TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、「汚名挽回」は誤用であるという指摘に「じゃあ、『疲労回復』は?」

伊集院光、「汚名挽回」は誤用であるという指摘に「じゃあ、『疲労回復』は?」

2014.07.01 (Tue)
2014年06月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「名誉挽回」「汚名返上」という言葉のよくある誤用で、「汚名挽回」がある、ということについて語っていた。

のはなしし
のはなしし

「汚名を挽回するなんて、ありえず、汚名は返上するものだ」という指摘があるが、その一方で伊集院は、「じゃあさ、『疲労回復』って何?本来なら、『健康回復』なはずじゃん。だけど、疲労からの回復をするために、『疲労回復』って言葉をするならば、『汚名回復』って流れも、あって良いはずだって思って」と語っていた。

このようなことを考えてしまってからは、「心のどこかでいつも、鬼の首をとったように、『汚名回復は間違い』って話で『汚名を回復してどうすんの?』って言われたときに、『いやいや、疲労回復って言葉があるじゃん』って言い返したら、コイツはどんな顔するのかな?って思っちゃうんだよね」と思っているのだという。

この妙に説得力のある反証に、思わず頷いて混乱してしまう人も多いのではないだろうか。

リスナーメール:最近、「名誉挽回」が正しいのか、「汚名挽回」が正しいのか、分からなくなってる自分がいます。

元々は、「名誉挽回」と「汚名返上」を使い分けていたのですが、「汚名挽回」は間違いで、「名誉返上」は間違いで…と繰り返し色々聞いたせいで、ごちゃごちゃになってきてしまいました。

伊集院光:最近、俺も凄い迷い始めてるの。なぜかって言うと、「名誉挽回」「名誉回復」が正しいとされてるじゃん。「汚名回復」「汚名挽回」は間違いって言うじゃん。「汚名なんて汚いものを、回復してどうするんだよ」って。

じゃあさ、「疲労回復」って何?本来なら、「健康回復」なはずじゃん。だけど、疲労からの回復をするために、「疲労回復」って言葉をするならば、「汚名回復」って流れも、あって良いはずだって思ってから…

「待て待て、そんな屁理屈いいから。言葉なんて、決まりの問題だからさぁ」って(笑)いつも、これを一旦、消すんだけど。

でも、心のどこかでいつも、鬼の首をとったように、「汚名回復は間違い」って話で「汚名を回復してどうすんの?」って言われたときに、「いやいや、疲労回復って言葉があるじゃん」って言い返したら、コイツはどんな顔するのかな?って思っちゃうんだよね。

自分が、みんなから失望されてるのを、失望されてない自分に戻そう、っていう状況ですって事柄に話が及ぶと、ザワザワしちゃうんだよね。

でもさ、もっと頭のいい人は「伊集院、それは違ってさ…」って言ってくれるんだろうけど、ちょっと変な説得力がある分、困るでしょ?みんな困れ(笑)

【関連記事】
伊集院光、サッカーW杯で「ビギナー=にわか」という誤用が多いと指摘「ビギナーは歓迎、にわかは敵」

千原ジュニア、言葉の移り変わりについて「正しい用法が誤用に飲み込まれる」

千原ジュニア、YOUに番組収録中にマジ説教される「感情を声や表情でちゃんと伝えて」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事