TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、サッカーW杯の失言で批判が集中するワケを語る「日本が上手くいかない鬱憤を晴らしたい」

伊集院光、サッカーW杯の失言で批判が集中するワケを語る「日本が上手くいかない鬱憤を晴らしたい」

2014.06.24 (Tue)
2014年06月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、FIFAサッカーワールドカップ2014の日本戦などに関する失言があった場合、批判・非難が集中する理由について語っていた。

のはなしし
のはなしし

現在、日本は1敗1分けの状態であり、可能性は0ではないが窮地に陥っている状態である。そんな最中、タレントなどの著名人が、サッカーワールドカップに関連する失言などで問題を起こせば、袋叩きのような状態になる、と伊集院は語っていた。

その理由として、「日本が上手くいかないことを何かにぶつけたい」ということがあるのではないか、と指摘していた。むしろ、分別のある人ほど「『ここは怒って良いんだ』っていうところに、ブワーってくるじゃん」とし、フラストレーションの捌け口に使われてしまう可能性があり、失言などに注意しなければならない、と語っていた。

現在、新聞などの紙面には、「日本、まだ頑張れる」と書かれている一方で、他国で日本よりも可能性を残した国が「絶望的」と書かれるというバランスのおかしさがあるような状況である。日本を応援するムードで、異論を挟めないような状況に気を揉み、伊集院は日本と全く関係ないトーナメントの試合を観ることでサッカーワールドカップを楽しんでいるようである。

伊集院光:ドキドキしちゃうんだよね。もうこのままずっと今日だったら良いのにって。結果でなきゃ良いのにって思ったりするんだよね。

それこそ、こういう仕事をしていると、明石家さんまさんが選手の名前を間違えただけでも「にわか」って言われる(参照:伊集院光、明石家さんまがサッカー選手名を間違えたというネットニュース記事に「もう末恐ろしいな」)んだぜ(笑)そう考えたら、もう何を言ったって怒られるし、日本が上手くいかないことを何かにぶつけたいっていう、みんな。

元々、分別のある人ほど…猫を蹴ってはいけないってことを分かってるじゃないですか(笑)そういうことが分かってる分だけ、「ここは怒って良いんだ」っていうところに、ブワーってくるじゃん。それが怖いから、むしろ日本代表の試合は、しばらく二年くらい後に急にやってくれて良いなって思って。

(日本に)関係ないブロックの関係ない試合が凄い面白いね。ドイツ vs ガーナとか。日本に少しでも絡んでる試合だったり、したら違うだろうけど。たとえば、今度のギリシャ vs コートジボワールの試合って、関係あるじゃん。関係あってしまうから、ブロックも全然違う試合で、「こんな応酬があるのか」って。

ウチの一コマ一コマしか見れないフルセグだったら、「あれ?ガーナがずっとボール持ってる?」って思っちゃうくらい(笑)ガーナがゴール前に攻めたって思ったら、ドイツがゴール前に攻めてる、みたいな。

凄いのが、最後の最後に激突して、ドイツの選手が顔面血だらけになってドヨドヨってしたまま、「これ、試合終わってる?終わってない?終わってる?」って言って終わったの(笑)こんなのなんだ…って。その試合を観て、凄いことになってんなって。

俺の考え方自体が、最悪の自体を考えて、「最悪ってほどじゃなかったな」って思うことで生きていこうって思ってるから、凄い華々しい夢をみないで良いですっていう(笑)落差に耐えられなくなるくらいだったら…とにかく最悪のことを考えてて、「思ったほどひどい負けじゃない」ってことで、なんとかホッとして生きていこうと思ってる中で、ワールドカップは逆に行くじゃん。

「勝つに決まってる」ってことを言って始まるじゃん。そういうときに、俺みたいな人間は「大丈夫?大丈夫?」って思ったら、「あぁ…」ってなっちゃうヤツだから。そうなると、一枚の紙面でも、「日本まだ頑張れる」っていうことに対して、「○○、絶望的」ってなるじゃん。そうなると、バランスが全然とれてないんだよね。

「日本まだまだ頑張れる」っていう星取表を見て、「番狂わせ、○○絶望的」って書いてあるヤツを見ると、「ここのチームの残ってるカードって、格下相手のヤツだから、どういうことなの?」って、自分にとって都合の悪い情報を探しちゃうクセがあるから。

その感じで、お腹痛くなってきちゃったなって。もっとどうでも良いワールドカップないかな、羽根つきみたいな、って(笑)

【関連記事】
伊集院光、サッカーW杯日本戦の勝敗結果を知らせる人に怒り

伊集院光、明石家さんまがサッカー選手名を間違えたというネットニュース記事に「もう末恐ろしいな」

伊集院光、サッカーW杯で「ビギナー=にわか」という誤用が多いと指摘「ビギナーは歓迎、にわかは敵」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,サッカー,ワールドカップ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事