TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、『GODZILLA ゴジラ』の映画館で楽しむオススメの方法を明かす「前の席で」

伊集院光、『GODZILLA ゴジラ』の映画館で楽しむオススメの方法を明かす「前の席で」

2014.07.29 (Tue)
2014年7月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ギャレス・エドワーズ監督の映画『GODZILLA ゴジラ』について感想を語っていた。

ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】
ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 [Blu-ray]

伊集院は、IMAXシアターの3D上映で鑑賞したというが、「普通の2Dでも面白いと思います」と語っていた。3D感はあまり感じず、映画内で登場人物が横切ると、「映画館内で誰かが立った感じがする」程度だという。

一方で、席に関しては前のほうがオススメだという。「全体がギリ把握できないくらい前のほうが、「ゴジラ来た!」って感じがする」と語り、前の方の席であれば、よりゴジラの大きさを体感できるのではないか、と勧めていた。

前の記事からの続き:伊集院光が語る、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』に見る被爆国・日本とアメリカの核への意識の違い

伊集院光:デカイ。とにかくゴジラがデカイ(笑)あと、IMAXシアターで観たんですけど、ちょっと間違えたのは、IMAXシアターじゃなくて普通の2Dでも面白いと思いますよ。IMAXシアターならではってことではないので。

僕が観たのはIMAXシアター木場なんだけど、今、寸前まで観てたから、21時に始まって23時頃に終わる平日の最終回にも関わらず、6割くらいお客さん入ってるんですよ。

並び席の良いところはちょっと取りづらいんだけど、そこでいつものクセで、前の方をやめるじゃん。後ろの空いてる席で観たんだけど、IMAXはむしろ前だね。全体がギリ把握できないくらい前のほうが、「ゴジラ来た!」って感じがする。

3Dもわざとらしい3Dじゃないから。なんとなく3D慣れして観てるんですよ。「これ、3Dなんだ」って思い出した瞬間が何箇所かあるんだけど、映画で前に人が通るじゃん。そうすると、誰か立ったように感じるな。リアルだから。

相変わらず3D映画って、前にちょっと飛び出して、奥行きがある感じで。奥にちゃんとしたスクリーンがあって、前に遮蔽物があるときが、一番、3Dっぽく、奥行きが見えるじゃんか。

そうすると、一番前のところに、軍の人が走り抜けていくと、「誰か走ったろ」って反射的に思っちゃう感じ。昭和の街頭テレビの前で、悪役レスラーに対して石を投げてる人みたいな感じにはなりましたけど(笑)

『GODZILLA ゴジラ』良かったですね。

【関連記事】
伊集院光、映画『GODZILLA ゴジラ』は日本のゴジラファンも楽しめると絶賛「歴代ゴジラを研究している」

伊集院光が語る、ゴジラ映画の奇作『オール怪獣大進撃』「子供の心の闇が見える映画」

伊集院光が語る、映画『アナと雪の女王』に見る最新のCG技術と映画への応用の難しさ


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,GODZILLA,ゴジラ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事