TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・田中の作られ方

爆笑問題・田中の作られ方

2009.05.10 (Sun)
IKKO 女の法則 ― 幸運を引き寄せるココロとオンナの磨き方2009年05月05日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、田中裕二の生い立ちについて語られていた。田中は、あまりに強烈なキャラクターである太田をツッコんでいたり、淡々とした司会進行ぶりを見ると、一見は普通に思えてしまうが、実際は異なる。

伊集院光も、「あの人はバケモノ。事務所を移る際に、だいぶ芸能界で干されている時期があった。それこそ、カランカランに干されていて、まるっきり仕事がなかった。ちょうどその頃、田中さんと草野球をやっていた。その時に、『大変なんですね』と声を掛けたら、『何が?』って田中さんは言うわけ」

「最初は強がっているのかな、とも思って、『干されるって、大変なんですか?』ってまた繰り返し聞いたら、『太田はそう思っているかも知れないけど、俺は毎日草野球ができて、楽しくて仕方ないんだよ』っていわれた」などと、干されることにもまるっきり危機感を持たず、草野球に興じていたという強靱な精神力の持ち主である、と語っていた(2006年09月01日放送『爆笑問題と伊集院光のJUNK交流戦スペシャル』)。人の目をあまり気にしない、という感じなのだろうか。

さらに太田は以前、「田中は、ガールズトークが本当に好き。女の子に混じって、全く身のない話を延々と続けられるんだよ。スィーツ、ダイエット、ペットの話とかが大好き。だから、女の子とも延々とそうした話ができる」などと語っていた(爆笑問題・田中の妻 「アンタ、女だよね」)。

こうした不思議な性格はどのように生じてきたのか、以下のようなエピソードから垣間見えると思われる。

「俺は、女の子の従姉妹が多いんだよ。だから、端午の節句とかで鯉のぼりや兜なんかを飾るというよりは、おひな祭りを祝うことが多かった」と、自分の家庭環境について語っていた。

「そういう、おひな祭りを祝う際は、俺も従姉妹と同じように着物とかを着てたんだよ。女物のね。だから、女物の着物を着て、雛壇の前で撮った写真とかも残っている。むしろ、そっち(ひな祭り)の方が良い、なんて当時は思っていたんだろね」と、自分の生い立ちについて話していた。

「間違えていたら、(ソッチの方へ)意外と行きそうだったのかもしれない」などと、最後には不穏な話まで行っていた。

こうした家庭環境が、もしかしたら田中の人格形成に関わっているのかも知れない。

【関連記事】
爆笑問題・太田が、田中に強烈な嫉妬

爆笑問題・田中「小倉智昭は恥知らず」



関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

本日の注目記事