TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光 「どうしてもムカつくCM」

伊集院光 「どうしてもムカつくCM」

2009.03.07 (Sat)
BIG―スポーツ振興くじtoto 官民共同経営事業再構築の1300日2009年03月02日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、どうしてもムカつくというCMについて話されていた。「ねじくれ曲がった心で、穿った見方をしてだけど。僕がムカつくということは、大評判ですよ」と前置きをした上で、そのCMについて話していた。

Big totoのCMで、浅野忠信さんを始めとした神様役の人たちが、『去年は6億円を次々に出しちゃいましたが、次はどうします?』と言いながら、『次はコイツ!』といってダーツで当選者を決めているじゃないですか」と、そのCMについて伊集院は説明していた。

Big toto側の人間が、あたかも神目線で当選者を決定しているといったことに、イラっときていたのかと思いきや、伊集院の沸点はそこにはなかったようだ。

「もちろんね、『あれは神様だから』という説明であるというのは分かる。6億円もの当選者を決定しているのは、Big totoの人たちでしょうよ。でも…」と、そのイラっときた理由について以下のように語っていた。

「お客さんである購入者たちを指して、『コイツ』って言うんだっていうことにムカツク」と伊集院は語っていた。問題のCMは、「登場」編のものだった。ルーレットで当選者を決定している神A(浅野忠信)が、『コイツ』と実際に言っている。

「お客さんを『コイツ』呼ばわりしているのは、どうかと…」といった指摘をしていた伊集院。ちなみに、以前にも、ミラカスタムのCMで「マザコンの息子がイラっとする。ありえない」、アップルコンピュータ MacのCM(らーめんず)で、「コンピュータウイルス大丈夫といっても、シェア的にMacは低いからウイルス開発者も狙わないだけじゃないか」といった指摘をしている。


【関連記事】
伊集院光 「CMの難しさを再認識」

伊集院光 「2000年問題とサザンオールスターズが苦手」な理由


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事