TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、映画監督・木村大作に学んだ効果的な告知の仕方「大きなイベントに絡める」

伊集院光、映画監督・木村大作に学んだ効果的な告知の仕方「大きなイベントに絡める」

2014.06.10 (Tue)
2014年06月09日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、映画監督・木村大作の行っていたという効果的な告知の仕方について語っていた。

まず、木村監督は、自身の監督作品である映画『春を背負って』の公開が6月14日なのにも関わらず、2月初旬に伊集院の番組出演を希望したという。その違和感のようなものがまず記憶に残っており、さらに木村監督がしきりに発していた「6月14日に『春を背負って』が公開で、15日の昼間がコートジボワール戦だ」という言葉が強く残っていた、と語っていた。

「6月14日に公開」と単なる数字の公開日を告知するよりも、「コートジボワール戦の前日だから、映画を観た後にサッカー観戦しましょう」と、多くの人が知っており、なおかつ記憶にとどめるようなイベントの日に絡めて告知をする方が、効果的に人々の記憶に残りやすいようだ。

のはなしし 伊集院光
のはなしし

伊集院光:金曜日の昼間にTBSラジオでやらせてもらっている『週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう』ってオススメDVDをゲストに聞く番組があるんですけど。

それに2月かな…1月の終わりくらいに、映画監督の木村大作さんが来て。たしか、2月の始めくらいなんだけど、『用心棒』のカメラアシスタントもやってたから、そういう話を聞きながら、黒澤明監督の『用心棒』を紹介してもらったんだけどね。

その時に、俺からしてみたら「木村大作監督の話は聞きたいけど、4月とかで良いじゃん」って思ったんだけど、「早く出してくれ」って、2月の頭くらいに押しかけてきて。本人が監督をやってる映画『春を背負って』っていう映画の告知を、とにかくしたいんだっていうのね。

でも、1月終わりの段階で、公開が6月だから「早いって」と(笑)絶対に忘れちゃうから、直前の方が良い、と。木村大作監督には、何度かお世話になってて、僕も大好きな人だから、「直前で告知をした方が、効果的だと思いますよ」って言うんだけど、「とにかく早いにこしたことはないんだから」って。それで来たのね。

でも、凄いなって思ったのが、その時再三再四言ってたのが、「『春を背負って』の公開が、ワールドカップの日本vsコートジボワールと当たってるから、『春を背負って』を観た後で、コートジボワール戦を観る、という流れだ」と。

14日に『春を背負って』が公開で、15日の昼間がコートジボワール戦だ」っていうのを言われたのだけを覚えてて。そしたら、呪いみたいにコートジボワール戦が近づくごとに、「木村大作さんの映画、始まるわ」みたいな。意外にあのオッサン、やるなぁって思って。

だから、そうだよね。告知を絡めちゃうと良いよね。コートジボワール戦が終わったら、僕は『爆笑問題の日曜サンデー』に出させてもらいますんで、その流れで覚えてください。

【関連記事】
伊集院光が語る、webサービス『note』の存在意義「作品を売る敷居を下げた」

伊集院光「ゲームにおけるDLCややりこみ要素は不要」

伊集院光、『笑点』で林家木久扇による司会続行を熱望「カオスっぷりが凄い」

伊集院光、映画『クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとーちゃん』を絶賛「子供も大人も楽しめる映画」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,木村大作,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事