TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、落語家時代の兄弟子・石田章洋とほぼ同時に出版「三遊亭円楽一門の2人の本が書店で並んでいる偶然」

伊集院光、落語家時代の兄弟子・石田章洋とほぼ同時に出版「三遊亭円楽一門の2人の本が書店で並んでいる偶然」

2014.06.17 (Tue)
2014年06月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人の伊集院光が、落語家時代に兄弟子であった三遊亭花楽京(現在、放送作家の石田章洋)とほぼ同時期に書籍を出版した、と語っていた。

企画は、ひと言。 石田章洋
企画は、ひと言。

伊集院光は、エッセイ集『のはなしし』、石田は『企画は、ひと言。』を出版した。書店では、ともに新刊コーナーで並んでいることもあり、「三遊亭楽太郎(円楽)一門の2人が、現在、本を出してその本が並んでいる」という状況に、「スゲェな」と伊集院は語っていた。

石田は師匠・三遊亭円楽とともに発売記念イベントなどを行っている。だが、伊集院はエッセイの中で師匠のことも書いてしまい、なかなか挨拶に行くことが出来なかったそうだ。その結果、日本テレビ系の『笑点』で、三遊亭円楽が司会を行った際に、石田の本だけ紹介してもらえていたことに「楽ちゃん、俺のは?」とギャグっぽく言いながらも、「(挨拶に行くかどうかの)その差なんです」と語っていた。

伊集院光:偶然、スゲェなって思うことがあって。ほぼ同時期に出た本があって。これも…話せば長くなるんだけど。

僕が最初、17歳で落語の世界に入った時に、今の円楽、三遊亭楽太郎の弟子として入ったときに、楽太郎一門には兄弟子がいて。この人は、三遊亭花楽京さんって人なんですね。僕より5~7個上だと思うんですけど、この人のお陰で今の僕がある、というか。

この人が、後に廃業するんです。廃業して、俺からしてみれば凄いセンスのある人だったけど、「限界」って言って廃業するんです。それで、廃業した後に、放送作家になったんです。放送作家で、初めてついたラジオ番組に、僕は呼ばれて。

そこに、落語家の名前ではない師匠に内緒で偽名で出るって時につけた名前が「伊集院光」で。そこから僕は、この世界にいるから、本当に足を向けて寝られないですよ。ただ、肛門は向けたいんです。だから、上手に足の関節を外すことで、肛門は顔面につけながら、足を向けないっていう技を開発するしかないですよね(笑)そのためにホットヨガに通ってはいるんですけどね(笑)

その人が、それこそ放送作家になって何年ですかね…色んな番組に出てるんですけど。その人が、本を出したんですよ。『企画は、ひと言。』っていう、いわゆるビジネス書を出したんですよ。それで、何も知らない人が新刊コーナーでその石田章洋さんが『企画は、ひと言。』っていうビジネス書を出してて。これと(伊集院光 著『のはなしし』が)真横に並んでるの。

これ、実は三遊亭円楽(楽太郎)一門の本が、2冊並んでるんですよ。またムカつくことに、野郎の方が売れてやがるんですよ(笑)負けたくない(笑)

それが並んでる状況なわけ。それでいて、俺からすれば「スゲェな」って。またこの先も本を出して、「よかったら帯書いて」なんて言われてて。久しぶりに交流をしたりしたんだけど。

そしたら、『笑点』を観てたらさ、師匠が「ウチの元弟子が、本を出しまして」って。最初の挨拶で。やるな、とアイツも(笑)俺の本だろうと思ったら、兄弟子の本なんですよ(笑)「放送作家になった弟子が、本を出しまして…」って(笑)楽ちゃん、俺のは?

行ってないから?やっぱり。俺、行ってないもんね。そこなんだよねぇ、そこなんです。その差なんです(笑)『ヒルナンデス!』的な言い方をしましたけど、「♪その差なんです~!」だよね(笑)そこなんです(笑)

【関連記事】
伊集院光「落語家時代に学んだプレゼントの贈り方」

伊集院光が語る「仕事で失敗したときの立て直し方」

伊集院光が語る 「三遊亭円楽師匠の訃報」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,石田章洋,三遊亭円楽,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事