TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、局部の3Dプリンターデータ配布した女性の報道に「"自称"芸術家という言葉の中にあるせめぎ合い」

伊集院光、局部の3Dプリンターデータ配布した女性の報道に「"自称"芸術家という言葉の中にあるせめぎ合い」

2014.07.15 (Tue)
2014年7月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、3Dプリンターで自分の局部が再現できるデータを、インターネットを通じて男性らに配布したとして逮捕された自称・芸術家の五十嵐恵容疑者について語っていた。

のはなしし
のはなしし

伊集院は、「あの人を捕まれて、『自称芸術家』っていうリードの仕方が凄いなって思うね…逮捕する側は、『なんでこんなことするんだ。お前、何者だ?』っていうことに対して、された側は『芸術家です』と」ということで、スタンスによってその呼び名が変わるのだと指摘。

そこで、報道のあり方として「『自称芸術家、逮捕される。プリンターで局部のデータを販売して逮捕される』ってなっちゃうと、コイツは元々、そういった目的で販売してるのに、芸術家だと良い張れば通ると思ってるよ、ってことになっちゃうんですよね」と、明らかに芸術の目的以外での販売と決めつけているところがあるのではないか、と語っていた。

また、芸術家/自称芸術家の違いについて、「言葉の力の不思議、みたいなのを感じるんですよ。そうすると、それを使う人が絶対に持ってなければいけないのは、芸術家と自称芸術家にちゃんと基準を持ってる人しか言ってはいけないと思うんです」と語り、その線引きはどこにあるのか、ということについて問題提起を行っていた。

伊集院光:報道で言われているところの、小さな小さなせめぎ合いみたいなものがあるなって思ったんだけど。あの人を捕まれて、「自称芸術家」っていうリードの仕方が凄いなって思うね。

「自称芸術家」っていう5文字の感じに含まれるせめぎ合いなんですよ。逮捕する側は、「なんでこんなことするんだ。お前、何者だ?」っていうことに対して、された側は「芸術家です」と。

「芸術家であるということは、私が売ってるこのデータは、エ□ではなく、芸術です」っていう。「わいせつではなく、芸術です」っていう主張のために、捕まった彼女は、「芸術家です」って言うわけ。

それに対して、警察発表はその主張をそのまま通さないんですよ。「自称」って付けることで、「これは元々、エ□目的で売ろうとしているものを、芸術だと言い張ってる事件です」ってものに変えるっていう。

でも本当は、今、起こってる現象、何も圧の掛かっていない現象でいうと、この人は芸術家だと言っていて、芸術だと思ってやっていて、それでいて捕まえた側は、芸術家と言っていいかどうかは難しいところだと思っている、っていう状態なんだけどね。

でも、やっぱりあそこに「自称芸術家、逮捕される。プリンターで局部のデータを販売して逮捕される」ってなっちゃうと、コイツは元々、そういった目的で販売してるのに、芸術家だと良い張れば通ると思ってるよ、ってことになっちゃうんですよね。

これね、面白さっていうと語弊があるんだけど、言葉の力の不思議、みたいなのを感じるんですよ。そうすると、それを使う人が絶対に持ってなければいけないのは、芸術家と自称芸術家にちゃんと基準を持ってる人しか言ってはいけないと思うんですよ。

「自称霊能者」って使うじゃん。その言葉を使う人は、霊能者について分かってんだろうな、っていうことじゃん。「これは本物、これは自称」ってことになるじゃん。

…その捕まった人は芸術家として。誰が"自称"って決めるかはわからないけどね。売れてない人は"自称"芸術家っていうんだったら、みんな"自称"だよね。だって、生前、全く売れなかったけど没後に認められた人は、生前の職業は自称アーティストってこと?ゴッホとかって、自称アーティストをやってて、亡くなってからアーティストになるのかってこと、よく分からないじゃん。

【関連記事】
伊集院光、野々村竜太郎議員の号泣会見が怖いと感じる理由「どうかしている人が議員になっている」

伊集院光、佐村河内氏の会見で襲いかかる記者に見る「マスコミが怪物になる感じ」

伊集院光が語る、『行列』で東野幸治のMC能力が高すぎて「24時間テレビ・ランナーとして登場しづらかったTOKIO城島茂」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,3Dプリンター,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事