TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、ドラマ『若者たち』を絶賛「若手俳優の技合戦」

千原ジュニア、ドラマ『若者たち』を絶賛「若手俳優の技合戦」

2014.07.23 (Wed)
2014年7月22日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、フジテレビ系のドラマ『若者たち』について語っていた。

若者たち
若者たち

ジュニアは、自身が出演する『スペースシャワーTV』で、箭内道彦が出演した際、「自分のお気に入りの曲」として『若者たち』を提示したところ、箭内は「森山直太朗さんが歌うその曲、ジャケットを手がけます」と明かされたそうだ。

そのこともあり、何気なく始まったドラマを観始めたところ、「めちゃくちゃ良い」と絶賛していた。「平成っぽい感じ」しないことや、「若手俳優の技合戦」が目を引くとのことで、今後も楽しみにするドラマである、と語っていた。

千原ジュニア:『若者たち』ってドラマ観た?オモロイやろ。

山本吉貴:オモロイです。

千原ジュニア:『若者たち』を凄い楽しみでしゃあないねん。

おのののか:へぇ。

千原ジュニア:家族の話や。妻夫木聡くんが長男で。両親が亡くなってて…とか。昭和っぽい、平成らしからぬドラマなんですよ。

山本吉貴:はい。

千原ジュニア:1話は、色々トラブルあってようやく片付いた…上手く良い方向に行ったって思ったら、実は次男がいて、それが刑務所入ってて、次男が出てきて、まとまりかけた家をめっちゃくちゃにしよんねん。

桂三度:うん。

千原ジュニア:瑛太扮する次男がいるんですよ。

山本吉貴:カップヌードルの食い方が、めちゃくちゃ腹立つ(笑)…エエヤツなんですけどね(笑)

千原ジュニア:俺ね、『スペースシャワーTV』で音楽番組やってて。2ヶ月前くらいに、箭内道彦さんが来て、自分の好きな曲のアルバムジャケットを描いてみましょうって企画やったんですよ。

桂三度:あぁ。

千原ジュニア:ミュージシャン2人と、音楽プロデューサーの蔦谷好位置さんと、俺で、それぞれ好きな曲で、自分の思うレコードのジャケットを手描きで描こうってなって。

おのののか:面白い。

千原ジュニア:箭内さんがそれを判定すんねん。数々のジャケット作ってきてるからね。俺は、真ん中にうつむいた犬をポツーンって描いて。その影が伸びてる絵を描いたんですよ。

桂三度:うん。

千原ジュニア:それが、俺が一番好きな曲やってことで、『若者たち』なんですよ。ほんで、箭内さんが「はっ!」ってなって。そのときは、オンエアでは流せなかったんですけど、「明日、『若者たち』のポスター撮影に行って。森山直太朗さんが歌う『若者たち』のジャケットを作るんです」って。

桂三度:うん。

千原ジュニア:そんな偶然があって、ドラマ始まって何気なく観たら、めちゃくちゃ良い(笑)

桂三度:ウィスパー(笑)

千原ジュニア:アレ、なんか凄いよな。若手俳優の技合戦みたいな。

桂三度:あぁ、はいはい。

千原ジュニア:ちょっと濃い目に行く人、逆に薄目に行く人。なんかね…良いですよ。

山本吉貴:古いって感じでもなくて。

千原ジュニア:平成っぽくはなくて。…アレ、気にならへんかった?生姜焼き弁当で、米一切食べんと。

山本吉貴:はい。

千原ジュニア:なんやねん、アレ。食べた方がエエよな。

山本吉貴:後々、あるんじゃないですか?

桂三度:…やめてくれへんかな。それやったら、知らんボクサーのノリを言われる方がエエわ(笑)

山本吉貴:ふふ(笑)

【関連記事】
明石家さんま、何度もリテイクさせるドラマ監督を黙らせる方法を明かす「もう帰ります」

爆笑問題と鴨下信一が語る「今のドラマがダメになった理由」

千原ジュニア、小栗旬・大東俊介の役者根性に感動「15 Kgの減量」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 千原ジュニア,若者たち,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

本日の注目記事