむオススメの方法を明かす「前の席で」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,相原コージ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事