TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ アンタッチャブル山崎、三遊亭楽太郎、伊集院光の微妙な関係

アンタッチャブル山崎、三遊亭楽太郎、伊集院光の微妙な関係

2009.04.14 (Tue)
お笑いTYPHOON ! DVD アンタッチャブル ~できませんはいいません~2009年04月13日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、「Qさま!!」に出演した際のトークが行われていた。伊集院が出演した回に、三遊亭楽太郎がゲスト出演していたのだという。

三遊亭楽太郎は、伊集院光が落語家になるために弟子入りしており、伊集院が落語家を辞めた現在も師弟関係がある。「日曜日に、笑点のオープニングテーマが鳴ると、無意識の内に正座している」といった具合で師匠である楽太郎に特別な感情を抱いているそうだ。

そんな伊集院は、楽太郎と共演しているというだけで緊張しっぱなしで、本番前に前室で一緒になったときも、楽太郎が座っている横に立っていたという。恐縮して一緒に座ることができなかったようだ。「師匠が『喉が渇いた』といえば、未だにすぐに走って買ってくるだろう。そういう関係がすり込まれている」と伊集院は話していた。

その一方で、アンタッチャブルの山崎は、そんなことお構いなし。いつもの軽いノリで三遊亭楽太郎に話しかけていた。その時の様子を、伊集院は以下のように語っていた。

「楽太郎師匠が『歳はとりたくないね。分かっていてもすぐに答えられない』といったことを話すと、山崎は『本当っすか?師匠。でも、師匠って、あんまりバラエティ慣れしてないじゃないですか。慣れれば、ポーンっと答えられるようになりますって!』みたいに軽いノリで話すんだよ。こっちは、それを聞いてて、ヒヤヒヤしてるんだよ」と、伊集院は二人の会話に気を揉んでいる様子だった。

ところが、実際は「でも師匠は、その山崎の軽いノリがイヤじゃないみたいなんだよ。多分、落語界の中じゃ、そんな口をきく奴はいない。だから逆に山崎のことを気に入っているみたいだった」と、楽太郎は山崎のことを気に入った様子であると話していた。

その一方で、「かといって、俺が『そうっすよ!師匠』何てことを言い出したら、師匠に『偉くなったもんだな』と言われてしまうと思う」と話していた。落語家を辞めてしまった今でも、師匠の存在は大きく、恐縮している様子を語っていた。

【関連記事】
伊集院光 楽太郎師匠と番組出演

伊集院光 「『Qさま!!』に見る、川島なお美のズルさ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事