TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・田中「小倉智昭は恥知らず」

爆笑問題・田中「小倉智昭は恥知らず」

2009.03.11 (Wed)
小倉智昭セレクション 元気が出るクラシック2009年03月11日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、爆笑問題・田中が、「とくダネ!」でもお馴染みの小倉智昭を痛烈に批判していた。話の発端は、WBCについてのトーク。日本が韓国に惜敗したことについて小倉智昭が「とくダネ!」でその敗因を語っていたそうだ。

具体的には、対韓国戦のアジア決勝において、小倉は、「あそこで何故、イチローを走らせなかったのか」と、原監督の指示が盗塁について無かったことを批判していたようだ。

このことに関して、田中は「お前(小倉)なんかより、原監督の方が詳しいよ。原監督はもちろん、盗塁も考えただろう。その上で、盗塁を指示しなかったんだよ」とプロ野球選手でもないアナウンサーが、上から野球を語ることに反発していた。

これだけに留まらず、田中は以下のように小倉智昭を批判していた。

「お前(小倉)が言っているのは、結果論。もちろん、成功してセーフになるかもしれない。でも、もしあそこで盗塁を失敗して、アウトになったらそれこそ問題ではないのか。こうした結果論をやっても…(埒が明かない)」と田中は、戦ってもいない人間が結果論で意見することに批判していた。

さらに、「毎回走っていたら、それは作戦にならない。走るときと走らない時があるから、意味があるんだ」と、小倉の意見をさらに批判していた。

また、「小倉さんがスポーツに詳しいのは分かる。でも、お前がWBCの監督をやって、あの場面で走らせることができるか?どんな指示でも勇気や決断力が必要だけど、あの場面で走らせることは難しいのではないか」と軽々しく原監督の采配に意見することに怒りを感じている様子を見せていた。

最終的には、「(WBCに関して)個人的に意見を言うのは、構わない。だけど、番組の冒頭で小倉さんが、そうしたことを言うのは恥知らず。原監督にも失礼だし、イチロー選手にも、中村選手にも失礼だ」と、メディアに載せて意見することに猛烈な反発心をみせていた。

田中は、「俺も『あそこでバントしてればなぁ』と家では言ったけど、公では言わない。それは、WBCで頑張っている選手に失礼だから。それを公然と批判する小倉さんは、調子に乗っていると思う」と、最後まで小倉の批判を続けていた。

【関連記事】
爆笑問題・太田が語る-「ピンポン!」小森谷徹

本当は腹黒い?石塚英彦


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

本日の注目記事